本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



松山英樹は116位にダウン 先週初VのA・スベンソンが86ランクアップ【フェデックスカップランキング】
ジョージア州で行われた米国男子ツアー「ザ・RSMクラシック」を終え、最新の『フェデックスカップランキング』が更新された。この大会でツアー初優勝を挙げたアダム・スベンソン(カナダ)は500ポイント(pt)を獲得。今季通算を582.532ptとし、大会前の92位から6位と、86ランクのアップに成功した。...
別窓で開く

国内女子は11年ぶりVで涙、シード争いでも涙 米女子&欧州では年間王者が決定【先週の主要ツアー振り返り】
国内はシード争い最終章で盛り上がり、海外はシーズン最終戦の年間王者争いで白熱した先週末。その様子をまとめて紹介する。■国内女子「大王製紙エリエールレディス」(17〜20日、愛媛県・エリエールGC松山、賞金総額1億円)首位との1打差を追ってスタートした藤田さいきが、4バーディ・ボギーなしの「67」をマ...
別窓で開く

今季4勝目の比嘉一貴が69位にアップ 松山英樹は19位、“米欧ダブル王者”R・マキロイが1位キープ【男子世界ランキング】
20日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表された。1位はローリー・マキロイ(北アイルランド)で変わらず。先週には、2021-22年シーズンの米国男子ツアーに続き、欧州ツアーの年間王者にも輝いた33歳が盤石な態勢を築いている。2位のスコッティ・シェフラー(米国)、3位のキャメロン・スミス(オーストラリア...
別窓で開く

たとえ「無名」でも、素敵なドラマ【舩越園子コラム】
米ジョージア州のシー・アイランドGCで開催された「ザ・RSMクラシック」は、PGAツアーの2022年を締め括る大会となったが、戦いの舞台に世界ランキング上位20位以内の選手は皆無だった。選手の知名度や勝利数、そして世界ランキングから見れば、「淋しいフィールド」だったと言わざるを得ない。...
別窓で開く

初日108位と出遅れたアダム・スベンソンが大まくりで米ツアー初優勝!
<ザ・RSMクラシック 最終日◇20日◇シーアイランド・リゾートGC (ジョージア州)◇シーサイドC 7412ヤード・パー70、プランテーションC 7060ヤード・パー72>年内最後の米国男子ツアー「ザ・RSMクラシック」は全日程が終了した。予選ラウンドはシーサイドコースとプランテーションコースの2...
別窓で開く

P・ロジャースとB・マーティンが首位タイで最終日へ 2打差以内に12人がひしめく大混戦
<ザ・RSMクラシック 3日目◇19日◇シーアイランド・リゾートGC (ジョージア州)◇シーサイドC 7412ヤード・パー70、プランテーションC 7060ヤード・パー72>年内最後の米国男子ツアー「ザ・RSMクラシック」の第3ラウンドが終了。予選ラウンドはシーサイドコースとプランテーションコースの...
別窓で開く


<前へ1次へ>