本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



かつての“黒歴史”を完全に克服したドジャース。大谷が「キーマン条項」を発動する可能性は限りなく低い<SLUGGER>
大谷翔平のドジャースとの超大型契約のユニークなところは、10年7億ドル(1015億円)の97%が後払いになる部分だろう。【関連記事】由伸の巨額契約金は大谷の後払いのおかげ?両選手の規格外契約に見え隠れするドジャースの“深謀遠慮”<SLUGGER> 今後10年間、大谷に支払われ...
別窓で開く

チェロキー族の血を引く“飲んだくれスラッガー”大谷の月間16本塁打で脚光を浴びる1930年代の強打者ボブ・ジョンソン<SLUGGER>
6月の大谷翔平(エンジェルス)は本当に凄かった。OPS(出塁率+長打率)は1.444。昨年のア・リーグ平均(.698)2倍以上も上回っているのだから、驚異的と言うしかない。本塁打は15本。ベーブ・ルース(1930年)、ボブ・ジョンソン(34年)、ロジャー・マリス(61年)に次いで、6月に15本を打っ...
別窓で開く


<前へ1次へ>