本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アグネス・チャン、玄関ドアの色を塗り替えた長男の自宅を公開「すごくステキ」
歌手のアグネス・チャンが4日に自身のアメブロを更新。玄関ドアの色を塗り替えた長男・和平氏の自宅を公開した。この日、アグネスは「長男は玄関のドアを新しい色にしました」と和平氏の自宅について報告。「今日は職人さんが来て、塗り直したのです」と明かし、塗り替えた玄関ドアをバックにした自身の写真を公開した。続...
別窓で開く

アグネス・チャン、毎年同じ日に食べているもの「15年前、乳がん手術を受けた日です」
歌手のアグネス・チャンが2日に自身のアメブロを更新。毎年同じ日に食べているものを堪能した日のエピソードをつづった。この日、アグネスは「10月1日」「15年前、乳がん手術を受けた日です」と振り返り「早期発見のお陰で、手術は成功しまして、15年生存しました」とコメント。...
別窓で開く

芸能界の“ドン”渡辺晋に詰め寄った小柳ルミ子マネジャー(下)「お久しぶりね」を"デュエット"
(一緒に「サ・ベストテン」に出演したことも(C)日刊ゲンダイ) ヒットを飛ばす歌手の裏には、必ず優秀なスタッフがいる。昭和46年に『わたしの城下町』でデビューした小柳ルミ子は南沙織、天地真理とともに"新三人娘"と呼ばれ、その後も『瀬戸の花嫁』『星の砂』などの名曲を残した。...
別窓で開く

田中、女子5000で日本勢トップ=自己記録に迫る14分59秒95—陸上
 陸上のチャレンジカップ第1日は1日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われ、女子5000メートルは田中希実(豊田自動織機)が14分59秒95で日本勢トップの2位に入った。自己ベストに0秒02と迫った。日本記録保持者の広中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分20秒92で4位。アグネス・ムカリ(京...
別窓で開く

アグネス・チャン、とても居心地がいい長男の新居「のんびりしています」
歌手のアグネス・チャンが9月29日と30日に自身のアメブロを更新。とても居心地がいいという長男・和平氏の新居で過ごす様子をつづった。29日のブログで、アグネスは「長男の家でのんびり」というタイトルでブログを更新。「長男の新しい家でのんびりしています」と報告し、和平氏の新居の写真を公開した。...
別窓で開く

芸能界の“ドン”渡辺晋に詰め寄った小柳ルミ子マネジャー(上)"二度の奇跡"はこうして起きた
(小柳ルミ子は今年7月、古希を迎えた(C)日刊ゲンダイ) 人気は魔物だ。芸能界でスターの座に上り詰めるほど難しいことはない。それ以上に、一度売上を落とした歌手の復活は困難を極める。そんな奇跡を二度も成し遂げた人物がいる。近年は無類のサッカー好きとしても話題を呼んでいる小柳ルミ子(70)である。...
別窓で開く

20代で乳房の全摘出も…「ピンクリボン月間」に振り返る“乳がん経験”タレント
(画像)siam.pukkato / shutterstock意外と知られていないが、10月は乳がん検診や早期発見・治療などを世界的に推進する「ピンクリボン運動」の強化月間。各国で啓発イベントが行われ、初日にあたる10月1日は、「ピンクリボンデー」として特に盛んな運動が見られる。...
別窓で開く

【今週はこれを読め! SF編】環境破壊された未来、荒野のなかの母と娘
 荒廃した近未来。彷徨う主人公たちは、少しずつ通常の現実性を逸していく。ウィリアム・ゴールディング『蠅の王』やJ・G・バラード『旱魃世界』を思わせる閉ざされた雰囲気もあるが、主軸はあくまで母と娘のつながりであり、プロットのうえではサバイバルあるいは成長の物語として読める。...
別窓で開く

【名馬列伝】11度目の挑戦で悲願のGⅠを掴んだ世界的良血馬キングヘイローの長き苦闘と栄光
日本競馬史上において、最良、最高といっても過言ではない血統背景をもって生を受けた選りすぐりのサラブレッドがいた。1995年に北海道・新冠町で生まれたキングヘイローである。 母グッバイヘイローは、父にサンデーサイレンスを出したことでも知られるヘイロー(Halo)を持ち、ケンタッキーオークスをはじめ、米...
別窓で開く

11月、12月も北欧の人気サスペンスが勢揃い WOWOW「Viaplayセレクション」新作ドラマを紹介
WOWOWが北欧の人気配信サービス「Viaplay」とアジア初の独占的ブランドコンテンツ契約を結んだ「Viaplayセレクション」が上質なサスペンスやミステリーを放送し、好評を博している。この枠で11月、12月に日本初放送や配信となる注目の新作ドラマを紹介を以下に紹介したい。...
別窓で開く


[ アグネス ] の関連キーワード

viaplay wowow ルミ子 チャン

<前へ123456789次へ>