本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



パリSG戦で躍動した伊東純也。森保監督が視察した一戦で示した多彩な攻撃能力とは?【現地発】
「まずフランスに入り、伊東純也の試合を、パリ・サンジェルマン戦を見ようと思っています。ワールドカップ(W杯)の振り返りと今後の我々がやるべきことの整理をしたいと考えています」 1月28日に欧州視察に出発した日本代表の森保一監督は報道陣にこう語った通り、カタールW杯のあと、真っ先に赴いた試合が29日の...
別窓で開く

谷口彰悟がクロアチア戦で感じた課題「5枚で守るなら工夫が必要だった」「ドイツとスペインに勝った価値は変わらない」
谷口彰悟(アル・ラーヤン/カタール)インタビュー@中編◆前編はこちら>>「地獄のような経験」「これがワールドカップの重圧なんだ...」 カタールワールドカップの日本代表メンバーに選ばれた谷口彰悟は、グループステージ第3戦のスペイン戦に3バックの左センターバックとして先発出場を果たした。...
別窓で開く

お茶の間で一大ブームを巻き起こしたボブ・サップ。「ビースト」と称された男は間違いなく“時代の象徴”だった【K-1名戦士列伝】
GPでの優勝経験はない。だが、K-1の歴史を語るうえで欠かせない存在がいる。ボブ・サップだ。この男はK-1だけでなく格闘技の歴史に名前を刻んだと言ってもいいほどの異彩を放った。 アメリカンフットボールで活躍してNFLチーム入りを果たした経験もある身長200cmの巨漢は、プロレスラーを目指していたとこ...
別窓で開く

世界を驚かせた快進撃はハリルのおかげ? モロッコ代表監督が語った感謝「ハリルホジッチが素晴らしい仕事をした」
リオネル・メッシを擁するアルゼンチンがフランスを撃破し、36年ぶりの戴冠を果たして幕切れとなったカタール・ワールドカップ(W杯)。初の中東開催となった今大会において一大旋風を巻き起こしたのが、モロッコだった。 ベルギーとクロアチアという列強国と同居したグループリーグを首位で堂々と突破したモロッコは、...
別窓で開く

「オシムさんが数年後にはビッククラブでと…」恩師の予想的中!佐藤勇人が2005年に対峙した未来のスーパースターは?
 長年ジェフユナイテッド千葉で活躍し、2006年には双子の弟・寿人氏と日本代表同時出場を果たした佐藤勇人氏が12月18日、知られざるエピソードを披露した。 日本時間同日、カタール・ワールドカップの3位決定戦が行なわれ、世界的スターのルカ・モドリッチを擁するクロアチアと、アフリカ勢初の4強入りを果たし...
別窓で開く

負傷交代が続くなか…37歳モドリッチは力強くプレー。「タフ」「鉄人」「怪物」などファン驚嘆【3位決定戦】
 タフな37歳だ。 現地時間12月17日、カタール・ワールドカップの3位決定戦でクロアチアはモロッコと対戦。チームの絶対的存在のルカ・モドリッチは、この試合もスタメンでピッチに立った。  両チームともこれが大会7試合目。各選手とも間違いなく疲労があるなか、クロアチアのクラマリッチ、モロッコ...
別窓で開く

フランス代表主将、アルゼンチンとの決戦へ決意「まだ何も成し遂げていない」
フランス代表GKウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)が、FIFAワールドカップカタール2022決勝アルゼンチン代表戦の前日会見に臨んだ。17日、フランスメディア『RMC』がコメントを伝えた。 フランス代表のチーム内では現在、体調不良者が続出している。...
別窓で開く

「信じられない!重大なミスだ」クロアチアMFコバチッチ、CKもらえず→アルゼンチンのPK獲得に怒り心頭!「バカげている」【W杯】
 現地時間12月13日に開催されたカタール・ワールドカップの準決勝で、クロアチア代表はアルゼンチンと対戦。0-3の完敗を喫し、2大会連続の決勝進出を逃した。 クロアチア陣営が怒っているのが、34分にリオネル・メッシが決めたPKを献上したファウルの場面だ。...
別窓で開く

鎌田、堂安も認める「唯一無二」の存在…長友佑都36歳があえて髪を赤く染め、「ブラボー」と叫び続けた“本当の理由”
 日本代表は、カタールW杯でベスト16に終わった。 グループリーグでドイツ、スペインを撃破。その勢いでベスト16の対戦相手、クロアチアも撃破して「ベスト8へ」という期待が膨らんだが、W杯は甘くはなかった。 ドイツ戦、スペイン戦は自分たちの戦術に相手をハメて、勝利した。しかし、コスタリカ戦、クロアチア...
別窓で開く


[ アグレッシブ クロアチア ] の関連キーワード

アルゼンチン クロアチア フランス モロッコ スペイン
ビースト ドイツ オシム

<前へ12345次へ>