本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



子供らが日本発の義足体験=パラアスリートに共感—ブラジル
 【サンパウロ時事】ブラジルの最大都市サンパウロにある日本政府の文化発信拠点「ジャパン・ハウス」で28日、競技用義足開発の第一人者であるサイボーグ社(東京都江東区)の遠藤謙社長(44)によるワークショップと体験会が開かれ、健常者の子供らが義足を装着した歩行に挑戦した。...
別窓で開く

最大15年の懲役刑も! 性的暴行で逮捕・拘束のセレソン戦士D・アウベスの立場は危うく「厳罰は免れられない」
衝撃のニュースが世界を驚かせた。現地1月20日、ブラジル代表DFのダニエウ・アウベスが、スペイン・バルセロナの裁判所に出廷。保釈猶予なしの拘留を命じられたのである。【動画】警察に移送されるD・アウベス。現地で物議を醸したシーンをチェック 昨年12月にバルセロナで女性に対して性的暴行を加えたとし、今月...
別窓で開く

マディソン、レスターの下部組織に所属する選手への悪質タックルに声をあげる! 「決して受け入れられない」
レスターのイングランド代表MFジェームズ・マディソンが、FAユースカップで起こった悪質タックルに対し、声をあげた。24日、イギリスメディア『レスター・マーキュリー』が報じている。 事件が起こったのはイギリス時間21日の夜、FAユースカップでのウルヴァーハンプトンU−18チームと、レスターのU−18チ...
別窓で開く

ブラジル側が怒るほど森保Jにファウルを受けたネイマール。パリSG来日会見で「日本サッカーの印象は?」と問われると…【2022総集編】
 今年も残すところあと8日となった。本稿では、2022年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、パリ・サンジェルマンのプレシーズンツアーで来日したネイマールが日本サッカーの印象を語った記事を再掲する。...
別窓で開く

岡山、FWチアゴ・アウベスと来季の契約を更新!…今季はJ2で得点ランク2位の16ゴール
ファジアーノ岡山は21日、ブラジル人FWチアゴ・アウベスと2023シーズンの契約を更新したことを発表した。 1993年1月12日生まれで現在29歳のチアゴ・アウベスは母国の名門サントスの下部組織出身。2011年にトップチームに昇格しプロキャリアをスタートさせ、その後はブラジルや韓国、サウジアラビアの...
別窓で開く

「まさか日本が危険なプレーを連発するとは」元鹿島指揮官ザーゴは森保ジャパンのブラジル戦をどう見た?「最も印象に残った選手が…」【2022総集編】
 今年も残すところあと2週間を切った。本稿では、2022年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、セレソンOBの元鹿島指揮官が日本対ブラジルについて語った記事を再掲する。記事初掲載:2022年6月8日———◆——◆——— 日本代表は6月6日に国立競技...
別窓で開く

カメルーン、アディショナルタイムのゴールで劇的勝利もGS敗退。ブラジルは敗れるも首位で決勝Tへ!【W杯G組】
 現地時間12月2日に行なわれたカタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ(G組)第3戦で、前節は1−0でスイスに勝利し、グループステージ突破を決めたブラジル代表と、セルビアと3−3で引き分けたカメルーン代表が対戦した。 引き分け以上でグループ首位通過が決まるブラジル。...
別窓で開く

ブラジル代表、カメルーン戦のスタメン発表! ロドリゴ、G・ジェズスらが先発。引き分け以上で首位確定【W杯G組】
 現地時間12月2日に行なわれるカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ(G組)の第3節で、カメルーン代表と対戦するブラジル代表のスターティングメンバーが発表された。 ブラジルは、初戦のセルビア戦はリシャルリソンの2ゴールで快勝。第2戦のスイス戦では、エースのネイマールを怪我で欠くなか、カゼ...
別窓で開く

「痺れる〜!」ネイマールを筆頭にブラジル代表のオフィシャルフォトが到着! FIFAが公開した写真が大反響「世界一だ」
 カタール・ワールドカップが現地時間11月20日に開幕。翌日には、19日にドーハ入りしたブラジル代表のオフィシャルフォトが公開された。 出場する32か国中、最後に現地入りしたセレソン。代表ユニホームに袖を通したネイマールやダニ・アウベス、チアゴ・シウバらのポートレート写真が国際サッカー連盟(FIFA...
別窓で開く

カタールW杯ポルトガル代表選出に現地で批判が噴出。26選手中18人が同一の代理人だった
 カタールW杯に出場する代表の少なくとも5つか6つのチームで、選ばれた選手が本当に適当であるかが熱く議論されている。その論点はいくつかあるが、そのうちのひとつが「代理人の力」。つまり、代理人の力が代表決定に、何らかの影響を与えているのではないかということである。 多くの代表監督たちはこうした疑問を馬...
別窓で開く