本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【ハスラー・タフト・ekクロス】注目の軽クロスオーバーSUV3台を徹底解説!
− ハスラー・タフト・ekクロス、それぞれの車の特徴とは −乗用車の車体をベースに、本格的なオフロード車風のスタイリングを施したクロスオーバーSUVが世界的に人気です。日本でも軽自動車のクロスオーバーSUVが注目されており、2021年の軽自動車新車販売ランキングのベスト15に、クロスオーバーSUVの...
別窓で開く

電動化やカーボン・ニュートラルといった話題について、クルマにあまり詳しくない人と話す機会があった。その人からすると、「電動化=BEV(電気自動車)ばかりが走る未来」を自然に想像するらしい。たしかに、ボルボは2030年までにBEVだけのブランドになると発表しており、メルセデス・ベンツも2030年までに...
別窓で開く

「アウトランダー」が人気の三菱自動車、株主は年間で本当はいくら得したのか【配当・株価】(2022年4月)
株式投資をする上で、配当金を目当てに買う株を考える人もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、実際にお金が振り込まれると、リターンを実感しやすいです。しかし、株式投資には「株価の値上がり・値下がり」もリターンに大きく影響を与えます。今回は三菱自動車工業(7211)について、「1年前に100株買って...
別窓で開く

世界的にカーボンニュートラルへの対応が必須となり、欧州メーカーを中心にBEV(電気自動車)へのシフトが進む。そうした中、なぜマツダはラージ商品群で新規ディーゼルエンジンを導入するのか。また、ディーゼルを搭載した新型クロスオーバーSUV「CX-60」でどんな走り味を実現したのか。(ジャーナリスト 桃田...
別窓で開く

コールマンの広報さんに聞いたおすすめ5選
◆老舗ブランド・コールマンのアウトドアグッズ5選!テーブルウェアなど、ソロキャンプデビューにもおすすめ誰でもアウトドアデビューでは、楽しみと不安な気持ちが入り混ざるもの。そんなときは老舗ブランドのアイテムを持っていると心強い。...
別窓で開く

ソルテラの脇を固めた「警視庁EVパトカー軍団」に注目! 日本初のEV覆面も 東京マラソン
一般ランナーも参加しての開催は3年ぶりとなった東京マラソンで警視庁のEVパトカーが複数活動していました。なかには、赤色灯を載せていないと警察車両だとわからないものも。テレビ中継などで見るパトカーたちが変化しています。BMWの電動バイク以外にも 増えた警察のEV車両 東京マラソンが2022年3月6日(...
別窓で開く

これさえ買えば大丈夫!コールマンから焚き火もできるソロキャンプセットが登場!
ソロキャンプがブームになって久しいけれど、これまでキャンプなんてやったことない人がいきなりは結構ハードルが高いもの。誰か経験者と一緒に行けるなら、共有できるギアがあるかもしれないけれど、そうするとソロキャンじゃないし。ソログルキャンをやるにしたって、テントや寝袋、食器など自分用のは必要だし…。...
別窓で開く

サリー VS レザーフェイスが50年ぶりにガチンコ対決!? 『悪魔のいけにえ −レザーフェイス・リターンズ−』戦慄の予告編公開&シリーズ第1作の名ナレーション俳優が復帰!!
『悪魔のいけにえ −レザーフェイス・リターンズ−』(c)2021 Legendary, Courtesy of Netflix人気スラッシャー映画『悪魔のいけにえ』シリーズ最新作『悪魔のいけにえ −レザーフェイス・リターンズ−』が2022年2月18日(金)よりNetflixで独占配信開始する。...
別窓で開く

「三菱 アウトランダー」走りの良さを売りにする新世代プラグインハイブリッドSUV
通常のハイブリッド車よりも大容量のバッテリーを装備し、ある程度の距離をモーターで走行できるプラグインハイブリッド車。数あるプラグインハイブリッド車でも人気なのが「三菱 アウトランダー」です。アウトランダーは日本国内では2005年に発売された三菱自動車初のクロスオーバーSUV。...
別窓で開く

SUV、コンパクト、セダン、スポーツカー、軽自動車に新型続々登場! 2022年注目のクルマ「BEST7」
2022年のクルマ業界は男心を刺激する新車が続々とデビューする。自動車専門誌『月刊くるま選び』の元編集長で、カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎(わたなべ・よういちろう)氏が注目の7台を選び、徹底解説する!!* * *■エクストレイルの骨格は三菱と同じ渡辺 今年は注目の新車がめじろ押しです! という...
別窓で開く


[ アウトランダ ] の関連キーワード

三菱自動車 マツダ suv コール 警視庁

<前へ1234次へ>