本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



鬼才ティム・バートンが絶賛するNetflix シリーズの“ウェンズデー”女優
動画配信サービス「Netflix」で11月23日の“ウェンズデー”より独占配信される、鬼才ティム・バートン監督・製作総指揮、Netflix シリーズ『ウェンズデー』の特別映像が解禁となった。 同作は、コミックから派生し映画・アニメ・TV ドラマ・ミュージカル化もされてきた世界的人気作「アダムス・ファ...
別窓で開く

ティム・バートンが描く『アダムス・ファミリー』の長女“ウェンズデー”の物語 特別映像解禁
鬼才ティム・バートン監督が、『アダムス・ファミリー』の長女ウェンズデーを主人公に迎えて描く実写ドラマシリーズ『ウェンズデー』が、11月23日よりNetflixにて独占配信されることが決定。バートン監督やウェンズデー役のジェナ・オルテガらのインタビューを、本編映像やメイキングを交えながら収めた特別映像...
別窓で開く

バイオレットサザエ|キカイダーの良心回路とアイザック・アシモフのロボット工学三原則③
 ロボット工学三原則はアイザック・アシモフの短編SF小説『われはロボット(I Robot)』で示されたものです。ロボットはこの三原則の元に設計されなければならないということですから自律型のロボットについてはロボット自身の行動規範になるのだろうと思います。ロボット工学三原則・第一条  ロボットは人間に...
別窓で開く

音楽・ファッション・カルチャーが感性を刺激する『PARCO音楽映画祭』開催決定 配信でも観ることが出来ない貴重な作品も
11月3日(木・祝) より渋谷シネクイントにて『PARCO音楽映画祭』が開催されることが発表された。『PARCO音楽映画祭』は、パルコの視点でセレクトした音楽映画を特集上映する企画。時代の中で再評価される作品を掘り起こし、感性のある若い世代にも伝えたい音楽映画をテーマに、音楽以外のエンタテインメント...
別窓で開く

ワールドカップまで1年、勝負の秋シリーズがスタート! ジョセフHC「いいパフォーマンスで勝つことを最優先」
JAPAN XV(ジャパン・フィフティーン)として臨むが、日本代表そのものである。キャップ対象試合ではないが、テストマッチのつもりで戦う。オーストラリアAとの3連戦に求めるものは勝利である。9月29日、試合登録メンバーを発表したジェイミー・ジョセフHCはキッパリ言い切った。「この試合はテストマッチで...
別窓で開く

ゴールデンバットとゴールドウルフ|キカイダーの良心回路とアイザック・アシモフのロボット工学三原則②
 ロボット工学三原則はアイザック・アシモフの短編SF小説『われはロボット(I Robot)』で示されたものです。ロボットはこの三原則の元に設計されなければならないということですから自律型のロボットについてはロボット自身の行動規範になるのだろうと思います。第2回はキカイダーの漫画(原作)のゴールデンバ...
別窓で開く

今明かされる『ハリー・ポッター』スネイプ先生の撮影秘話<降板検討とシリーズに残った最大の理由> アラン・リックマン生前の日記が書籍化!
Instagram『ハリー・ポッター』シリーズでスネイプ先生を演じ、圧倒的な存在感を放った故アラン・リックマン。リックマンが生前つづっていた日記を書籍化した「Madly, Deeply: The Diaries of Alan Rickman」の一部が公開され、共演者のダニエル・ラドクリフに対する印...
別窓で開く

スペースコロニーで野球ってできるの? 落下地点がずれてキャッチャーフライがホームランに!? ボールは壁面へ激突…物理の知識を総動員して計算してみた
 スペースコロニーとは、1969年にアメリカの物理学者ジェラルド・オニールらによって提唱された宇宙空間に作られた人工の居住地……「機動戦士ガンダム」シリーズ好きの方には馴染み深いものではないでしょうか。もし、そのスペースコロニーで野球など空間を利用する運動を行うとどうなるでしょうか……? 今回紹介す...
別窓で開く

ダーク破壊部隊|キカイダーの良心回路とアイザック・アシモフのロボット工学三原則①
 ロボット工学三原則はアイザック・アシモフの短編SF小説『われはロボット(I Robot)』で示されたものです。ロボットはこの三原則の元に設計されなければならないということですから自律型のロボットについてはロボット自身の行動規範になるのだろうと思います。アイザック・アシモフロボット工学三原則・第一条...
別窓で開く

ついに安倍派の国会議員からも国葬に疑問の声 「果たして安倍さんの名誉になるのか?」
「国葬反対の声は日に日に増すばかりです。このまま9月27日に執り行っても、安倍さんの名誉になるかどうか」──この疑問、誰あろう「清和政策研究会」に所属する自民党の国会議員が漏らしたものだ。つまり、安倍派の中からも国葬を疑問視する声が出てきたことになる。 *** 国会議員の指摘は後述するとして、まずは...
別窓で開く