本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スバル 新型「インプレッサ」日本仕様を東京オートサロンで初公開 受注は2023年春から
エンジンは「e-ボクサー」を搭載。名称もちょっとだけ変更へ スバル(SUBARU)は2023年1月13日(金)、幕張メッセで開催されている東京オートサロン2023で新型「インプレッサ」の日本仕様プロトタイプを初公開しました。 インプレッサはスバルラインナップのスタンダードモデルです。...
別窓で開く

スバルの新“入門SUV”価格発表 最安グレードは大きく値上げ XV改め「クロストレック」
技術的には新機軸多数!エントリーモデルは40万円以上高く でも スバルは2022年12月1日、新型SUV「クロストレック」の価格を発表しました。 インプレッサのSUV派生モデルとして2010(平成22)に年発売された「XV」が、3度目のモデルチェンジで車名も変わります。北米の車名を日本仕様にも当ては...
別窓で開く

スバル新型「インプレッサ」世界初公開 基幹車種6年ぶり刷新 水平対向エンジンかつ安全!
サイドビューもいいですね〜!スバル新型インプレッサはスポーツ全振り! スバルは2022年11月17日(現地時間)、ロサンゼルスオートショーにて新型「インプレッサ」(米国仕様)を世界初公開しました。 スバルのエントリーモデルであり基幹車種のインプレッサが6年ぶりの刷新。エクステリアはグリルを大きく、よ...
別窓で開く

SUBARU XV ハイブリッドは燃費が良い!中古車の狙い目と注意点とは
2022年9月7日に経済産業省が公表した9月5日時点のレギュラーガソリンの小売価格は169.6円と依然高い水準を推移してきます。車の購入を検討している人にとってネックとなるのが“燃費”ではないでしょうか。人気のSUVが欲しいけれど燃費が気になるという方にお勧めしたいのがSUBARU XV ハイブリッ...
別窓で開く

新型SUV「クロストレック」発表 スバル「XV」から進化 フロントデザインも「X」に
「XV」から正常進化で誕生!北米市場での車名に統一 スバルは2022年9月15日(木)、新型SUV「クロストレック」を発表しました。 インプレッサのSUV派生モデルとして2010(平成22)に年発売された「XV」が、3度目のモデルチェンジで車名とともに生まれ変わります。「クロストレック」はもともと北...
別窓で開く

スバル「WRX」はココがスゴい!黒フェンダーが新鮮な新型は走りの洗練度がケタ外れ
スバルのスポーツセダン「WRX」がフルモデルチェンジ。新型はなんといっても、SUVを想起させる黒いオーバーフェンダーが目を見張る。しかしコレ、単なる見た目のインパクト狙いではなく、洗練された走りを具現するために欠かせない重要なパーツだったのだ。このように、新型には走行性能を高めるためのこだわりが満載...
別窓で開く

スバル「WRX」8年ぶりモデルチェンジ 日常使いとスポーツ両立 見た目も絶妙に変化
スバルのスポーツタイプセダンの正統進化形です。2022年米国で発売 スバルは2021年9月10日(金)、スポーツタイプのセダン「WRX」の8年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型を発表しました。 今回発表されたの2022年アメリカで発売予定の現地仕様車で、日本仕様についてはまだ未定です。...
別窓で開く

街乗りからアウトドア遊びまでカバー!スバル「XV」はハイブリッドの進化に驚き
「インプレッサ」の5ドアハッチバックである「インプレッサ スポーツ」をベースに、車高を上げてSUVテイストをプラスしたスバル「XV」が進化した。その内容は、見た目のリフレッシュにとどまらず、走りや機能をブラッシュアップする手の込んだもの。今回は、心臓部にも手が加えられたハイブリッド仕様の実力を試す。...
別窓で開く

「レヴォーグ」今年のクルマに 日本カー・オブ・ザ・イヤー決定 スバル4年ぶり
3年連続SUVの次は「ワゴン」でした! 一般社団法人日本カー・オブ・ザ・イヤーは2020年12月7日(月)、「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を発表しました。「今年のクルマ」こと日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは、10月に発売されたスバルの新型ステーションワゴン「レヴォーグ」でし...
別窓で開く

2020年のNo.1かも!公道試乗で見えたスバル「レヴォーグ」の驚きの実力
過去3回、プロトタイプにてテストコースやサーキットを走っての印象をお届けしたスバルの新型「レヴォーグ」。先頃ようやく、その真の実力を公道で試す機会を得た。シャーシ、エンジン、先進安全機能など、随所に新しい技術を盛り込んだスバル渾身の新作は、果たしてどんな出来栄えなのだろうか?■年間5万人にも満たない...
別窓で開く


<前へ1次へ>