本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



目指すは岩隈久志の成功パターン。アスレティックス入りした藤浪晋太郎の「単年契約ならではの強み」<SLUGGER>
前阪神の藤浪晋太郎投手(28)が、オークランド・アスレティックスと1年325万ドルで契約した(+譲渡金65万ドル)。 オリックスからレッドソックス入りした吉田正尚外野手(29)の5年9000万ドル(+譲渡金1537万5千ドル)や、ソフトバンクからメッツ入りした千賀滉大投手の5年7500万ドルという契...
別窓で開く

吉田正尚はあえて単年契約を選ぶべき? ポスティングでMLB移籍をする日本人選手に伝えたい「成功への道」<SLUGGER>
イチローのメジャーデビューからもう20年以上経つが、未だにメジャーリーグ(MLB)における「日本人野手の数=サンプル」は、ドミニカ共和国やベネズエラ、プエルトリコの野手に比べて圧倒的に少ない。 そういう状況で「日本人野手はMLBで通用しないのか?」などと考えるのはナンセンスで、そもそもその「『通用』...
別窓で開く

“下克上”でワールドシリーズに進出したフィリーズとエンジェルスの「決定的で絶望的な差」<SLUGGER>
「あらゆるリソースを駆使して得た情報を分析、及び理解して、選手の獲得や育成に活用しています」サム・ファルド(フィリーズGM) 今年のワールドシリーズは、アメリカン・リーグ最高勝率のアストロズ対ナショナル・リーグのワイルドカード3位のフィリーズの対決となった。第3戦を終えてフィリーズが2勝1敗。...
別窓で開く

22年ぶりのプレーオフへ向けひた走るマリナーズ。この秋は日本メディアの注目が大谷翔平から再びイチローにシフトする?<SLUGGER>
もしも、自分が今も日本に住んでいて、「メジャーリーガー」と聞いて最初に連想する選手は、大谷翔平(エンジェルス)だろうな、と思う。 その理由は、単に大谷選手がテレビや新聞などの主要メディアで報道される機会が多いからで、相対的にダルビッシュ有(パドレス)投手や鈴木誠也(カブス)外野手ら他の日本人メジャー...
別窓で開く

MLBにあって日本のプロ野球にはない「トレード期限」の娯楽性。大谷移籍の噂で日本でも“エンタメ化”が進む?<SLUGGER>
メジャーリーグの「トレード期限」は今年も「Entertainment=娯楽」として、球界をとても、とても盛り上げてくれた。 今年の主役はパドレスで、23歳の次世代スター、ホアン・ソト外野手や強打者のジョッシュ・ベル一塁手、さらに今季21本塁打のブランドン・ドゥルーリー内野手という3人の強打者を一気に...
別窓で開く

大谷よりむしろトラウトをトレードに出すべき? 過去のスーパースター放出例から考える「エンジェルスの今後」<SLUGGER>
大谷翔平選手の活躍を楽しみにしているファンの方々は、彼がエンゼルスからトレードされようがされまいが、大して気にはならないのではないか。野茂英雄のファンが、ドジャースからトレードされた後もずっとファンであり続けたように、イチローのファンが、マリナーズからトレードされた後もずっとファンであり続けたように...
別窓で開く

1年目から主力としてシビアに評価される日本人野手たち。「メジャー挑戦」ではなく「メジャー移籍」と呼ぶべきでは<SLUGGER>
イチローが2001年のルーキー・イヤーにア・リーグ新人王とMVPをW受賞して以来、メジャーリーグにやって来た日本人野手たちは、米国のメディアやファンから常に期待されてきた。...
別窓で開く


<前へ1次へ>