本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



吉田正尚はあえて単年契約を選ぶべき? ポスティングでMLB移籍をする日本人選手に伝えたい「成功への道」<SLUGGER>
イチローのメジャーデビューからもう20年以上経つが、未だにメジャーリーグ(MLB)における「日本人野手の数=サンプル」は、ドミニカ共和国やベネズエラ、プエルトリコの野手に比べて圧倒的に少ない。 そういう状況で「日本人野手はMLBで通用しないのか?」などと考えるのはナンセンスで、そもそもその「『通用』...
別窓で開く

WBC日本代表を運営側から支えるMLB機構の日本人広報が秋山翔吾から学んだこと<SLUGGER>
来春開催のWBCに向けて動き出した侍ジャパン。ブライス・ハーパー(フィリーズ)やマイク・トラウト(エンジェルス)ら大物メジャーリーガーが大挙出場する国際大会を、運営側から支える日本人がいる。 その存在に気づいたのは、10月11日、アトランタで行われたブレーブス対フィリーズの地区シリーズ第1戦の試合前...
別窓で開く

“下克上”でワールドシリーズに進出したフィリーズとエンジェルスの「決定的で絶望的な差」<SLUGGER>
「あらゆるリソースを駆使して得た情報を分析、及び理解して、選手の獲得や育成に活用しています」サム・ファルド(フィリーズGM) 今年のワールドシリーズは、アメリカン・リーグ最高勝率のアストロズ対ナショナル・リーグのワイルドカード3位のフィリーズの対決となった。第3戦を終えてフィリーズが2勝1敗。...
別窓で開く

大谷翔平が言った「ヒリヒリする戦い」の向こう側にある特別な時間——ファンが「熱狂」を作り出すMLBのプレーオフ<SLUGGER>
大谷翔平(エンジェルス)がかつて言った、「ヒリヒリする9月」。地区優勝やプレーオフ進出を懸けた息詰まる戦いは、もうすでに終わった。 今、我々が目にしているのは「ヒリヒリ」の向こう側にある特別な時間の連続であり、「ヒリヒリ」を遥かに超越した「瞬間」だろう。 10月14日のフィラデルフィア。フィリーズ対...
別窓で開く

『与作』の「ヘイヘイホー」に合わせてストレッチ?今季限りで引退した偉大な強打者プーホルスの意外な素顔<SLUGGER>
カーディナルスがフィリーズに2対1で敗れ、ワイルドカード・シリーズでの敗退が決まった10月8日、アルバート・プーホルスの現役生活も終わりを告げた。 バリー・ボンズ(762)、ハンク・アーロン(755)、ベーブ・ルース(714)に次ぐ歴代4位の通算703本塁打を記録した42歳は、シリーズ敗退後のインタ...
別窓で開く

「それでメシ食ってるんだから、練習なんて当たり前でしょ」寛容に淡々と自分の流儀を貫いた福留孝介のメジャー生活<SLUGGER>
福留孝介の打撃を初めて見たのは、彼がPL学園の主砲として甲子園に出場した時のことだ。テレビで見ただけで、『こんなに思いきり、バットを振り切る?』と驚いた。 初めて”生”で見たのは、第1回WBCの準決勝、韓国戦で代打2点本塁打を放った時だった。...
別窓で開く

彼らはまだ折れてはいない——「異国のプロ野球への適応」に取り組む鈴木誠也と筒香嘉智の「リアルな今」<SLUGGER>
マサチューセッツ州ウースターに建てられたポーラー・パークは、レッドソックス傘下3Aウースター・レッドソックスの本拠地として、2021年に開場した収容人員1万人足らずの小綺麗な球場だ。親チーム=レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークとは正反対に、レフトに比べてライトまでの距離が近いため、右翼側に濃...
別窓で開く

22年ぶりのプレーオフへ向けひた走るマリナーズ。この秋は日本メディアの注目が大谷翔平から再びイチローにシフトする?<SLUGGER>
もしも、自分が今も日本に住んでいて、「メジャーリーガー」と聞いて最初に連想する選手は、大谷翔平(エンジェルス)だろうな、と思う。 その理由は、単に大谷選手がテレビや新聞などの主要メディアで報道される機会が多いからで、相対的にダルビッシュ有(パドレス)投手や鈴木誠也(カブス)外野手ら他の日本人メジャー...
別窓で開く

グリフィー親子のキャッチボール、父を亡くした日に解説したスモルツ——「親子の絆」がテーマになった「フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム」<SLUGGER>
今年も、彼らはやってきた。 現地8月11日、アイオワ州ダイアーズビルで「フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム」が行われた。同地で撮影されたケビン・コスナー主演の名作映画にちなむ試合は、昨年に続いて2回目。今回はレッズ対カブスの対戦となった。...
別窓で開く

フィールド・オブ・ドリームス・ゲームで鈴木誠也が躍動!“トウモロコシ畑の真ん中で”初回に先制打、3打席連続出塁<SLUGGER>
名作映画の夢舞台で、サムライが躍動した。 現地8月12日、アイオワ州ダイアーズビルでレッズ対カブスの「フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム」が行われた。カブスの「4番・ライト」で出場した鈴木誠也は、5打席で3打数1安打2四球1打点。チームの4対2での勝利に貢献した。 同名の名作映画の撮影地で行われる...
別窓で開く


[ アイオワ slugger ] の関連キーワード

slugger ヘイヘイホ マリナーズ イチロ wbc

<前へ123次へ>