本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「W杯すごく期待が持てる」 長谷部誠が日本代表から感じた理由は
 ドイツ遠征中のサッカー男子日本代表の活動に臨時で参加した長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)が24日、チームを離れた。3日間、積極的にコミュニケーションを取り、自身の経験を惜しみなく伝えた元主将は「ワールドカップ(W杯)本番に向けてすごく期待の持てるチームだと思った」と語った。その理由とは。...
別窓で開く

エクアドル戦へ調整=サッカー日本代表
 【デュッセルドルフ(ドイツ)時事】11月に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会を控える日本代表は24日、国際親善試合のエクアドル戦(27日)に向けて、ドイツのデュッセルドルフで練習した。 2—0で快勝した23日の米国戦に先発した鎌田(アイントラハト・フランクフルト)らは、ランニング...
別窓で開く

「よくやった、メッシ」鎌田大地の活躍をフランクフルト同僚が続々と祝福! 元スイス代表MFも賛辞「カマジーニョ!」
 現地時間9月23日、日本代表はキリンチャレンジカップ2022でアメリカ代表と、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで対戦。2−0で勝利を収めた。 25分の先制点を挙げたのは、トップ下で先発した鎌田大地だ。ショートカウンターから守田英正からのラストパスを受けた背番号15は、ダイレクトで冷静にゴール右隅...
別窓で開く

布陣変更で確かな変化=鎌田、攻撃の中心に—サッカー日本代表
 一度は姿を消した4—5—1の布陣が、再び機能した。攻撃の中心にいたのはトップ下に入った鎌田。敵陣近くにパスが通れば、両サイドの伊東、久保と絡みながらゴールに迫る。前半25分、高い位置で奪ってからの速攻で先制点を挙げた。 縦横無尽に動き回り、相手に的を絞らせない。スペースに入り込んでボールを受け、効...
別窓で開く

日本、米国に2—0快勝=トップ下の鎌田が先制点—サッカー国際親善試合
 【デュッセルドルフ(ドイツ)時事】サッカーの国際親善試合は23日、ドイツのデュッセルドルフで行われ、日本代表(国際連盟ランキング24位)は米国(同14位)に2—0で勝った。11月開幕のワールドカップ(W杯)カタール大会に向け、同じ出場国を相手に好感触をつかんだ。...
別窓で開く

「母国を勝利に導いた」鎌田大地、アメリカ戦の躍動を独メディアが称賛! W杯対戦国としても注目「日本は絶好調だ」
 9月23日、日本代表はドイツのデュッセルドルフ・アレーナでアメリカ代表と対戦し、2−0で勝利した。 先制点を記録したのは、ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトに所属する鎌田大地だ。この日、4−2−3−1のトップ下で先発した背番号15は25分、守田英正のラストパスをエリア内で受けて、冷静に...
別窓で開く

「十分世界で通用する」城彰二が絶賛した森保ジャパン戦士は?エクアドル戦で指揮官に求めるのは…
 元日本代表FWの城彰二氏が9月24日、自身のYouTubeチャンネル『JOチャンネル』で最新コンテンツを公開。23日に行なわれた日本代表対アメリカ代表を振り返った。 試合は、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)と三笘薫(ブライトン)が得点して日本が2−0で勝利した。...
別窓で開く

鎌田、好調アピール=サッカー日本代表
 4—5—1の布陣に戻った日本のトップ下で先発した鎌田が先制点をもたらした。前半25分、高い位置で奪ってからのカウンター。最後は守田からのパスを右足で合わせ、ネットを揺らす。直後はオフサイドと判定されたものの、VARの介入で得点が認められた。活躍するドイツの地で躍動し「場所はどこでも日本代表でのゴー...
別窓で開く

日本、米国に快勝=鎌田、三笘がゴール—サッカー国際親善試合
 【デュッセルドルフ(ドイツ)時事】サッカーの国際親善試合は23日、ドイツのデュッセルドルフで行われ、国際連盟(FIFA)ランキング24位の日本代表が同14位の米国代表に2—0で快勝した。11月開幕のワールドカップ(W杯)カタール大会に向けてチームの成熟を図る場で好結果となった。...
別窓で開く

◆W杯メンバー登録前の最後の代表戦 11月21日に開幕するFIFAワールドカップ カタール2022。サッカー日本代表はドイツのデュッセルドルフで9月23日にUSA代表と、27日にエクアドル代表と親善試合を行う。本大会に出場できるメンバーを登録する期限が10月20日となっており、日本代表としてはその前...
別窓で開く


[ アイン フランクフルト ] の関連キーワード

フランクフルト エクアドル ジーニョ ジャパン アメリカ
長谷部 スイス