本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ケーキの上にパンダがうじゃうじゃ......。話題のパンダスイーツが大集合!
 白くてもふもふ、チャームポイントの黒いタレ目におっとりとした動作。動物園で公開される日には長蛇の列ができる人気者、パンダ。その人気は動物園だけには留まらず、最近ではカフェやケーキ屋さんにも出没し、みんなを癒している。 ショーケースに並んでいるパンダスイーツを眺めているだけで、ほっこり気分に。...
別窓で開く

「これはみにくい...」「本当にみにくい!」 お店の人が不安になるほど「みにくい」トートバッグに注目集まる
思わず我が目を疑ってしまう——「二度見必至」なトートバッグがツイッターで注目を集めている。写真に映っているのは白いトートバッグ......なのだが、描かれているイラストが何だかぼやけてよく見えない。「目が疲れてるのかな?」と、思わず目をこすってしまった人もいるかもしれない。でも大丈夫。その見え方で、...
別窓で開く

小倉優子、長男の10歳の誕生日を報告&息子たちとの3SHOT公開
画像出典:小倉優子オフィシャルInstagramより 6月6日、小倉優子がInstagramを更新した。...
別窓で開く

政府新方針で「マスク着用」習慣変わる? 井上咲楽「2年間で慣れすぎてて」
政府はマスク着用の新たな方針を発表した。屋外では2メートル以上の距離がとれるか、会話がほとんどない場合は着用不要。屋内でも2メートル以上の距離がとれ、なおかつ会話がない場合は着用不要とした。新方針を受け、人々の行動は変化したのか。23日(2022年5月)の「めざまし8」では街の様子を伝えた。...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する...
別窓で開く

上橋菜穂子が誘う、新たな異世界の物語。とてつもない想像力に圧倒される。
 「香りで万象を知る<香君(こうくん)>という女性がいた。」 『精霊の守り人』『獣の奏者』『鹿の王』などで知られ、2014年に国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橋菜穂子さん。本書『香君』上・下巻(文藝春秋)は、新たな世界を描いた物語としては『鹿の王』以来、7年ぶりとなる新作長編。 本作は、上・下巻...
別窓で開く

トップ4入り目指すアーセナルが敵地で完敗…アルテタ監督「9試合あれば色々なことが起こる」
プレミアリーグ第31節が4日に行われ、公式戦6戦負けなしと好調なクリスタル・パレスと来季のCL出場権獲得圏内となるトップ4入りを目指すアーセナルによる“ロンドン・ダービー”は、ホームのクリスタル・パレスが3−0で勝利。一方、敗れたアーセナルは勝ち点でトッテナムと並び、消化試合数は1試合少ないながらも...
別窓で開く

『鹿の王』から7年。上橋菜穂子が紡ぐ新たな物語『香君』、いよいよ発売!
 上橋菜穂子さんの新作長編『香君』(文藝春秋)が、3月24日に発売された。上橋さんが新たな世界を描いた物語としては、7年ぶりとなる。 『精霊の守り人』をはじめとする「守り人」シリーズ、『獣の奏者』、『鹿の王』などで知られる上橋菜穂子さん。『香君』は、長編としては3年ぶり、新たな世界を描いた物語として...
別窓で開く

絵本作家イ・スジさん、韓国初「アンデルセン賞・画家賞」受賞
韓国の絵本作家イ・スジさん(48)が、児童文学界のノーベル賞と呼ばれる国際アンデルセン賞(以下アンデルセン賞)・画家賞を受賞した。アンデルセン賞を韓国の作家が受賞したのは今回が初めてだ。国際児童図書評議会(IBBY)は21日(現地時間)、イタリア・ボローニャ国際児童図書展の開幕に合わせて行った記者会...
別窓で開く

アンデルセン公園へ急行!「アンデルセンライナー」登場 「高根ライナー」も 船橋新京成バス
船橋駅からだとバスで40分かかっていました。船橋駅からアンデルセン公園へ急行バス登場 船橋新京成バスが2022年3月19日(土)にダイヤ改正を行い、「アンデルセンライナー」「高根ライナー」を新設します。「アンデルセンライナー」は、船橋市北部にある「ふなばしアンデルセン公園」へのアクセスバスです。...
別窓で開く


[ アンデルセン ] の関連キーワード

デンマーク 菜穂子

<前へ1234次へ>