本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



広島・アンダーソン 濃厚接触疑いで自主隔離 1軍スタッフ2人は陽性判定
 広島は11日、10日に新型コロナウイルスのPCR検査を実施し、1軍の球団スタッフ2人が陽性判定を受けたと発表した。2人ともに無症状。 また、ドリュー・アンダーソン投手(28)が新型コロナの陽性判定を受けた関係者と濃厚接触の疑いがあるため自主隔離していることも発表した。アンダーソンは、PCR検査を受...
別窓で開く

広島・マクブルーム 発熱、体調不良で登録抹消 PCR検査陰性も特例対象
 広島のライアン・マクブルーム内野手(30)が9日、発熱と体調不良を訴え、特例2022の対象選手として出場選手登録を抹消された。同日中に新型コロナウイルスのPCR検査を実施し陰性判定を受けており、10日以降の体調を見て再昇格を判断する。 7日に登録外となったドリュー・アンダーソン投手(28)は、上半...
別窓で開く

広島・森下、チーム救う完封=締めは村上から三振—プロ野球
 広島は後半戦に入って先発投手の早い回での降板が続き、救援陣の負担が大きくなっていた。そんな中で「何とか長いイニングを投げよう」と心に誓った森下が、ヤクルトとのカード初戦で堂々の今季初完封。チームの苦境を救う快投で9勝目を飾った。 序盤からテンポ良く打ち取り、40号本塁打に王手をかける村上の前に走者...
別窓で開く

【男子バレー】イタリア代表監督が日本の成長ぶりを称賛!「もはや“レセプションと守備”のチームではない」と警戒
男子バレーボール界で世界トップクラスを追い落とす存在へと変貌を遂げつつある日本代表。今年一番の大舞台へ向け、強豪2チームとのテストマッチに臨む。 男子日本代表は、6月上旬からおよそ1カ月半にわたり16カ国の代表が熱戦を繰り広げた国際バレーボール連盟主催の『ネーションズリーグ(VNL)』で、初の決勝ラ...
別窓で開く

広島・森下「自力で勝てたら」 大事な分岐点・ヤクルト3連戦初戦先発に向け、力投誓う
 広島は9日から首位・ヤクルトと3連戦(マツダ)。森下暢仁投手(24)は8日、本拠地で最終調整し、カード初戦の先発準備を整えた。混戦からの脱落危機に直面する後半戦。先発陣に不調や離脱が相次ぎ、自身も前回2日のDeNA戦で黒星を喫した。今回は浮沈を懸けた大事な分岐点。「チームが苦しい時。何とか自力で勝...
別窓で開く

生きていれば32歳……ジョンベネちゃん殺害事件のカギとなる「3つの証拠」
1996年のクリスマスの日、米コロラド州ボールダーで美少女コンテストの常連だったジョンベネ・ラムジーちゃん(6)が何者かによって殺害された。この事件は米国だけではなく日本でも大々的に報道されたことから、記憶に残っている方も多いだろう。当初はジョンベネちゃんの両親に疑いの目が向けられていたが、現在は故...
別窓で開く

ドジャースが8連勝 ここ35戦で30勝目 パドレスは4連敗 ダルビッシュは5敗目
 ナ・リーグ西地区首位でリーグ最高勝率をマークしているドジャースは7日、地元ロサンゼルス(カリフォルニア州)で同2位のパドレスを4—0で下して8連勝で75勝33敗。ここ35戦で30勝、球宴明けの後半戦では15勝3敗と勢いを維持したまま首位を独走している。 先発したタイラー・アンダーソン(32)は7回...
別窓で開く

 【出場選手登録】▽巨人・大勢投手、シューメーカー投手▽広島・ケムナ誠投手、遠藤淳志投手、磯村嘉孝捕手 【同抹消】▽ヤクルト・大西広樹投手▽巨人・ウィーラー内野手▽広島・アンダーソン投手、藤井黎来投手(再登録は17日以降)(了)【時事通信社】...
別窓で開く