本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



細くなる、弱くなる...40代からの「髪の毛」お悩み対策。識者のエイジングケア法とは
現在46歳の筆者は、40歳を過ぎた頃から抜け毛、髪が細く弱くなった、といった髪にまつわる悩みを抱えてきました。これは、女性ホルモンが急激に減少する40代にありがちな悩み。そんな悩みと向き合い、試行錯誤を繰り返して、筆者はようやく理想のケア法にたどり着くことができました。今回は、特に重要性を感じている...
別窓で開く

減量成功の声続々と! 1日3回、1分跳ぶだけの“ゆるジャンプダイエット”
運動習慣がない人でも簡単にできて、しかも楽しいと話題の全身運動エクササイズ。下半身を中心に大きな筋肉を刺激して血流もアップ! じんわり汗をかきながら、すらりボディを目指そう。昔得意だった縄跳び、それも二重跳びを娘に披露しようとしたところ、1〜2回しか成功せずに大ショック。名誉挽回しようとジャンプで体...
別窓で開く

50代はダイエットのラストチャンス。若い頃とは違う「正しいやせ方」とは?
ベストセラーとなった『60歳から食事を変えなさい』の著者・森由香子さんの最新刊『50歳からは「食べやせ」をはじめなさい』(青春出版社)が1月17日に発売された。人生100年時代を元気に生き抜くために大切なのは、食べてやせること。本書では、管理栄養士である森さんが、最新の栄養学から導き出す理想の「食べ...
別窓で開く

熊本県人吉球磨地域一帯では、2023年2月3日(金)から3月31日(金)の期間中、この地域の春を告げる代名詞となった「人吉球磨のひなまつり2023」を開催します。今年も10の市町村が週末ごとにそれぞれの地域のカラーを生かしたイベントが予定されていますよ。今年で25年目を迎える「人吉球磨のひなまつり」...
別窓で開く

“畑の肉”こと「大豆」が持つ4つの利点 豊富なタンパク質だけじゃない【時間栄養学と旬の食材】
(豊富なタンパク質だけじゃない)【時間栄養学と旬の食材】大豆 日本で生産されている大豆には、節分の豆などでイメージしやすい黄色の大豆のほかに、黒豆と呼ばれる黒大豆や、ずんだなどに使われる青大豆、未成熟なままの大豆を利用した枝豆などがあります。 大豆に含まれる栄養素の中で特に注目したいのがタンパク質の...
別窓で開く

55歳で20本以下の人は要注意。歯と口のアンチエイジングを始めよう。
「アンチエイジング」と聞くと美容を思い浮かべる人が多いかもしれないが、「歯」にも注目してほしい。お口の健康こそ若さや美に大きな影響を与えるのだ。歯ブラシだけの歯磨きだと磨き残しが出やすい。口臭や歯周病はもちろん、免疫力や抵抗力低下にもつながるという。また、自分の歯を残すことで口元の印象も大きく変わる...
別窓で開く

3つのスープを選べる火鍋に本格中国料理の数々!ヒルトン東京「王朝」チャイニーズ・ナイトアフタヌーンティー
東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル「ヒルトン東京」2階にある中国料理「王朝」に、3種類のスープを選べる「妃鍋(火鍋)」をはじめとする、本格中国料理が楽しめるナイトアフタヌーンティーが登場。...
別窓で開く

「これまで自分の役を自分で選んだことは一度もない」俳優・山崎努が生涯で初めて選んで演じた「役」とは
 世間は若い才能が好きだが年を経て「劣化」するのを見るのは嫌いだ。あまりに嫌いだからそれはもう呪いになり「経年したら劣化する」と思い込んでしまっている。アンチエイジング、などという。老害、などという。もちろんだから病は何より恐ろしいし死ぬなんてもってのほかだ。その考えこそが「劣化」なのだと気がつかな...
別窓で開く

「これ以上施術できないのは辛い」「今でも鏡の中の自分に絶望する」整形を繰り返す女性たちの美への執念
“美容整形”に対するイメージや考え方、価値観などが、昔と比べると大きく変わり始めてきている昨今。整形に興味を持つだけではなく、実際に施術に踏み切る人も増え、なかには何度も整形を重ねる人もいる。ORICON NEWSでは、“顔面フル整形”4周した女性、お互いの施術を見ながら、整形し合う双子姉妹に注目。...
別窓で開く

【最新の認知症治療を実践する脳のカリスマが30年超の長寿研究から導いた幸せな生き方】かつて100歳ブームを巻き起こした『100歳までボケない101の方法 脳とこころのアンチエイジング』の著者で医学博士・白澤卓二が、人生100年時代が現実になった今をよく生きる方法をまとめた『長寿脳──120歳まで健康...
別窓で開く