本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



先日参加したアメリカ デトロイトで開催されたGM(ゼネラルモーターズ)のインターナショナルメディアイベントは、プルービンググラウンドで日本未発売の車両に乗れたり、R&Dセンターで次世代テクノロジーについての講義を受けたりという非常に充実した機会となった。今回の目玉となるモデルはキャデラックの...
別窓で開く

ホンダ、アキュラのEVコンセプトを世界初公開 量産EVは「ZDX」に
 ホンダの米国法人アメリカン・ホンダモーターは18日(現地時間)、高級ブランド「アキュラ」のコンセプトモデル「Precision EV Concept」を世界初公開した。米カリフォルニア州で行なわれているモントレー・カー・ウィークで公開したもので、アキュラ初のEV量販モデル「ZDX」も発表している。...
別窓で開く

最大出力1000馬力を超えるモンスターEV!あのハマーがパワフルなEVになってよみがえる
これって最強?と思わせられるSUVに試乗しました。米国GMCが手がけるHUMMER EV。かつてターミネーターのようなボディで注目を集めたハマーの新世代は、パワフルなEVとなってよみがえりました。Hasta la vista, baby。米国で21年秋から生産が始まったハマーEVのピックアップトラッ...
別窓で開く

新開発の電動プラットフォームを採用したプレミアムSUV「リリック」は新しい世代のラグジュアリーカー!
世の中、どんどんクルマの電動化が進行中。北米のクルマ事情って、ファッションや音楽ほど知られていない気もしますが、たとえばゼネラルモーターズ(GM)は、しっかりと電動化へ舵を切っているようです。傘下のプレミアムブランド、キャデラックも電動化路線を走り始めました。新開発の電動プラットフォーム「アルティウ...
別窓で開く

ホンダ×GMが深〜く連携強化 数百万台規模でEV生産へ
設備の共通化も図ります。すでに共同開発車種も ホンダとGM 米GM(ゼネラルモーターズ)とホンダは2022年4月5日(火)、EV(電気自動車)の共同開発など連携強化を発表しました。 両社で設備の共通化などを目指し、量販価格帯のコンパクトSUVを含む新たなEVシリーズを2027年以降、北米を皮切りに投...
別窓で開く

カーボンニュートラルへ電動車が急成長、日系自動車メーカーが描く電動車戦略
■本記事の3つのポイントカーボンニュートラルの実現に向けて、クルマの電動化がより一層進展。35年の電動車市場は19年比7.5倍の3641万台に達すると予測日系OEMも中長期の電動車両生産・販売目標を公表。...
別窓で開く

GM:LG化学との合弁事業により 次世代EV用バッテリー工場の建設を開始
セ?ネラルモータース?(GM)は、LG化学と新型ハ?ッテリーの生産に向けて設立した合弁会社 「Ultium Cells LLC」か?、オハイオ州ロース?タウンて?、次世代ク?ローハ?ル EV ハ?ッテリーシステム「アルティウム」生 産工場の建設工事に着手したことを発表した。...
別窓で開く

GMとホンダが先進技術コラボレーション! 次世代EVの共同開発で合意
 米ゼネラルモーターズ(以下、GM)とホンダの米国法人アメリカン・ホンダモーターは、GMが開発したグローバルEVプラットフォームおよび新型バッテリー「Ultium(アルティウム)」をベースとして、ホンダの新型電気自動車(EV)2車種を共同開発すると発表した。...
別窓で開く

GM、Honda:GMバッテリー採用のHonda次世代EVの共同開発に合意
ゼネラルモーターズ(GM)とHondaは、GMが開発したグローバルEVプラットフォームと独自の「Ultium(アルティウム)」バッテリーをベースに、Honda向けの新型電気自動車(EV)二車種を共同開発することを新たに合意した。二車種は、エクステリアおよびインテリアについてはHondaが自社専用にデ...
別窓で開く

GM:新型バッテリー「アルティウム」搭載次世代グローバルEVプラットフォームを発表
ゼネラルモーターズ(GM)は、2020年3月4日、ディーラー、投資家、アナリスト、メディア関係者、政策担当者、従業員を前に、電気自動車(EV)の迅速、効率的かつ十分な収益性を確保した売上拡大のための事業戦略を発表した。 GMの会長兼CEOメアリー・バーラ氏は「当社のチームは製品開発の変革と、全車電動...
別窓で開く


<前へ1次へ>