本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



カタールW杯でも優勝候補の前回王者フランス。エムバペ、ベンゼマ、グリーズマンら多様な選手を共存させる「スタイルのない」チーム
激闘来たる! カタールW杯特集注目チーム紹介/ナショナルチームの伝統と革新 第1回:フランス「スタイルがない」スタイル サッカーのナショナルチームには国民性が表れるとよく言われる。確かにそうだと思うところはあるが、そうでもないとも思う。プレースタイルは継続されているようで、ときどき変わったりもするか...
別窓で開く

モロッコでも解任されたハリルホジッチに真相を直撃「裏表のある人間は大嫌いだ」。日本代表監督解任劇にも言及
 私はヴァヒド・ハリルホジッチのことを選手時代から知っている。扱いにくく、気まぐれで、同時にすばらしい才能の持ち主だった。 ハリルホジッチはモロッコ代表を率い、カタール行きの切符を手にしたものの、またしても本大会直前で代表のベンチから追いやられた。多くの人が、ハリルホジッチは解任されるべきではなかっ...
別窓で開く

役所広司と吉沢亮が初の親子役で共演 成島出監督作『ファミリア』2023年1月6日公開決定
役所広司主演映画『ファミリア』が2023年1月6日(金)より全国公開されることが決定した。遠い国の戦争が日常生活に大きな影響を及ぼす昨今。本作は山里に暮らす陶器職人の父・誠治と海外で活躍する息子・学、そして隣町の団地に住む在日ブラジル人青年・マルコスの3人を中心に、国籍や育った環境や話す言葉などの違...
別窓で開く

役所広司&吉沢亮が初共演、成島出監督作『ファミリア』公開決定 松重豊、MIYAVI、佐藤浩市ら出演
俳優の役所広司が主演する映画『ファミリア』が、2023年1月6日より全国公開されることが決定。併せて、吉沢亮、松重豊、MIYAVI、佐藤浩市ら出演キャストが解禁となった。 本作は、山里に暮らす陶器職人の父・誠治と海外で活躍する息子・学、そして隣町の団地に住む在日ブラジル人青年・マルコスの3人を中心に...
別窓で開く

統一教会の広報担当者を元公安警察官が「パーティー・クラッシャー」と呼ぶワケ
 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、各国の大使館パ...
別窓で開く

国際社会へ出ていくと「教養が大事」とよく言われる。教養がなければ、世界の人たちと世間話もできない。そんな話も耳にします。しかし、一言で「教養」と言っても、何を知り、何を語れるようになっていればいいのかイマイチよくわからない。今回は、そんな疑問を『ビジネスエリートの必須教養 「世界の民族」超入門』の著...
別窓で開く

ウクライナ侵攻後初の開催「戦車バイアスロン2022」ロシアで始まる 中国やシリアも
欧州、アジア、アフリカ、南米などから20か国以上が参加。モスクワ近郊で各国が火花散らす戦車の国際競技会 ロシアの首都モスクワ郊外にあるアラビノ演習場で2022年8月13日、戦車を使った国際的な軍事競技会「タンクバイアスロン(戦車バイアスロン)2022」が始まりました。 これは毎年行われているもので、...
別窓で開く

モロッコ代表、ハリル監督の“更迭”を決断か…決定すれば自身3度目となるW杯直前の解任に
モロッコ代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、2022FIFAワールドカップカタールを前に指揮官の座を降りる可能性が高まっている。フランスメディア『レキップ』が10日に報じた。 ハリルホジッチ監督は2019年8月にモロッコ代表の指揮官に就任。...
別窓で開く

アフリカの石油・ガス、救世主になるか?
●アフリカへの期待 ウクライナ危機以降、ロシアからの代替エネルギーが課題となっているが、アフリカが救世主となるかもしれない。【こちらも】天然ガス高騰がグリーン認定に与える影響 ロイター通信の試算によると、エネルギー企業がアフリカ大陸で検討中のプロジェクトは、総額1,000億ドルと報じている。...
別窓で開く

独立60周年のアルジェリアは「今、西側諸国にとってちょっと面倒な国」辛坊治郎が説くその背景
キャスターの辛坊治郎が7月6日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。アルジェリアの独立60周年記念パレードについて持論を展開した。アルジェリアの首都アルジェで実施された独立60周年記念の軍事パレード 2022年7月5日 新華社/共同通信イメージズアル...
別窓で開く



<前へ123456次へ>