本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



メッシのバロンドール受賞が物議「メッシ賞に改名しろ」「スタッツ見れば妥当」
フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が主催する、年間最優秀選手を表彰する『バロンドール』。2021年度最優秀選手賞を、アルゼンチン代表のリオネル・メッシが受賞したのだが、サッカーファンの間で物議を醸しているようだ。チームの勝利に大きく貢献したことを理由に、2019年に続いて受賞となった...
別窓で開く

マラドーナは死んでいない——“英雄”が去ってから1年。今アルゼンチンで何が起きているのか【現地発】
ディエゴ・マラドーナの一周忌に際し、南米サッカー連盟は、「マラドーナ星」なるものを勝手に登録し、彼の古巣であるナポリは左足が黄金に輝く銅像をお披露目。『Amazon prime』では、遺族の了解を得ないまま製作されたドラマが公開された。 星も銅像も「死者であること」が前提だが、今、アルゼンチンで起き...
別窓で開く

「説明不能」ニースFWの衝撃ミスが反響拡大!指揮官も嘆き「決めていればパリSGを窮地に追い込めた」
 現地時間12月1日に開催されたリーグ・アン第16節で、ニースは首位のパリ・サンジェルマンと敵地で対戦。バロンドールを獲得したリオネル・メッシを擁する相手に70%もボールを支配され、自分たちの5倍以上のシュート22本を浴びるも、無失点で凌ぎきり、スコアレスドローに終っている。 貴重な勝点1をもぎ取っ...
別窓で開く

メッシの7回目のバロンドール受賞に不満の声も…一方で独誌は「多数決の結果は尊重されなければならない」
フランスの『FRANCE FOOTBALL』誌主催で世界中の180名の記者の投票によって決定する「バロンドール」の受賞者が11月29日、パリで開催された授賞式で発表され、パリ・サンジェルマン所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが自身7度目の栄誉を手にした。...
別窓で開く

オミクロン株の濃厚接触者70人 日本では陽性者でないと強制隔離できない
日本でもオミクロン株の感染者が見つかった。ナミビア国籍の外交官の男性だ。第三国経由で2021年11月28日に成田空港に到着した。政府は同じ便に乗っていた70人全員を濃厚接触者とし、自宅や宿泊施設などで原則14日間の待機を要請している。インターネットでは、「強制隔離」ができないのだろうかという声も出て...
別窓で開く

「コパはEUROやCLよりも価値がある」メッシの7度目の戴冠に西紙が痛烈皮肉!「欧州はバロンドールで恥をかいた」
 その年の世界最優秀選手に贈られる「バロンドール」の授賞式が現地時間11月29日にパリで開催され、昨シーズンにラ・リーガ得点王に輝き、コパ・アメリカ制覇にも導いたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)が2年ぶり7度目の受賞を果たした。...
別窓で開く

「サラーの順位には驚きだ」メッシが受賞したバロンドールの投票結果にクロップが苦言!「レバンドフスキは今回獲れないなら、いつ獲れる?」
 現地11月29日、『France Football』誌が選出するバロンドールの授賞式がパリで開催され、パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが史上最多7度目の受賞を果たした。 この結果に異を唱えたのが、リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督だ。...
別窓で開く

宮田大がピアソラ作品集リリース。発売記念コンサートも
日本のチェロ界を牽引するトップランナー宮田大が11月、今年生誕100年(来年没後30年)のタンゴの巨匠アストル・ピアソラの作品集『Piazzolla』をリリースした。「ピアソラを弾くのはバルトークを弾くときと同じような気持ち。土地の言葉や風景、香り…。民族の音楽を弾く感覚です。...
別窓で開く

 【サンパウロ時事】ベネズエラ・サッカー連盟は30日、アルゼンチン出身のホセ・ペケルマン氏(72)が代表監督に就任すると発表した。来年1月のワールドカップ(W杯)予選ボリビア戦から指揮を執り、任期は5年。同氏は母国とコロンビアを計3度、W杯本大会に導いた。 ベネズエラは南米連盟加盟10カ国で唯一、本...
別窓で開く

なぜメッシがバロンドールを獲得できたのか。レバンドフスキにはなかったものと「世界最高選手」のイメージの差
 11月29日、パリ。アルゼンチン代表でパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するFWリオネル・メッシ(34歳)が、『フランスフットボール』誌が選定するバロンドール(世界年間最優秀選手賞)に輝いている。史上最多の7度目の受賞となる。 言ってみれば常連のメッシだが、今回は本命が別にいた。...
別窓で開く


[ アルゼンチン ] の関連キーワード

マラドーナ ベネズエラ euro ドール ニース