本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



怖すぎる“元ネタ”解説! 未解決事件スリラー Netflix『ザ・ウォッチャー』はどこまで本当? ナオミ・ワッツ主演
Netflixシリーズ『ザ・ウォッチャー』独占配信中■話題の“実話ベース”スリラーナオミ・ワッツ主演のNetflixオリジナルシリーズ『ザ・ウォッチャー』は、2018年にニューヨーク・マガジンに掲載された記事をベースにした実話スリラーだ。...
別窓で開く

素手で病巣を掴み出す“心霊手術”とは!? 世界が驚いた実話『奇蹟の人/ホセ・アリゴー』 200万人を治療した男の半生
『奇蹟の人/ホセ・アリゴー』©️2019 WMIX DISTRIBUIDORA LTDA. TODOS OS DIREITOS RESERVADOS.いきなり“心霊手術”と言われたら、ほとんどの人は巧妙なトリック、もしくは過激な信仰などを疑うだろう。...
別窓で開く

「頑張って守り、蹴って走る」はドイツやスペインに通用するのか。森保監督が選んだのはCLを戦う古橋や旗手よりも、“自分のサッカーで貢献できる選手”【小宮良之の日本サッカー兵法書】
 カタール・ワールドカップのメンバー発表、改めて森保一監督の色が強く出た。突然、年齢順にメンバーを発表したのも、その一つか。一方で26人のメンバーに、サプライズはほとんどなかった。「大迫勇也の落選で会見中止」というニュースはあったが、メディアの話題作りだろう。選ばれる可能性のあった選手のために、会見...
別窓で開く

指揮系統を明確にできないクラブは勝てない。「死刑執行人」と揶揄された会長が現場に介入したかつてのA・マドリーは2部降格も…
 組織として、強く、勝てるチームを作るにはどうすべきか?  それは、指揮系統を明確にすることだろう。  クラブであれ、代表であれ、その組織にかかわる幹部たちは、実は何人もいる。育成部長、強化部長、スカウト部長、運営部長、社長、会長、そして監督。それぞれが部門のリーダーとしての立場があって、責任がある...
別窓で開く

ブラジルに実在した心霊手術師の生涯を描いた実話『奇蹟の人/ホセ・アリゴー』予告解禁
ブラジルに実在した心霊手術師ホセ・アリゴーの生涯を描いた映画『奇蹟の人/ホセ・アリゴー』より、ポスタービジュアルと予告編が解禁された。 本作は、ブラジルで今も根強い人気を誇る伝説の心霊手術師の半生を描く実話を映画化したヒーリング・ムービー。本編のエンディングには、彼が実際に行い、世界で大論争を呼んだ...
別窓で開く

元ミラン指揮官サッキ氏にUEFA会長賞「サッカーの哲学を再構築した人物」
欧州サッカー連盟(UEFA)は23日、アリゴ・サッキ氏がUEFA会長賞を受賞したことを発表した。25日にイスタンブールで行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ抽選会において表彰される。 現在76歳のサッキ氏にプロ選手としてのキャリアはなく、靴のセールスマンとして働きながら独学で指導者...
別窓で開く

コンラッド東京で「ゴシック・ハロウィン・スイーツビュッフェ」を開催。絢爛たる装いのスイーツとセイボリーがハロウィンを演出
コンラッド東京(東京都港区)は、9月3日よりオールデイダイニング「セリーズ」にて、ゴシック調の世界観とファッションに着想を得た煌びやかなスイーツが彩る「ゴシック・ハロウィン・スイーツビュッフェ」を土日曜・祝日に提供します。絢爛(けんらん)たる装いのスイーツとセイボリーを怪しくも美しいハロウィンのイメ...
別窓で開く

リュウジの「真夜中の背徳めし」が本に 「お願い!ランキング」で紹介したレシピ+未公開レシピも収録
 TVやSNSで話題の料理研究家・リュウジさんの最新レシピ本「バズレシピ 真夜中の背徳めし」が株式会社扶桑社より3月31日に発売されました。本書にはテレビ朝日の情報バラエティ番組「お願い!ランキング」の人気コーナー「リュウジのバズ飯教室」で紹介されたレシピと未公開レシピ、合わせて100レシピが掲載さ...
別窓で開く

苦しみながらも9連覇達成…現地紙は今季のユーヴェをどう評価した?
 2019−20シーズンのセリエAは、ユヴェントスが第36節でサンプドリアを2−0で下し、スクデットを獲得した。イタリアでは新型コロナウイルスの感染拡大により非常事態宣言が発令され、セリエAは3月9日のブレシアvsサッスオーロ戦から約3カ月の中断期間を経て6月20日に再開。歴代最長のカンピオナートは...
別窓で開く

クライフやサッキといった名将も苦悩。どんなに理想的な戦術も“運用する”選手がいなければ…【小宮良之の日本サッカー兵法書】
 戦術を決定するのは、采配を振る監督だろう。しかし戦術を運用するのは、ピッチに立つ選手である。 1980年代、一世を風靡したアリゴ・サッキ監督のACミランは、斬新な戦術を用いていた。オフサイドトラップとゾーンプレス。それはカテナチオ(閂をかけるという意味の守備戦術)が全盛だったイタリアでは、画期的だ...
別窓で開く


<前へ12次へ>