本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2022年12月初め、中国の習近平主席がサウジアラビアのリヤドに降り立った。その歓迎ぶりが、数カ月前に降り立ったアメリカ大統領のバイデンに比べ格段上のものであったことに、世界中は驚いたはずだ。それは、何もサウジアラビアが中国にとりわけご執心だという意味からではない。最近、アルゼンチンが優勝したサッカ...
別窓で開く

2023年を迎えた世界各地の様子
今年も世界各地で新年を壮大に祝うイベントが開催されました。新型コロナウイルス感染拡大の影響による規制がなくなったところが多かったようで、イベントが開催された場所には多くの人が集まったようです。...
別窓で開く

U21日本代表DF鈴木海音が磐田に復帰! 育成型期限付き移籍先の栃木に感謝の言葉も「最高の財産」
ジュビロ磐田は31日、栃木SCに育成型期限付き移籍していたDF鈴木海音が2023シーズンより復帰することをクラブ公式サイトで発表した。 現在20歳の鈴木は、磐田のユース出身。2019年3月に同クラブのトップチームへと2種登録され、2020年4月にはトップチームとプロ契約を結んだ。2022年には栃木へ...
別窓で開く

「中堅国は列強対決をチャンスと捉えているのに」と韓国紙、「米国一辺倒」の尹政権に疑義
韓国の外交政策をめぐり、ハンギョレ新聞はコラムで「中堅国が列強の対決を『チャンス』と捉えているのに、韓国は特定の列強を選ばざるを得ない『危機』としかみなしていないのではないか」との見方を示した。政権獲得後、「米国一辺倒」の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の姿勢に疑義を呈した形だ。...
別窓で開く

W杯、アジア勢は次回も活躍できるか—出場枠増で中国にもチャンス?
カタールで開催されていたサッカーのワールドカップ(W杯)はアルゼンチンの3度目の優勝で幕を閉じた。この大会は、歴史的な名勝負となった決勝戦を筆頭に好試合が多く、1970年メキシコ大会からW杯を見続けてきた私にとっても印象に残る大会だった。アフリカ勢として初めて準決勝に進出したモロッコの躍進が注目を集...
別窓で開く

3位決定戦は「ナンセンスな戦い」? 英メディアが“大きな失望後”の試合に疑問符「世界で最もメジャーで、無意味」【W杯】
現地時間12月17日に行なわれたカタール・ワールドカップの3位決定戦は、クロアチア代表とモロッコ代表の間で熱戦が展開。激闘の末に前者が初出場となった1998年フランス大会以来の3位入賞を飾り、後者はアフリカ勢、アラブ勢として最高成績となる順位を手にした。...
別窓で開く

【W杯3位決定戦】クロアチア対モロッコ、極めて珍しい初戦の相手との“再戦”。攻守を支えるブロゾビッチとアムラバトがどれだけ強度を上げられるか
 カタール・ワールドカップも、残すところあと2試合。本稿では、日本時間12月17日の24時にキックオフ予定の3位決定戦、クロアチア対モロッコを展望する。両国はグループFで同居し、初戦で対戦。0−0のスコアレスドローだったが、今回は果たして——。...
別窓で開く

カタールW杯 残り2試合! 3位決定戦・決勝戦の見どころ、得点争いの行方は? サッカージャーナリストが解説!
モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「ONE MORNING」(毎週月曜〜金曜 6:00〜9:00)。12月16日(金)放送のコーナー「リポビタンD TREND NET」のテーマは「FIFAワールドカップカタール2...
別窓で開く

「早いうちに決まって楽になった」連覇まであと一勝、フランス代表できらりと光るグリーズマンの“ハイパー頭脳”【W杯】
 カタール・ワールドカップ(W杯)は現地12月14日、アル・バイト・スタジアムで準決勝の第2試合が行なわれ、1962年チリ大会のブラジル以来となる連覇を狙うフランスがモロッコを2−0と下し、決勝進出を果たした。18日の決勝では前日にクロアチアを3−0と破ったアルゼンチンと世界王座を懸けて対決。...
別窓で開く

歴史の扉を開いたモロッコ、W杯4強の快進撃に独放送局やご意見番らが見解「信じられないほどの躍進だ」
初の中東開催、そして11、12月に行なわれるという点でも前例がないカタール・ワールドカップでは、出場各国も準備や調整に苦労した結果なのか、これまで以上に波乱が起きている。 その中で、立て続けに番狂わせを起こしたのがモロッコだ。...
別窓で開く


[ アラブ ブラジル ] の関連キーワード

クロアチア フランス モロッコ カタール アジア

<前へ1234567次へ>