本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ニュースで見聞きした国、W杯やオリンピックの出場国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する。各地域...
別窓で開く

人間は誕生する国を選んで生まれてくることはできません。これから未知の人口減少社会を経験する日本で、高齢者を支える働き手として生きることを余儀なくされる若者にとって、この国にうまれたことが幸運と思えるかどうかは疑問符がつきます。日本以外でも、その国に生まれたからというだけで、貧困、紛争、分断などさまざ...
別窓で開く

賢い人は考えてから話す。愚か者は... 地球の歩き方「旅の名言&絶景シリーズ」インド編が深い。
賢い人は最初に考えてから話し、愚か者は最初に話してから考える。 ドキッとするような言葉とともに紹介されているのは、15世紀に建てられたモスク、マスジット・アル・ラスール・アル・アダムだ。  『地球の歩き方』の新シリーズ「旅の名言&絶景シリーズ」には、美しい景色と前向きになれる名言が集められている。...
別窓で開く

『閃光のハサウェイ』の見どころを生粋のガンダムファンが語る! 富野由悠季の原作が持つ世界観やクスィーガンダムのデザインの秘密、ヒロイン ギギ・アンダルシアの魅力について
 3度目の公開延期が発表されていた、ガンダムシリーズ最新作『劇場版 閃光のハサウェイ』が6月11日(木)にいよいよ公開されます。 /?#閃光のハサウェイ6月11日公開 決定!\大変お待たせいたしました。新型コロナウイルス感染症感染拡大の状況を鑑み公開を延期しておりました『機動戦士ガンダム #閃光のハ...
別窓で開く

「駆逐艦、おまかせで輸出たのむ」フランス大海軍の要請 100年前の日本どう応えた?
いまから100年以上前、日本製の駆逐艦が一挙に12隻もフランスに輸出されました。これだけ大量の日本製水上戦闘艦が外国に供給されたのは他に例がありません。では、なぜこのような事態に至ったのでしょうか。その経緯をたどります。遠路はるばるヨーロッパに駆逐艦を輸出した実績 最近、日本製の護衛艦を外国に輸出し...
別窓で開く


<前へ1次へ>