本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【舛添要一連載】アメリカの覇権揺るがす「拡大BRICS」 石油戦略が発動された時、国際秩序は一変する
今、新興のBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)が世界の注目を集めている。【関連記事】舛添要一氏連載『国際政治の表と裏』、前回の記事を読む ■BRICSとは第二次世界大戦後に、米ソ冷戦という東西対立の枠組みと共に、豊かな先進国(北)と貧しい発展途上国(南)の対立という南北...
別窓で開く

脱ドルの動きが実現化する可能性も? 新たに6か国が参加する「BRICS」について
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「BRICS」です。新たに6か国が参加。共通通貨が生まれる可能性も。「BRICS」とは、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの5か国で作られたアライアンスです。...
別窓で開く

日本、豪州、韓国が突破! 史上初アジア勢3カ国が決勝トーナメントへ…欧州に次ぐ勢力に
中東・アラブ地域で開催されているFIFAワールドカップカタール2022、アジア勢の躍進が止まらない。 今大会は開催国のカタールを含め、アジアから6カ国が出場。カタール、イラン、サウジアラビアは惜しくも敗退となったが、日本、オーストラリア、韓国がグループステージを突破し、初めてアジアから3カ国が決勝ト...
別窓で開く

最新FIFAランキングが発表! 日本は24位にランクダウン。W杯対戦国スペインは6位、ドイツ11位、コスタリカ34位
 国際サッカー連盟(FIFA)は現地時間6月23日、最新のFIFA世界ランキングを発表した。日本は前回の23位から1つ順位を落とし、24位となっている。 11月に開催を控えるカタール・ワールドカップの組み合わせ抽選会が実施されて以来、初となるランキング発表となった今回、1位は前回と変わらずブラジル、...
別窓で開く

年内最後のFIFAランク発表! 日本は変動なくアジア2位、W杯プレ大会でGL敗退のサウジが3ランク後退…
 FIFA(国際サッカー連盟)は12月23日、年内最後となる最新の世界ランキングを発表した。日本は前回と同じ26位で、アジア2位の座は変わらなかった。 国際マッチウィークがなかった12月は上位陣もほぼ変動なく、1位がベルギー、2位ブラジル、3位フランス、4位イングランド、5位アルゼンチンなどと続き、...
別窓で開く


<前へ1次へ>