本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本が「パレスチナを置き去りにしていない」というメッセージを出すことは重要 上川外務大臣が「パレスチナ支援」表明
慶應義塾大学教授で国際政治学者の細谷雄一が2月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。上川外務大臣がG20外相会合で表明したパレスチナ支援について解説した。...
別窓で開く

カルロス・ゴーン氏に迫るフランス当局の"包囲網" ヒズボラとイスラエル間で高まる緊張が影響(宮田律)
(カルロス・ゴーン氏(C)ロイター) レバノン政府がカルロス・ゴーン元日産会長(69)を見放すのも時間の問題だろう。昨年10月7日にハマスの奇襲攻撃で始まったパレスチナ・ガザでの戦争は、イスラエルの周辺諸国や地域を刺激するようになり、イスラエルは北の隣国レバノンの親イラン・イスラム組織ヒズボラ(神の...
別窓で開く

【超解説】世界経済の急所、紅海を牛耳る「フーシ派」とは何者か?
フーシ派の指導者アブドルマリク・フーシほんの数ヵ月前までは国際情勢によほど詳しい人しか知らなかったであろう、アラビア半島南端のイエメンを拠点とする武装組織が、世界中で主要ニュースに取り上げられている。...
別窓で開く

日本人に理解できない「トルコのジレンマ」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が1月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。イラン・ライシ大統領とトルコ・エルドアン大統領の会談について解説した。...
別窓で開く

米ブリンケン国務長官が何度も中東を訪れる「深刻な事情」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が1月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米ブリンケン国務長官とパレスチナ自治政府・アッバス議長の会談について解説した。ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ラマラで会談するブリンケン米国務長官(左)と自治政府のアッバス議長。...
別窓で開く

放送大学名誉教授・高橋和夫氏が日本の中東外交を徹底深掘り!!
今年7月に岸田首相と会談したサウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子。国防や外交の実権を握るイスラエル・ハマス戦争で混沌とする中東情勢。...
別窓で開く

それでも「アブラハム合意」に基づく「アラブとイスラエルの接近」が終わることはない
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が11月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。イスラエル・パレスチナ情勢について解説した。...
別窓で開く

『第3次大戦』のリスクは? 駐日イスラエル大使「アメリカが外交的な傘を用意してくれる」 駐日パレスチナ代表「プロパガンダだ」 堀潤氏が取材
元NHKアナウンサーでジャーナリストの堀潤氏が11月14日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスとイスラエルの戦闘が第3次大戦に拡大するリスクを巡り、取材したイスラエルの駐日大使が「アメリカが外交的な傘を用意してくれる...
別窓で開く

【ディープ解説】参戦はあるのか? イランから見たイスラエル・ハマス戦争
法学者である最高指導者ハメネイ師と隷下の官僚機構がイラン国家の最高意思決定機関。軍の指揮権や宣戦布告の権限も握っているあの国が参戦すると「中東大戦争」に発展してしまう——。アメリカをはじめ国際社会が最も警戒しているのが、ペルシャ湾北岸の大国イランの存在だ。...
別窓で開く

イスラエル・パレスチナ情勢について議長国として日本がするべきこと 東京でG7外相会合開催
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が11月3日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。イスラエルとハマスの戦闘について解説した。パレスチナ自治区ガザ市で、イスラエルの空爆後に立ち上る煙。...
別窓で開く



<前へ123次へ>