本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【#佐藤優のシン世界地図探索?】もし"トラ&プー"のシン世界が生まれたら...
トラさんとプーさんのシン世界が来年は待っている。待ち遠しいのか、なんなのか......(写真:AFP=時事)ウクライナ戦争勃発から世界の構図は激変し、真新しい『シン世界地図』が日々、作り変えられている。...
別窓で開く

【超解説】世界経済の急所、紅海を牛耳る「フーシ派」とは何者か?
フーシ派の指導者アブドルマリク・フーシほんの数ヵ月前までは国際情勢によほど詳しい人しか知らなかったであろう、アラビア半島南端のイエメンを拠点とする武装組織が、世界中で主要ニュースに取り上げられている。...
別窓で開く

【舛添要一連載】アメリカの覇権揺るがす「拡大BRICS」 石油戦略が発動された時、国際秩序は一変する
今、新興のBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)が世界の注目を集めている。【関連記事】舛添要一氏連載『国際政治の表と裏』、前回の記事を読む ■BRICSとは第二次世界大戦後に、米ソ冷戦という東西対立の枠組みと共に、豊かな先進国(北)と貧しい発展途上国(南)の対立という南北...
別窓で開く

FIFAワールドカップの出場権を懸けた戦いが始まった。アジア2次予選でミャンマー、シリア、北朝鮮と同組になった日本代表は11月16日にミャンマーと、同21日にシリアと対戦。いずれの試合も5−0で快勝して好スタートをきった。 戦前から負傷者が相次ぎ不安視されたが、上田綺世らの活躍により不在者による戦力...
別窓で開く

放送大学名誉教授・高橋和夫氏が日本の中東外交を徹底深掘り!!
今年7月に岸田首相と会談したサウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子。国防や外交の実権を握るイスラエル・ハマス戦争で混沌とする中東情勢。...
別窓で開く

それでも「アブラハム合意」に基づく「アラブとイスラエルの接近」が終わることはない
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が11月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。イスラエル・パレスチナ情勢について解説した。...
別窓で開く

【ディープ解説】参戦はあるのか? イランから見たイスラエル・ハマス戦争
法学者である最高指導者ハメネイ師と隷下の官僚機構がイラン国家の最高意思決定機関。軍の指揮権や宣戦布告の権限も握っているあの国が参戦すると「中東大戦争」に発展してしまう——。アメリカをはじめ国際社会が最も警戒しているのが、ペルシャ湾北岸の大国イランの存在だ。...
別窓で開く

「イスラエル・パレスチナ情勢」 関係各国の当事者能力が発揮できていない
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が11月3日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。イスラエル・パレスチナ情勢について解説した。イスラエル中部テルアビブの空港に到着し、同国のネタニヤフ首相(左)に出迎えられるバイデン米大統領=2023年10月18日(ロイター=共同)米ブリンケン...
別窓で開く

停戦後、「誰がパレスチナを統治するのか」青写真がない
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が10月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。イスラエル・パレスチナ情勢について解説した。パレスチナ自治区ガザ南部ハンユニスの難民キャンプで国連の担当者から食事を受け取る子どもら 2023年10月24日 (ゲッティ=共同)アメリカの決議案...
別窓で開く

「イスラエル核使用」という悪夢のシナリオを緊急検証
イスラエル軍は30万人以上の予備役を招集。陸上部隊のガザ侵攻はかなり大規模なものになりそうだハマスの大規模な奇襲テロを許したイスラエルの報復作戦は、本稿締め切り時点でガザ地区への地上侵攻まで秒読み段階に入った。しかし、そこで待ち構えるのは地下トンネル網を駆使したハマスのゲリラ戦。...
別窓で開く


[ アラブ イラン アメリカ サウジアラビア ] の関連キーワード

ワールドカップ アブラハム パレスチナ イスラエル brics
アメリカ ディープ 放送大学 ハマス アラブ
イラン アジア

<前へ123次へ>