本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2022年12月初め、中国の習近平主席がサウジアラビアのリヤドに降り立った。その歓迎ぶりが、数カ月前に降り立ったアメリカ大統領のバイデンに比べ格段上のものであったことに、世界中は驚いたはずだ。それは、何もサウジアラビアが中国にとりわけご執心だという意味からではない。最近、アルゼンチンが優勝したサッカ...
別窓で開く

「異様な光景だった」メッシがトロフィーリフトで羽織った黒いローブの意味は? “世界初の光景”に海外メディアやOBは違和感【2022総集編】
 ついに年が明け、2023年となった。本稿では、2022年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、カタール・ワールドカップの優勝セレモニーで、メッシの“衣装”が注目された記事を再掲する。...
別窓で開く

フランクフルトMF長谷部誠、来季も選手キャリア続行の可能性が浮上?「3月中には…」
フランクフルトに所属している元日本代表MF長谷部誠が、今シーズン終了後のキャリアについて語った。『スカイ・ドイツ』が5日に伝えている。 現在、ブンデスリーガは約2ヶ月間の中断期間に突入しており、再開予定は20日となっている。フランクフルトの再開初戦は21日に予定されており、ホームにシャルケを迎える予...
別窓で開く

サウジ移籍のC・ロナウドを熱烈歓迎も「大勢のアシスタント同行」で海外メディアは活躍を疑問視「宣伝イベントに明け暮れる」
スーパースターの到着に、アラブの街は歓喜の渦となしている。 ポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウドの獲得で世界中のフットボールファン、関係者から熱視線を浴びているサウジアラビアのアル・ナスル。C・ロナウドは現地1月3日の19時にサウジアラビアの首都リヤドの空港に到着し、数千人もの現地ファンから熱烈...
別窓で開く

U21日本代表DF鈴木海音が磐田に復帰! 育成型期限付き移籍先の栃木に感謝の言葉も「最高の財産」
ジュビロ磐田は31日、栃木SCに育成型期限付き移籍していたDF鈴木海音が2023シーズンより復帰することをクラブ公式サイトで発表した。 現在20歳の鈴木は、磐田のユース出身。2019年3月に同クラブのトップチームへと2種登録され、2020年4月にはトップチームとプロ契約を結んだ。2022年には栃木へ...
別窓で開く

メッシ着用で物議を醸した“黒ローブ”の価格が判明! 決勝翌日にはアルゼンチン・サポが150着を爆買い【W杯】
 世界中で物議を醸した“黒ローブ”のお値段が判明した。 歴史的な激闘となったカタール・ワールドカップ決勝。ハプニングが起こったのは試合後の表彰式だ。アルゼンチン代表の主将にして大エース、リネオル・メッシが悲願のトロフィーを授与される際、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会...
別窓で開く

メッシが羽織った「黒い服」の重大な意味 一着40万円…賛否の声に見る“多様性のせめぎ合い”
 熱戦が続いたカタールワールドカップは、歴史に残る決勝戦を制したアルゼンチンがディエゴ・マラドーナを擁したメキシコ大会以来となる36年ぶりの世界制覇を達成した。現役最高のスーパースターであるリオネル・メッシが悲願の優勝トロフィーを掲げた姿は、日本のサッカーファンの中でも感動した人は多いだろう。...
別窓で開く

チェルシーに痛手…復帰間近のDFフォファナが親善試合で再び負傷か
チェルシーに所属するフランス人DFウェズレイ・フォファナに再び負傷した可能性が浮上しているようだ。20日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。 今年8月にレスターから7000万ポンド(約112億円)相当の移籍金でチェルシーに加入した現在22歳のフォファナは、10月5日に行われたチャン...
別窓で開く

W杯、アジア勢は次回も活躍できるか—出場枠増で中国にもチャンス?
カタールで開催されていたサッカーのワールドカップ(W杯)はアルゼンチンの3度目の優勝で幕を閉じた。この大会は、歴史的な名勝負となった決勝戦を筆頭に好試合が多く、1970年メキシコ大会からW杯を見続けてきた私にとっても印象に残る大会だった。アフリカ勢として初めて準決勝に進出したモロッコの躍進が注目を集...
別窓で開く

「ふざけんな!」メッシの“中東ローブ姿”にはカメラマンからも怒号…カタールのエゴには呆れた【W杯】
「おいおい、なんか着せられたぞ」  リオネル・メッシがワールドカップを掲げる歴史的シーンの直前。ルサイル・スタジアムの記者席に座っていた自分の眼前には、突如として異様な光景が広がった。  現地時間12月18日のカタールW杯決勝は、アルゼンチン代表がフランス代表を激闘の末に撃破(延...
別窓で開く


[ アラブ ワールドカップ ] の関連キーワード

フランクフルト アルゼンチン カタール 長谷部 アジア
サウジ