本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



世界王者アルカラスが絶対女王シフィオンテクに尊敬の念「僕もナンバーワンの座を失わないようにしたい」<SMASH>
今年9月の全米オープンでの四大大会初優勝をはじめ、今季だけで4つのツアータイトルを獲得し、キャリア初の年間1位も達成した男子テニス世界王者のカルロス・アルカラス(スペイン)。19歳にしてすでに数々の輝かしい功績を残している彼は、ある選手に尊敬の念を抱いているという。 その人物とは、女子世界ランク1位...
別窓で開く

絶対女王シフィオンテク、リベンジに燃えるジャバー、2023全豪オープンテニス女子出場選手リスト発表<SMASH>
シーズン最初のグランドスラム(四大大会)である全豪オープンは現地12月8日、2023年1月16日に開幕する本大会の男女シングルスのエントリーリスト(出場予定選手表)を発表した。 女子のリストの一番上に名を連ねるのは、イガ・シフィオンテク(ポーランド/世界ランキング1位)。...
別窓で開く

23歳のリバキナが格上のジャバーを破りウインブルドン女王に! カザフスタン選手として初の四大大会制覇<SMASH>
大詰めを迎えているテニスの四大大会「ウインブルドン」は現地7月9日に女子シングルス決勝が行なわれ、第3シードのオンス・ジャバー(チュニジア/世界ランキング2位)と第17シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン/同23位)が対戦。リバキナが3−6、6−2、6−2で勝利し、23歳で初のグランドスラムタイト...
別窓で開く

「平和と国家のために団結しましょう」ウクライナの女子テニス選手が決意のメッセージを発信!<SMASH>
ロシアのウクライナに対する軍事攻撃が明らかになった2月24日(現地時間)、女子テニス選手エリーナ・スビトリーナ(世界15位)がSNSを通じて決意のメッセージを発信した。 1994年にウクライナ南部の都市オデッサで生まれ、5歳の時からテニスを始め2010年にプロに転向したスビトリーナ。...
別窓で開く

入国騒動再発か? ジョコビッチがエントリーしたBNPオープンは国も主催側もワクチン接種を義務付け<SMASH>
オーストラリア入国問題で世界的な騒動を巻き起こした男子テニス世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。渦中の男は3月10日から開催される「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/ハードコート/ATP1000)のエントリーリストに登録された。...
別窓で開く

ジョコビッチが2月のドバイ選手権にエントリー。ワクチン接種が義務化でない国でシーズンスタートか<SMASH>
オーストラリア入国問題で世間をざわつかせた男子テニス世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。その彼が2月21日から開催される「ドバイ選手権」(アラブ首長国連邦・ドバイ/ハードコート/ATP500)にエントリーしたことが明らかになった。英スポーツメディア『Sportskeeda』が報じている。...
別窓で開く

負傷離脱のナダルが約4か月ぶりに試合復帰!「自分の望む場所に戻るための道を歩み始めた」<SMASH>
現地12月17日に行なわれたエキジビション「ムバダラ・ワールド・テニス・チャンピオンシップ」(12月16日〜18日/アラブ首長国連邦・アブダビ/ハードコート)の男子シングルス準決勝で、左足のケガにより8月半ばに2021年シーズン終了を表明したラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク6位)が復帰。...
別窓で開く

ナダルがジョコビッチの躍進を断言!「“四大大会最多優勝選手”の称号を手にするのは彼が本命だ」<SMASH>
左足のケガで戦列を離れている男子テニス界のレジェンド、ラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク6位)が欧州スポーツメディア『EUROSPORT』のインタビューに登場。その中で宿命のライバルである世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)について、「グランドスラム最多の優勝回数でキャリアを終える可能性...
別窓で開く

年末の親善試合にナダルやティームら強豪が参戦!V3を狙うマリーは「楽しみにしている」と意気込み<SMASH>
男子テニス元世界王者のアンディ・マリー(イギリス/現134位)が、12月16日に開催されるエキジビジョンマッチ「ムバダラ・ワールド・テニス・チャンピオンシップ」(アラブ首長国連邦/アブダビ)に出場することが明らかになった。 2009年と2015年に同大会を制覇したマリーは今大会が6年ぶりの出場となる...
別窓で開く


<前へ1次へ>