本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【舛添要一連載】アメリカの覇権揺るがす「拡大BRICS」 石油戦略が発動された時、国際秩序は一変する
今、新興のBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)が世界の注目を集めている。【関連記事】舛添要一氏連載『国際政治の表と裏』、前回の記事を読む ■BRICSとは第二次世界大戦後に、米ソ冷戦という東西対立の枠組みと共に、豊かな先進国(北)と貧しい発展途上国(南)の対立という南北...
別窓で開く

二分化する世界…日本は“欧米”と“中国・ロシア”を繋ぐ役割を求められている?
ananで連載中の堀潤&五月女ケイ子「社会のじかん」の特別編。欧米の先進国が世界を牽引する時代は終わりを告げ、中東やアフリカが勢いをつけ、世界は2つのアライアンスに分かれていく!?アメリカと中国の枠組みの真ん中で、世界を繋ぐ。2022年に起きたロシアとウクライナの戦争が今なお続いています。これにより...
別窓で開く

「自分が世界の中心である」と考えるインドの「独特な存在理由」
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が8月18日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。今後5年での飛躍的な経済発展を宣言したモディ首相およびインドについて解説した。...
別窓で開く


<前へ1次へ>