本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナ侵攻2年、熱気欠く国連総会=決議なし、支援継続の難しさ露呈
 【ニューヨーク時事】国連総会は23日、ロシアのウクライナ侵攻開始から24日で2年となるのに合わせて会合を開いた。日米欧が相次いで登壇し侵攻を糾弾したが、対ロシア非難決議案の提出は見送られた。議場は空席が目立ち熱気に欠け、侵攻長期化に伴うウクライナ支援継続の難しさを浮き彫りにした。...
別窓で開く

辻外務副大臣、イスラエル訪問へ
 外務省は21日、辻清人外務副大臣が22〜29日の日程で米国、アラブ首長国連邦(UAE)、イスラエル、パレスチナ自治区を訪問すると発表した。パレスチナ情勢の早期沈静化と人道状況の改善に向けて現地の政府関係者らと協議する。 米国では、ロシアのウクライナ侵攻を議題に開かれる国連安全保障理事会の会合に出席...
別窓で開く

(プレスリリース)【エマニュエル・トッドほか】世界最高の知性が予言する『人類の終着点』2/13発売!戦争とAIという「暴走列車」に乗り込んだ人類を待ち受けているものとは?
エマニュエル・トッド=歴史家、マルクス・ガブリエル=哲学者、フランシス・フクヤマ=政治学者など、世界最高の知性が集結!<br /><br />株式会社朝日新聞出版は、人類最高の知性による世界の未来を予測した書籍『人類の終着点——戦争、AI、ヒューマニティの未来』(朝日新書)を...
別窓で開く

【#佐藤優のシン世界地図探索?】もし"トラ&プー"のシン世界が生まれたら...
トラさんとプーさんのシン世界が来年は待っている。待ち遠しいのか、なんなのか......(写真:AFP=時事)ウクライナ戦争勃発から世界の構図は激変し、真新しい『シン世界地図』が日々、作り変えられている。...
別窓で開く

「二重基準の終息が唯一の解決策」ガザ民間人死傷で北朝鮮
北朝鮮の朝鮮—アラブ協会のヤン・ミョンソン書記長は8日、米国と西側はウクライナを侵攻するロシアを非難し、イスラエルのパレスチナ・ガザ地区での軍事作戦を容認する二重基準を止めるべきだとする論評を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。論評は欧州連合(EU)が2日、ベルギー・ブリュッセルで開いた「インド太平洋閣...
別窓で開く

【舛添要一連載】アメリカの覇権揺るがす「拡大BRICS」 石油戦略が発動された時、国際秩序は一変する
今、新興のBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)が世界の注目を集めている。【関連記事】舛添要一氏連載『国際政治の表と裏』、前回の記事を読む ■BRICSとは第二次世界大戦後に、米ソ冷戦という東西対立の枠組みと共に、豊かな先進国(北)と貧しい発展途上国(南)の対立という南北...
別窓で開く

日本人に理解できない「トルコのジレンマ」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が1月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。イラン・ライシ大統領とトルコ・エルドアン大統領の会談について解説した。...
別窓で開く

二分化する世界…日本は“欧米”と“中国・ロシア”を繋ぐ役割を求められている?
ananで連載中の堀潤&五月女ケイ子「社会のじかん」の特別編。欧米の先進国が世界を牽引する時代は終わりを告げ、中東やアフリカが勢いをつけ、世界は2つのアライアンスに分かれていく!?アメリカと中国の枠組みの真ん中で、世界を繋ぐ。2022年に起きたロシアとウクライナの戦争が今なお続いています。これにより...
別窓で開く

不動産投資市場動向(2023年第3四半期)…国内不動産市場は安定、存在増すアジア太平洋地域の投資家
(写真はイメージです/PIXTA)国内不動産市場の2023年第3四半期の不動産取引総額は前年同期比でプラスに転じた。また外国資本による購入額は前年同期比でプラスとなった。世界全体の不動産取引額は前年の半分程度にまで落ち込む一方、アジア太平洋では相対的に減速が緩やかな状態が続き、日本の不動産投資市場は...
別窓で開く

忌まわしいナチスの収容所ですらボールは蹴られていた【サイモン・クーパーが綴る戦時下のフットボール|後編】
 過激派組織による卑劣なテロ行為をきっかけに、何度となく繰り返されてきたイスラエルとパレスチナの武力衝突がふたたび激化している。 もちろん、フットボールは止まったままだ。かの地にボールが転がる日は戻ってくるのだろうか。欧州を代表する著述家のサイモン・クーパーが、複雑で難解なテーマに切り込む。...
別窓で開く


[ アラブ ロシア イスラエル ウクライナ ] の関連キーワード

イスラエル ウクライナ brics アメリカ サイモン
アジア トッド ナチス ロシア クーパ
トルコ 北朝鮮 太平洋

<前へ1234次へ>