本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【#佐藤優のシン世界地図探索⑨】中東の"シン世界地図"を探索する
サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子。彼の動向が国家の動向となる、すなわち実質的な「最高権力者」ともいえるだろうウクライナ戦争勃発から世界の構図は激変し、真新しい『シン世界地図』が日々、作り変えられている。...
別窓で開く

広島で主要7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれ大いに注目を集めたが、実は同じタイミングで多国間の首脳会議(サミット)がG7以外に2つも開かれていた。一つは中国・西安市で開かれた「中国・中央アジアサミット」で、もう一つはサウジアラビアのジッダで開催された「アラブ連盟首脳会議」だ。G7が圧倒的な影響力...
別窓で開く

「イライラ戦争」とは何だったのか? 実在した狙撃手と殺人への禁忌を描く『スナイパー 孤高の弾丸』
『スナイパー 孤高の弾丸』© 2021 AFAR FILM■イラン映画と戦争『スナイパー 孤高の弾丸』はイラン・イラク戦争を舞台にした、イランの戦争映画です。日本でイラン映画というと『友だちのうちはどこ?』(日本公開:1993年/制作年:1987年)のような文学的作品が知られていますが、実...
別窓で開く

避妊禁止、義務教育短縮、無試験で名門大合格 中国版「異次元」少子化アイデア
 東アジア各国で少子化対策の議論が沸騰している。2023年3月、韓国の2022年の合計特殊出生率(暫定値)が過去最低の0.78を記録して大きな話題を呼び、日本では1月に岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」を打ち出した。そして、同じく少子化に悩む中国でも、少子化対策のためにかなり「異次元」な提案がなさ...
別窓で開く

OPECプラス、原油減産の「予想外」 原油相場は一時急騰 そして、米国の産油国への影響力低下が鮮明に
石油輸出国機構(OPEC)と、ロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」が原油の追加減産に踏み切った。予想外の動きとなり、市場は不意を突かれたかたちで、原油相場は急騰した。日欧米などはインフレへの警戒を強めるが、なにより、米国の中東へ、また産油国への影響力の後退を印象付けることになった。...
別窓で開く

中国への渡航にまだPCR検査が必要な国はどこ?—中国メディア
在中国日本国大使館によると、日本から中国への航空便搭乗の際には、搭乗前48時間以内のPCR検査により陰性証明を取得した上で、検査結果をあらかじめアプリ上で中国税関に申告する必要がある。...
別窓で開く

サウジの「上海協力機構への参加」はアメリカに対する1つの「交渉カード」にすぎない
エコノミストで複眼経済塾塾頭のエミン・ユルマズが3月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。上海協力機構(SCO)に参加する決定を閣議で了承したサウジアラビアについて解説した。...
別窓で開く

「人種・民族に関する問題は根深い…」。コロナ禍で起こった人種差別反対デモを見てそう感じた人が多かっただろう。差別や戦争、政治、経済など、実は世界で起こっている問題の“根っこ”には民族問題があることが多い。芸術や文化にも“民族”を扱ったものは非常に多く、もはやビジネスパーソンの必須教養と言ってもいいだ...
別窓で開く

サウジとイランが「国交正常化」しても「友好国」になったわけではない
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が3月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。対面で行うことで一致したサウジアラビアとイランの外相会談について解説した。...
別窓で開く

「人種・民族に関する問題は根深い…」。コロナ禍で起こった人種差別反対デモを見てそう感じた人が多かっただろう。差別や戦争、政治、経済など、実は世界で起こっている問題の“根っこ”には民族問題があることが多い。芸術や文化にも“民族”を扱ったものは非常に多く、もはやビジネスパーソンの必須教養と言ってもいいだ...
別窓で開く


[ アラブ ロシア イラン ] の関連キーワード

opec アメリカ クルド イラン トルコ

<前へ123次へ>