本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



W杯、アジア勢は次回も活躍できるか—出場枠増で中国にもチャンス?
カタールで開催されていたサッカーのワールドカップ(W杯)はアルゼンチンの3度目の優勝で幕を閉じた。この大会は、歴史的な名勝負となった決勝戦を筆頭に好試合が多く、1970年メキシコ大会からW杯を見続けてきた私にとっても印象に残る大会だった。アフリカ勢として初めて準決勝に進出したモロッコの躍進が注目を集...
別窓で開く

「早いうちに決まって楽になった」連覇まであと一勝、フランス代表できらりと光るグリーズマンの“ハイパー頭脳”【W杯】
 カタール・ワールドカップ(W杯)は現地12月14日、アル・バイト・スタジアムで準決勝の第2試合が行なわれ、1962年チリ大会のブラジル以来となる連覇を狙うフランスがモロッコを2−0と下し、決勝進出を果たした。18日の決勝では前日にクロアチアを3−0と破ったアルゼンチンと世界王座を懸けて対決。...
別窓で開く

W杯開催国カタールの光と影… 人権や環境問題などで批判される背景に「文明の衝突」
Sirabeeでは、風雲急を告げる国際政治や紛争などのリアルや展望について、舛添要一(ますぞえよういち)さんが解説する連載コラム【国際政治の表と裏】を公開しています。今週は、いま世界中の注目を集めるワールドカップの舞台「カタール」がテーマです。■酷暑のカタールで開催11月20日からカタールでサッカー...
別窓で開く

中国は「イスラエルとアラブ各国の国交正常化」をどう捉えるか
トランプ大統領が主導する形で、9月15日、イスラエルとUAE、バーレーンの国交正常化を記念する署名式が開催された。署名式にはイスラエルのネタニヤフ首相、UAEのアブドラ首相、バーレーンのザヤニ首相が出席し、今後イスラエルとの間で外交、経済の分野で関係が急速に進むと思われる。...
別窓で開く


<前へ1次へ>