本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【NBA名脇役列伝・前編】無類の勝負強さを誇った“ビッグショット・ロブ”。オリー伝説の幕開けは1994年プレーオフ<DUNKSHOOT>
選手の優秀さを論じる際に、優勝回数が根拠に挙げられることがしばしばある。いわゆる“GOAT論争”でも、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)がレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)より優れている点として、ファイナルでの戦績を根拠とする意見は少なくない。...
別窓で開く

「信じられないよ」レジー・ミラーが“引き抜き”に応じるスター選手たちに苦言。「私がもしジョーダンに誘われても…」<DUNKSHOOT>
サッカー界において、ひとつのクラブで選手生活を終えた選手のことを「ワン・クラブ・マン」と称するが、移籍金の高騰も相まって、プロ入りした際のクラブにとどまり続ける例は年々減っている。バスケ界も同様の傾向にあり、ロサンゼルス・レイカーズで一時代を築き、レジェンドとして名を刻んだコビー・ブライアントや、イ...
別窓で開く

シクサーズを追われたバークレーに訪れた“復活の時”。唯一無二の個性派は引退後も健在【NBAレジェンド列伝・後編】
身長190cm台であれば、NBAではガードのポジションを任せられるのが一般的だ。しかし、チャールズ・バークレーは2mに満たない身体でパワーフォワードを務めあげ、「神からもらった才能」と自負するリバウンドで、時代を代表する選手となった。キャリアを通じて数々の賞を手にしたバークレーだったが、頂点に立った...
別窓で開く

乱世の80〜90年代に存在感を放った “用心棒”。チャールズ・オークリーがNBAに残したもの【NBA名脇役列伝・前編】
1980年代のNBAでは、今よりもはるかに激しい肉弾戦が展開されていた。そんな時代にとりわけ際立っていたのが、チャールズ・オークリーだ。シカゴ・ブルズのマイケル・ジョーダンやニューヨーク・ニックスのパトリック・ユーイングなど、スター選手の文字通り“用心棒”として活躍したビッグ...
別窓で開く


<前へ1次へ>