本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



なぜロシアの人たちはプーチン大統領を支持しているのか。国際弁護士の射手矢好雄さんは「根拠がでたらめな主張でも、言われ続けると人は応えようとしてしまう。プーチン大統領もトランプ氏も、そうした人の心理をうまく突いている」という——。(第2回/全3回)※本稿は、齋藤孝・射手矢好雄『BATNA 交渉のプロだ...
別窓で開く

織田裕二&中井美穂が届ける最後の大会『世界陸上オレゴン』7月16日より10日間連続生中継
7月16日に開幕する陸上競技世界一決定戦『世界陸上オレゴン』のメインキャスターを、織田裕二と中井美穂が務めることが決まった。TBSでは開幕から10日間連日生中継する。 新型コロナウイルスの影響で1年延期の開催となった18回目の『世界陸上』の舞台は、陸上王国アメリカ合衆国。“陸上の聖地”と言われるオレ...
別窓で開く

織田裕二&中井美穂、TBS『世界陸上』13大会連続メインキャスターに決定 今回が“最後の世界陸上”
俳優・歌手の織田裕二とフリーアナウンサー・中井美穂が、7月16日に開幕するTBS系『世界陸上オレゴン』のメインキャスターを務めることが16日、発表された。1997年のアテネ大会以来、13大会連続のコンビが実現し、これが2人がメインキャスターを務める“最後の世界陸上”となる。番組テーマには「届け、スポ...
別窓で開く

バイデン大統領に問いたい「米国は有事に日本を守るのか?」 日米安全保障条約に秘められた“問題部分”とは
 ジョー・バイデン米大統領と岸田文雄総理による首脳会談が行われたのは、ロシアによるウクライナ侵攻からおよそ3ヵ月が経過するタイミングでした。この間、「世界の警察」と呼ばれたアメリカは、ウクライナに武器を貸与するだけで軍隊を派遣していません。その最大の理由は、ウクライナがNATO(北大西洋条約機構)に...
別窓で開く

「ことば」で闘うウクライナ。『緊急出版! ゼレンスキー大統領、世界に向けた魂の演説集』
 ロシアがウクライナに侵攻してからおよそ一か月半。大方の予想を裏切り、ウクライナは軍事・政治の両面で健闘している。「2日間でキエフを制圧する計画だった」というロシア側の計画を頓挫させたのは、コメディアン出身の素人政治家・ゼレンスキー大統領の演説だった——。...
別窓で開く

抑止力として、いかに日本の技術力を軍備に転用させることができるか
慶應義塾大学教授・国際政治学者の細谷雄一が4月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日本海で行われた日米共同訓練について解説した。...
別窓で開く

地理とは「地球上の理(ことわり)」である。この指針で現代世界の疑問を解き明かし、6万部を突破した『経済は地理から学べ!』。著者は、代々木ゼミナールで「東大地理」を教える実力派、宮路秀作氏だ。日本地理学会企画専門委員会の委員として、大学教員を中心に創設された「地理学のアウトリーチ研究グループ」にも参加...
別窓で開く

庭先に放置の敵戦車は頂戴してOK? 陸と海でも異なる戦時の敵物品入手に関するルール
戦時に敵兵器を奪い自軍戦力に組み込むことは、特に咎められるような行為ではありません。では自宅の庭先に放置された敵戦車を頂戴し自家用車にするようなことは問題ないのでしょうか。法的にOKか否かの線引きについて解説します。ウクライナ政府「ろ獲兵器に所得税はかかりませんよ!」 2022年2月24日に開始され...
別窓で開く

入国騒動再発か? ジョコビッチがエントリーしたBNPオープンは国も主催側もワクチン接種を義務付け<SMASH>
オーストラリア入国問題で世界的な騒動を巻き起こした男子テニス世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。渦中の男は3月10日から開催される「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/ハードコート/ATP1000)のエントリーリストに登録された。...
別窓で開く

ついに発見!最強のスマートウォッチ!「GARMIN Instinct Dual Power」をおすすめする3つの理由
この記事を書いたスタッフ ノジマ イオン西新井店 五十嵐 晶洋普段はノジマ イオン西新井店の通信・情報部門で携帯やイヤホンなどの販売をしております。株式会社ノジマは、関東を中心に200以上の店舗を展開している、東証一部上場の家電専門店です。...
別窓で開く


[ アメリカ合衆国 アメリカ ロシア ] の関連キーワード

instinct garmin ウクライナ power smash
オレゴン dual ロシア

<前へ123次へ>