本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



過熱するデュラントの“トレード狂騒曲”。「なぜKDとカイリーを手放してやり直すんだ?」と名物コメンテーターは放出に反対<DUNKSHOOT>
リーグに衝撃を与えたケビン・デュラントのトレード要求。はたしてブルックリン・ネッツは、希望通りに彼を他球団へ放出するのか、それともキープするのか。現役最高のスコアラーが動くとなれば、勢力図が一変することは間違いない。 この大ニュースについて、リーグOBや識者、ファンから様々な意見が飛び交っているが、...
別窓で開く

トレードの噂が浮上しているアービング。元得点王のレジェンドは実力を評価「カイリーは長期契約に値する」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは、FA交渉が解禁された現地時間6月30日(日本時間7月1日)を前に来季のプレーヤーオプション(3690万ドル)を行使し、形式的にはチームに残留する格好となった。 しかし、本人が望んでいたとされる長期契約を結ばなかったことでトレードの噂が浮上、さらにチームメ...
別窓で開く

「ラスは派閥を作り、KDは1人でいた」デュラントとウエストブルックの“溝”と内部事情を元同僚が明かす<DUNKSHOOT>
元NBA選手で、現在はアナリストとして活躍するケンドリック・パーキンスは、現役時代にケビン・ガーネットとポール・ピアース、ケビン・デュラント(現ブルックリン・ネッツ)、ラッセル・ウエストブルック(現ロサンゼルス・レイカーズ)、ジェームズ・ハーデン(現フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)、レブロン...
別窓で開く

「優勝争いはできるけど、俺たちは倒せない」レブロン&アービング再結成が噂されるレイカーズに王者グリーンが先制攻撃<DUNKSHOOT>
現地時間6月23日(日本時間24日、日付は以下同)に開催されたドラフトを終え、現在のNBAは7月のFA(フリーエージェント)戦線に向けてさまざまな噂が飛び交っている。 なかでも注目を集めているのは、カイリー・アービング(ブルックリン・ネッツ)の去就だろう。...
別窓で開く

デュラントがバークレーの“バスの乗客”発言を一蹴「どの選手よりも自分が優れていると感じてるよ」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントにとって、今季は不本意なシーズンとなった。 ビッグ3の一角カイリー・アービングは新型コロナウイルスに対するワクチン未接種問題によりわずか29試合の出場にとどまり、ジェームズ・ハーデンも2月のトレード・デッドライン当日にフィラデルフィア・セブンティシクサーズへ移...
別窓で開く

『マイ・ブロークン・マリコ』出演の奈緒、『君たちはまだ長いトンネルの中』出演の北川尚弥が所属するアービングが新人を募集 マンガ原作エンタメ特別オーディション2022開催
現在上演中のミュージカル『るろうに剣心 京都編』をはじめ今夏上演を控える舞台「呪術廻戦」、そして映画『極主夫道 ザ・シネマ』『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』『キングダム2 遥かなる大地へ』などなど、人気マンガを原作としたエンタメ作品が今年の夏も花盛り。...
別窓で開く

カリーが“GOAT”論争に入らないのはなぜ?元得点王が見解「チームの功績をどう評価するかが難しい」<DUNKSHOOT>
自身4回目のリーグ優勝を目指してNBAファイナルを戦っているゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー。レギュラーシーズンとプレーオフの通算3ポイント成功数でともに歴代トップに立つなど、“史上最高のシューター”と称されるその実力に疑いの余地はないが、ファイナルMVP...
別窓で開く

「酷い判断だった」オールNBAチームでアービングに投票したローズが悔恨。共演者も「オールGリーグチームにさえ入らない」と糾弾<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのオールNBAチームが現地時間5月24日(日本時間25日)に発表され、1st〜3rdチームまで、計15人の精鋭が選ばれた。NBAの発表では票数を獲得した全選手の内訳も明かされており、今季29試合しか出場していないカイリー・アービング(ブルックリン・ネッツ)に1ポイントが入ってい...
別窓で開く

「私はマイケルとだけプレーする」ピッペンが“冷戦状態”だった元相棒ジョーダンとの再共闘を希望<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、シカゴ・ブルズを2度の3連覇に導いた伝説的なデュオだが、過去2年は確執が浮き彫りとなって世間を騒がせていた。しかし、盟友に対して公然と口撃していたピッペンが、ジョーダンと“また組みたい”意向を示している。 1984年ドラフト1巡目...
別窓で開く

今季のレイカーズは「犠牲心がなかった」ピッペンが名門失墜の要因を分析<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAにおいて、ロサンゼルス・レイカーズは最も期待を裏切ったチームのひとつだった。レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードら、多くのビッグネームを擁する優勝候補筆頭がなぜプレーオフ進出すら果たせなかったの...
別窓で開く