本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



冬の移籍市場で主役となったチェルシー、なぜ驚異的な札束攻勢が可能なのか? その理由と今後の展開を英BBCが検証
欧州主要リーグの冬の移籍市場が幕を閉じたが、主役は8選手を加えるのに、3億ポンド(約480億円)以上を費やしたチェルシーであることに異論はないだろう。...
別窓で開く

「ミトマは対峙した全選手にとって危険」三笘薫が堂々ランクイン! 英老舗誌が今季のプレミアベストプレーヤー25人を発表!1位は怪物ハーランドではなく…
 英国の老舗サッカー専門誌『FourFourTwo』が1月27日、今シーズンのプレミアリーグが折り返しを迎えたタイミングで、ここまでのベストプレーヤー25人を発表した。 今季がプレミアのデビューシーズンとなるブライトンの三笘薫がなんと17位で選出されている。...
別窓で開く

注目の大一番…FAカップ4回戦のマンC対アーセナルを徹底プレビュー
プレミアリーグの“トップ2”がカップ戦で相まみえる。リーグ優勝の行方も左右しかねない注目のビッグマッチだ。それでは27日(日本時間の28日5時)に開催されるFAカップ4回戦の大一番「マンチェスター・C対アーセナル」をプレビューしよう。[写真]=Getty Images■近年はマンチェスター・Cが圧倒...
別窓で開く

両者負けられぬ“ノースロンドン・ダービー”…トッテナム、アーセナル、両軍の予想イレブンは?
キックオフが間近に迫ったトッテナムとアーセナルによる“ノースロンドン・ダービー”。両者にとって、最も重要な試合の予想スタメンを15日、イギリス紙『イブニングスタンダード』が報じている。 トッテナムは10勝3分5敗の勝ち点「33」で現在5位。FIFAワールドカップカタール2022に伴う中断期間が明けた...
別窓で開く

アーセナルが首位固めへ! ブライトンを下す…三笘薫は1得点、冨安健洋との対決で随所に輝き
プレミアリーグ第18節が12月31日に行われ、ブライトンとアーセナルが対戦した。 ブライトンは26日に行われた前節のサウサンプトン戦を3−1で勝利し、FIFAワールドカップカタール2022の中断期間が明けてから初のホーム戦を迎えた。2022年最後、そして再開後の“ホーム開幕戦”の相手はアーセナル。...
別窓で開く

鎌田大地、IFFHSの「最優秀プレーメーカー」にアジア人で唯一選出! 移籍市場では“有力候補”ドルトムント移籍が白紙に!?
昨季、フランクフルトにとって42年ぶりの欧州タイトルとなるヨーロッパリーグ制覇に大貢献した鎌田大地は、今季はボランチとして新境地を切り拓くとともに、持ち前の得点力に磨きがかかり、15節終了時点でチーム最多の7得点(ブンデスリーガ得点ランキング7位タイ)をマーク。チームの躍進(現在4位)の原動力となっ...
別窓で開く

ブレントフォードがファンにクリスマスプレゼント! フランク監督と27年夏まで契約延長
ブレントフォードが、トーマス・フランク監督との契約を2027年6月30日まで延長した。24日にクラブ公式サイトで発表した。 現在49歳のフランク監督は、ブレンビーなどの監督を経て、2016年12月にブレントフォードのアシスタントコーチに就任。2018年10月にディーン・スミス前監督の後任としてトップ...
別窓で開く

イングランド代表、サウスゲート辞任なら外国人監督の招へいも? ポチェやトゥヘルなどが候補に
イングランド代表は、現在代表チームを率いるガレス・サウスゲート監督が辞任した場合、外国人監督の招へいも検討しているようだ。13日、イギリス紙『イブニングスタンダード』が報じている。 現在、サウスゲート監督は2024年まで契約を結んでおり、FA(イングランド・サッカー協会)も続投を望んでいる。...
別窓で開く

”因縁”のウルグアイ撃破へ…ガーナ代表MFトーマスが意気込み「重要なのはチームとして…」
ガーナ代表MFトーマス・パルティ(アーセナル/イングランド)が、FIFAワールドカップカタール2022・グループH最終節(第3節)のウルグアイ代表戦に向けた意気込みを語った。12月1日、スペイン紙『アス』がコメントを伝えている。 初戦でポルトガル代表に2−3で敗れたものの、第2節では韓国代表との壮絶...
別窓で開く

ワールドカップ開幕前に思わぬ“落とし穴”…ガーナ代表、ユニフォーム一式を母国に忘れる?
FIFAワールドカップカタール2022に臨むガーナ代表が、思わぬアクシデントに遭遇したようだ。アルゼンチンメディア『TNT Sports』など、各国のメディアが伝えている。 アフリカ最終予選でナイジェリア代表を下したガーナ代表は、2大会ぶり4度目となるワールドカップの出場権を掴み取っていた。14日に...
別窓で開く



<前へ12345次へ>