本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



吉田麻也からは注文も…板倉滉が今季2度目の古巣対戦で示した存在感。“主将候補”には不敵な笑み【現地発】
 昨年末のカタール・ワールドカップ(W杯)では、負傷明けにもかかわらず、最終ラインの大黒柱の1人として、ドイツ・スペイン撃破の原動力となった板倉滉(ボルシアMG)。その反面、重要なラウンド16・クロアチア戦を出場停止で欠場。悔しさを味わう形にもなった。 あれから2か月。板倉は1月22日のレバークーゼ...
別窓で開く

リベンジorダブル? CL圏追走or首位追走? 注目の上位対決トッテナムvsマンCの先発を英紙予想
日本時間6日1時30分から開催される「トッテナムvsマンチェスター・C」、注目の上位対決。その一戦を前に、イギリス紙『イブニングスタンダード』が両チームの予想イレブンを報じている。 約2週間前にも「エティハド・スタジアム」で対戦している両軍。5位トッテナムは、敗れたその試合から1名の変更を予想。...
別窓で開く

ラッシュフォード、今季2度目のプレミア月間MVPを受賞!…監督賞は2カ月連続でアーセナル指揮官
プレミアリーグは3日、1月度の月間最優秀選手賞(MVP)、最優秀監督賞、ベストゴール賞を発表した。 月間MVPに輝いたのはマンチェスター・U所属のイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード。1月3日の第19節ボーンマス戦でダメ押し弾を決めると、13日の第20節マンチェスター・C戦では勝ち越しゴー...
別窓で開く

プレミア全体の移籍金総額は約1300億円…各クラブの冬の補強を10点満点で採点 〜トップ10編〜
今冬のプレミアリーグは物凄く熱かった。チェルシーが英国の移籍金記録を塗り替えるなど、多くのクラブが積極的な補強に乗り出した。リーグ全体で支払った移籍金の合計額は、冬の移籍市場としては過去最高の8億1500万ポンド(約1300億円)にも上るという。 それでは、どのクラブが補強に成功したのか。...
別窓で開く

 デロイトの「マネーリーグ」で16クラブがベスト30入りし、世界一リッチなリーグであることを証明したイングランド・プレミアリーグが、今冬の移籍市場を席巻。様々な史上最高額を記録した。 英BBCによると、まずは英国の移籍金史上最高額を打ち破ったチェルシーのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス獲得...
別窓で開く

冬の移籍市場で大モテ三笘薫はブライトン残留で大正解 狙うはゴール量産と来季年俸爆上がり
(リバプール戦でゴールを決めた三笘(C)ゲッティ=共同) 欧州サッカー界では移籍市場が「年に2回」オープンになる。 リーグ戦終了から翌季が開幕するまでの一定期間の「夏の移籍」と1月の「冬の移籍」である。 欧州5大リーグの英プレミア、ドイツ、スペイン、イタリア、フランスの移籍期間は「現地時間31日午後...
別窓で開く

ベジェリン、スポルティングに移籍! ポロの後釜としてフリー加入か
バルセロナのスペイン代表DFエクトル・ベジェリンが、スポルティングへ移籍することとなった。31日、両クラブが公式サイトで発表している。 現在27歳のベジェリンは、バルセロナとアーセナルの下部組織出身。2014年からアーセナルのトップチームでプレーし始めた。2021年夏にベティスへと期限付き移籍し、翌...
別窓で開く

マドリーは評価急騰の久保建英を買い戻すべきか——。スペインメディアの見解は?「再び最も有望な選手に」「ベンチに座らせるならバカげている。ウーデゴーのように…」
 現地スペインで話題となっているのが、レアル・ソシエダで躍動する久保建英のレアル・マドリー復帰だ。 1月29日に開催されたラ・リーガ第19節のマドリー戦(0−0)で、久保は先発フル出場。2019年から昨夏まで3年間に渡って契約を結んでいた古巣を相手に次々とチャンスを創り出した。...
別窓で開く

「驚異の812億円!」一体いくら使うの? チェルシーが移籍市場最終日にE・フェルナンデスを狙う
 冬の移籍マーケットが欧州時間1月31日に終了する。 今冬はここまで超大物の移籍こそないものの、それでもオランダ代表FWコディ・ガクポのリバプール行きやベルギー代表FWレアンドロ・トロサールのアーセナル加入など注目のディールは数多く生まれた。...
別窓で開く

「パフォーマンスの展覧会」三笘薫、FA杯レッズ撃破の美弾に世界中から賛辞!「ブライトンに彼を好きでない者などいるだろうか?」
FAカップ4回戦、ブライトンはリバプールを2-1で下したが、後半アディショナルタイムに見事なボレー弾で決勝点を奪った三笘薫に、多くの賛辞が寄せられている。...
別窓で開く


[ アーセナル スペイン ] の関連キーワード

フェルナンデス ブライトン フォード スペイン レッズ