本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「マーガリンが原因で離婚しそう」新婚アラサー男性の投稿に注目集まる
画像イメージ結婚して初めて他人と暮らし始めると、些細なことで価値観のぶつかり合いが起こるものだ。はてな匿名ダイアリーに1月下旬、「マーガリンが原因で離婚しそう」という投稿があり注目を集めた。投稿主は結婚して半年のアラサー男性。「年下の妻とマーガリンで言い争ってしまった」と書き出している。...
別窓で開く

6年過ぎてなぜ?「フリード」がミニバン1位になったワケ そもそも競合がシエンタだけなのは
ホンダ「フリード」が2022年ミニバン年間販売台数1位になりました。ライバル「シエンタ」を差し置いて現行モデル6年目にして初めて掴んだ栄冠ですが、なぜいま、1位になったのでしょうか。追随許さず? 「シエンタ」差し置いて売れた「フリード」 2022年の新車販売台数において、ホンダの「フリード」が3列シ...
別窓で開く

「ノア/ヴォクシー」にはじまり、「クラウン」「シエンタ」と、ビッグネームのフルモデルチェンジを続々と発表してきた、2022年のトヨタ。その大トリを努めたのが、11月16日にワールドプレミアされた5代目「プリウス」だった。しかし、このときはあくまでも世界初公開で、発表されたのはデザインやメカニズムのみ...
別窓で開く

須磨一の谷に地域バス「はまちどり」運行へ 崖下の交通空白地帯 神戸市
1月末までは無料で乗車できます。急斜面の住宅街と駅をむすぶ 神戸市は1月20日(金)から、須磨区西須磨エリアでミニバンを用いたコミュニティ交通「はまちどり」を運行開始します。 運行エリアは、山陽電鉄の月見山〜須磨寺〜山陽須磨〜須磨浦公園沿線に点在する住宅地。...
別窓で開く

33年間の天下を奪った「ホンダ」 2023新成人が生まれた頃に話題だったクルマ5選
新成人の皆さん、おめでとうございます。成人式を迎える人が生まれた2002年4月から2003年4月頃、クルマ市場は歴史的な転換点を迎えていました。20年前に起こったホンダの歴史的快挙 新成人の皆さん、おめでとうございます。成人式を迎える人が生まれた2002年4月から2003年4月頃は、どのようなクルマ...
別窓で開く

箱根駅伝の話題をさらう「新型プリウス」 現地でも目立ちまくり!
お正月の風物詩、箱根駅伝では、毎年トヨタが話題の新型車を含めた車両を提供しています。今回の一番の話題は「新型プリウス」です。新型プリウスがトレンドに 2023年も正月の風物詩、「箱根駅伝」(東京箱根間往復大学駅伝競走)が1月2日に往路、3日に復路の日程で開催されています。...
別窓で開く

踊り場にある日本の電動化……歴史ある車種の刷新から
「報道部畑中デスクの独り言」(第309回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、歴史ある車種の刷新について—新型プリウス クーペルックなデザインに一新された前回の小欄では、日本の自動車業界の1年を振り返りました。特に電動化、とりわけEV(電気自動車)化はいまだ踊り場にある...
別窓で開く

ミニバンの絶対王者が6年ぶりにリニューアル! 日産6代目「セレナ」の実力を試す!!
神奈川県横須賀市にある日産のテストコース「グランドライブ」で報道陣向けの試乗会が行なわれた。走りの実力は!?11月28日、日産自慢のミニバンであるセレナが6年ぶりにフルチェン。大ヒットした先代からバトンを受け継いだ新型はどこが磨かれたのか? 6代目の開発責任者や専門家に話を聞き、その魅力に迫った。...
別窓で開く

ファミリー層を中心に、根強い人気を誇るミドルサイズクラスのミニバンが日産「セレナ」とトヨタ「ノア&ヴォクシー」。長年シェア争いを繰り広げるライバル同士だが、2022年11月28日、セレナの6代目となる新型が発表され大きな話題となっている。新型は、新開発の1.4L・3気筒エンジンを採用した最新のハイブ...
別窓で開く

日産自動車のミニバン「セレナ」の新型が発表された。発売は2023年のはじめとのことだが、今年はライバルのトヨタ「ノア/ヴォクシー」、ホンダ「ステップワゴン」もモデルチェンジしており、このクラスのミニバンが揃って新型に切り替わったことになる。新開発エンジンを用いたシリーズ式ハイブリッドe-POWER、...
別窓で開く


[ ヴォクシ ] の関連キーワード

フリード 一の谷 ちどり ホンダ

<前へ123456次へ>