本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ホンダのミドルサイズミニバン、新型「ステップワゴン」が2022年5月27日に発売される。1996年に登場した初代モデル以来、子育て世代などファミリー層を中心に根強い支持を受けてきたロングセラーモデルの6代目。室内の快適性や使い勝手のよさ、女性など幅広いドライバー層に対応する運転のしやすさなど、ミニバ...
別窓で開く

ミニバンブームに風穴を開ける(はずだった)前席3人掛けの乗用車3選
乗用車のシートレイアウトは、軽自動車や3列シートのミニバンなどを除けば、フロント2名、リア3名という配列がほとんど。ところがフロントもリアも3名という「3×2レイアウト」を採用したクルマもあったんです。「え、ヒジ掛けは? シフトレバーは? どんな配置になってんの?」と気になる方もいらっしゃるでしょう...
別窓で開く

「兄弟車」まだ必要? ノア/ヴォクシーはなぜ残ったか “中身同じで別車種”戦略の意義
トヨタ「ノア/ヴォクシー」のように、中身は同じで外側だけ変えて別車種にする「兄弟車」が数を減らしています。昔は3兄弟もありましたが、もはや別車種を用意する理由が希薄に。そのなかでなぜ「ノア/ヴォク」は残ったのでしょうか。絶滅近い、“一部の”兄弟車 クルマには“兄弟車”という関係が存在します。...
別窓で開く

トヨタの人気中古車3選!「アルファード」「プリウス」「ヴォクシー」特徴と人気のワケを解説!
− トヨタの人気中古車3種の特徴とは −世界有数の自動車会社として誰でも知られているトヨタ自動車。日本国内の新車販売台数はトップクラスの販売台数で有名ですが、中古車に関しても数多くの人気車種が存在します。今回はトヨタの中古車の中でも、大手中古車情報サイトの人気ランキングで上位に入っているモデルを3台...
別窓で開く

■使い勝手の大幅な進化トヨタ新型ノア 新型はすべてを一新した新世代である。まず、車種体系が整理された、ノアはエアロ系と標準系、ヴォクシーはエアロ系のみとされ、エスクァイアは廃止となった。これは2020年5月からディーラーごとの専売制から全車種併売とされた販売システムに対応した変更である。ノアとヴォク...
別窓で開く

今年1月にフルモデルチェンジを果たし、4代目に進化したトヨタの大人気ミニバンである「ノア」と「ヴォクシー」。トヨタディーラーで全車種取り扱いがスタートしたこともあってか、先代まで存在していた「エスクァイア」は消滅してしまったが、ノアとヴォクシーはそれぞれ生き残ることとなった。発表するや否や注文が殺到...
別窓で開く

車中泊の大敵「段差」は極厚マット+三角マットで解消せよ!
車中泊というと朝一番から釣りやサーフィン、スキーを楽しむために深夜に出発し、駐車場で数時間の仮眠をとるイメージでしたが、河合桂馬さんがいち早く“バンライフ”という楽しみ方を日本で紹介して以降、テントの代わりに車内を寝室やリビングにするキャンパーの姿が激増しています。...
別窓で開く

カーライフが充実!新作カー用品 安くて良いモノ22選
春のカーライフが充実するアイテムをカー用品のプロが厳選。高額品=価値があるものではなく、値段以上に価値があるモノ=安くて良いモノとして紹介します。購入してから後悔しない、イザというときに役立つ逸品をそろえてみました!*  *  *【カーナビ】1. 地図も映像もキレイで見やすい!カロッツェリア「楽ナビ...
別窓で開く

—[道路交通ジャーナリスト清水草一]— ◆巨大化が止まらない、BMWのグリルはあり? これはドイツのアルファードだ!『走れメロス』では、邪智暴虐の王にメロスは激怒しましたが、守旧派カーマニアは巨大化するBMWのアイコン・キドニーグリルに激怒(悲しんでいる説も)。しかも同じEV(電気自動車)でもグリル...
別窓で開く

■トヨタ・ノア/ヴォクシーがフルモデルチェンジ トヨタ・ノア/ヴォクシーが4thモデルにフルモデルチェンジした。いまやミニバンは、日本のスタンダードカー。とりわけMクラスと呼ばれるカテゴリーは“ファミリーカーの花形”だ。トヨタ/日産/ホンダによる熾烈な販売競争が繰り広げられる中、シェアトップのノア&...
別窓で開く


[ ヴォクシ ] の関連キーワード

アルファード プリウス bmw トヨタ

<前へ1234次へ>