本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日産「キックス」充電のいらない電気自動車!e-POWERの燃費は?ライバルSUV3モデルとの違い
− キックスとライバルSUV3モデルの燃費を徹底比較! −日産 キックスは日産自動車が製造しているSUV。2016年に南米のブラジルで発売が開始され、その後は中国、アメリカの順で発売され、ワールドワイドで販売されているSUVです。...
別窓で開く

30車種以上で泊まったライターが選ぶ車中泊向きのクルマ10選
近年、旅のスタイルのひとつとして、またキャンプのようなアウトドアアクティビティとして地位を確立しつつある車中泊。最近は、クルマを買い換える際に車中泊ができるかどうかを選択の基準にするユーザーも増えているようです。では、どんな車種が車中泊しやすいのか? これまで取材やプライベートで30台以上の車種で車...
別窓で開く

激変した2代目「ヴェゼル」、ホンダがZ世代に向けたクルマ作りで見せた本気 初代の固定観念を崩した室内レイアウト、操縦性の真価を長距離試乗で体感
(井元康一郎:自動車ジャーナリスト)ヴェゼルでターゲットにした「ジェネレーションC」とは? 近年、マーケティングでよく使われるキーワードにZ世代というものがある。1990年代半ば以降に生まれ、生まれた時から情報端末が身近に存在した世代のことだ。 自動車業界では商品づくりから販売方法まで、このZ世代を...
別窓で開く

ホンダ新型「HR-V」詳細発表 シビックベースのSUVが日本にも来る! エアバッグに新機軸
走りと「操る喜び」を両立。新仕様のエアバッグ ホンダのアメリカ法人、アメリカン・ホンダモーターは2022年6月7日、新型SUV「HR-V」を発表しました。 HR-Vは1998(平成10)年から2005(平成17)年まで生産されたSUVの名称で、「ヴェゼル」の国外車名として使われています。このたび北米...
別窓で開く

ホンダヴェゼルが超人気!その理由とは?他のSUVと一味違うポイントやハイブリッドシステム「e:HEV」も解説
− ホンダヴェゼルの特徴とは −ホンダ製SUVの中でも、ヴェゼルは同社が製造するミドルサイズSUV「CR-V」に次ぐ世界戦略車として知られています。2021年に現行型である2代目が登場し、日本国内では発売から約1ヵ月後に月間販売計画の5000台の6倍以上である3万2000台以上の受注を得たことで知ら...
別窓で開く

5月19日、ホンダが「新型SUVデザインストーリー」というサイトを公開した。内容は、新型モデルのデザインができるまでの解説だ。その新型SUVの名前は「ZR-V」だという。一体このZR-V、どのようなクルマなのだろうか?端的に言えば、コンパクトSUVの「ヴェゼル」とミドルクラスSUV「CR-V」の間を...
別窓で開く

ホンダ、新型ステップワゴン発売 見た目以外の進化は
 本田技研工業は27日、フラッグシップミニバンの新型「STEP WGN(ステップワゴン)」を発売した。グランドコンセプトは「#素敵な暮らし」。シンプル&クリーンなデザインが特徴の「ステップワゴン エアー」と、ワイドグリルを採用して重厚感と力強さを表現した「ステップワゴン スパーダ」の2種類を設定した...
別窓で開く

「ウチは普通の車だから大丈夫」が落とし穴に…!? 自動車窃盗団のヤバすぎる手口を解剖する〈盗難が多い車種・都道府県は?〉
 ある朝起きてみると、車庫から愛車が忽然と消えている——日本に暮らしていると、「車の盗難」はどこか別の世界の話のように聞こえるかもしれない。 警察庁の発表によれば、2021年の自動車盗難認知件数は5182件。年々減少傾向にあるとはいえ、1日あたり14台もの車両が盗まれていることになる。車を盗まれるリ...
別窓で開く

ホンダ「ヴェゼル」は、3ナンバーのSUV(スポーツ多目的車)とはいえ、5ナンバー車格に近い寸法で、国内で利用するのに適した1台として人気を得た。初代は、この車格のSUVとして先駆的な存在であり、2013年12月の発売以降、2014年から2016年まで3年連続で1〜12月の年間でSUV新車登録1位の販...
別窓で開く

納期が早い!  リセールも高い!  "お得新車"5選
新車が深刻な品薄状態で納車1年待ちもザラ。そんななかで、早く買えて、しかもお得なクルマはないものか? そこで、自動車専門誌の元編集長で、カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が足で稼いだ情報を一挙大放出!■半導体以外のパーツも全然ない——4月は新生活がスタートするため、毎年、クルマの購入を検討する人...
別窓で開く


[ ヴェゼル ] の関連キーワード

シビック suv ホンダ hev

<前へ1234567次へ>