本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「どこに行ってもキョウゴと契約していた」ポステコグルー監督が日本人選手を語る!古橋亨梧は「毎日が楽しくて仕方がない」
 古橋亨梧、前田大然、旗手怜央、井手口陽介が所属するセルティックが10月5日、日本人選手をフィーチャーした動画を公開した。 同クラブでは2005年から09年まで中村俊輔(現・横浜FC)がプレー。魔法の左足と称された正確無比なキックを武器に、チャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦...
別窓で開く

メッシorロナウド…セルティック女子選手の答えはまさかの「キョーゴ!」 斜め上を行く発言にチームメイトは大爆笑
 古橋亨梧の人気が凄まじい。 セルティックの日本語版公式ツイッターが10月4日、1本の動画を公開した。クラブの女子チームの選手たちが、ちょっとした質問に答えるというものだ。 各々袋の中から1枚の紙を引き、そこに書かれた問いに対応するなか、中国人DFシェン・メンルーに与えられたお題は「あなたが会いたい...
別窓で開く

山口のDF渡部博文が今季限りで現役引退…柏、栃木、仙台、神戸でも活躍
レノファ山口FCは4日、DF渡部博文が2022シーズンをもって現役を引退するとクラブ公式サイトで発表した。23日の明治安田生命J2リーグ第42節ジェフユナイテッド千葉戦後に引退セレモニーが予定されている。 現在35歳の渡部は、山形中央高校、専修大学を経て、2010年に柏レイソルに加入。2011シーズ...
別窓で開く

平畠啓史チョイス“至極の11人”| 横浜に命を吹き込む渡辺は最高のMFだ。大迫は出場1試合で圧倒的インパクト【J1月間ベストイレブン・9月】
 芸能界屈指のサッカー通で、J1からJ3まで幅広く試合を観戦。Jリーグウォッチャーとしておなじみの平畠啓史氏がセレクトする「J1月間ベストイレブン」。9月の栄えある11人はどんな顔ぶれになったか。MVPには、横浜F・マリノスのMF渡辺皓太が選出された。——◆——◆—— GKは湘南ベルマーレの谷晃生。...
別窓で開く

森島寛晃は相棒・西澤明訓と終始無言で移動。優勝チームからの「ありがとう」の言葉に何も返せなかった
私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第20回最終節に首位から陥落した悲劇の裏側〜森島寛晃(1) セレッソ大阪において、ルヴァン杯、天皇杯のタイトル獲得は輝かしい歴史の一部だ。その一方でリーグ戦は2度、優勝に手をかけたが、いずれも最後に擦り落ちていった。...
別窓で開く

70代から楽しく元気に生きる「推し活」のススメ 高齢者施設でJリーグを応援する“効果”
(みんなで応援(提供写真))「推し活」で元気に! 高齢者施設で過ごす70代、80代、90代がプロサッカー選手に目を輝かせている。試合のある日は施設のホールなどに人が集まり一丸となってチームを応援。笑顔あふれる高齢者たちは何とも楽しそうだ。  ◇  ◇  ◇ ゴール! 大型テレビの映像に大興奮。手作り...
別窓で開く

海外のビッグクラブと世界大会で激闘!多様化する日本のジュニアサッカーの未来
10月1日に放送されたサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:25〜)は、日本サッカーにおけるジュニア世代の“今”を特集。8月に行われた世界大会を振り返りながら、ジュニアチームの育成について、MCの勝村政信や解説の坪井慶介らがトークを繰り広げた。...
別窓で開く

最も怪我に悩まされた選手は誰だ? 2位にロッベン、8位に怪物ロナウド!6位は昨季までJリーグでプレー
 英メディア『GIVE ME SPORT』が10月1日、米国の掲示板型ニュースサイト『Reddit』にアップされたデータを基に、「近代サッカー史上最も怪我をした選手」をランキング形式で発表した。 不名誉な1位となってしまったのは、アブ・ディアビだ。2019年に32歳でユニホームを脱いだ元フランス代表...
別窓で開く

横浜FMが完勝、敗戦の川崎Fと勝ち点差「8」に…最速で次節に優勝決定/J1第31節
明治安田生命J1リーグ第31節の8試合が1日に行われた。 首位横浜F・マリノスは水沼宏太の2ゴールなど4点を奪い、名古屋グランパスに完封勝利。勝ち点を「62」に伸ばした。一方、2位川崎フロンターレは北海道コンサドーレ札幌とのシーソーゲームを3−4で落とし、川崎Fの勝ち点「54」は変わらず。両者は残り...
別窓で開く

神戸が小林祐のJ復帰後初ゴールを守り切って1−0で“同勝点マッチ”を制す! 福岡はゴールが遠く…
 Jリーグは10月1日、J1第31節の8試合を各地で開催。ベスト電器スタジアムではアビスパ福岡対ヴィッセル神戸が行なわれ、1−0で後者が勝利した。 ルヴァンカップ準々決勝を含め今季4試合目となった対決で、立ち上がりに流れを掴んだのは神戸。ボールを握り、押し込む展開を作った。8分には大迫勇也が決定機を...
別窓で開く