本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



重病に倒れたモーニングを支えたハーダウェイ。兄弟愛にも似た熱い友情を築いた2人【NBAデュオ列伝|後編】<DUNKSHOOT>
■天敵ニックスと血で血を洗う激しい肉弾バトルを展開 ヒートのハーダウェイ獲得の成果は、早くもライリー就任2年目の96−97シーズンに現われた。球団記録の61勝でアトランティック・ディビジョンを制覇。プレーオフでもオーランド・マジックとニューヨーク・ニックスを撃破し、カンファレンス決勝で王者シカゴ・ブ...
別窓で開く

「エリート」のユーイングと「落ちこぼれ」のスタークス。対照的なふたりがニックスを強豪に押し上げるまで【NBAデュオ列伝・前編】
新型コロナウイルスの蔓延でスケジュールが大幅に変わったため、今季のNBAドラフトは例年の6月ではなく、11月の開催となった。NBAのドラフトでは単純に成績の悪かった順に指名するのではなく、抽選の要素を盛り込んだロッタリー制度を採用しており、1985年以降は多少の修正を加えながら、ずっとこの方式を継続...
別窓で開く

【NBA名脇役列伝・前編】“ガーネットの人生”を変えた男、マリーク・シーリー。ルーキーイヤーでの珍事件とは
マリーク・シーリーがこの世を去ってから20年の月日が流れた。彼は殿堂入りするようなスーパースターではなかったが、カリスマ性に溢れ、誰からも一目置かれる存在だった。多くの人に愛された男の、知られざるストーリーをお届けしよう。    ◆    ◆    ◆ マリーク・シーリーという選手を覚えている人が、...
別窓で開く

ブルズを追われるも、新天地ニックスで絶大な支持を獲得。昔気質のブルーワーカー、チャールズ・オークリー【NBA名脇役列伝・後編】
1980年代のNBAでは、今よりもはるかに激しい肉弾戦が展開されていた。そんななかでも強さが際立っていたのが、チャールズ・オークリーだ。シカゴ・ブルズのマイケル・ジョーダンやニューヨーク・ニックスのパトリック・ユーイングなど、スター選手の文字通り“用心棒”として活躍したビッグ...
別窓で開く


<前へ1次へ>