本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アメリカ上空に飛来の偵察気球、中国政府「民間の研究用が風の影響で航路を外れた」
 【ワシントン=田島大志】米国防総省高官は2日、中国のものとみられる偵察用気球が米領空を飛行しているのを確認したと明らかにした。軍事的な機密情報を収集する狙いとみている。バイデン大統領に報告され、モンタナ州上空での撃墜も一時検討されたが、破片の落下を恐れて見送られた。中国政府は、民間の科学研究用だと...
別窓で開く

 【ワシントン時事】米労働省が3日発表した1月の雇用統計(季節調整済み)によると、失業率は3.4%と前月から0.1ポイント低下し、1969年5月以来53年8カ月ぶりの低水準となった。景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数は前月から51万7000人増加。市場予想(18万5000人増)を大幅に上回...
別窓で開く

米雇用統計、市場予想を大幅に上回る…失業率3・4%と54年ぶりの低水準
 【ワシントン=田中宏幸】米労働省が3日発表した1月の雇用統計(季節調整済み)で、失業率は前月より0・1ポイント改善して3・4%となり、1969年5月以来、約54年ぶりの低水準となった。強い雇用情勢が改めて示された。 景気動向を反映する非農業部門の就業者数は前月比51・7万人増で、昨年12月(改定後...
別窓で開く

「習主席が2027年までに台湾侵攻の準備を指示」との情報把握 米CIA長官
中国による台湾侵攻の可能性をめぐり、CIA=アメリカ中央情報局のバーンズ長官は、習近平国家主席が軍に対して2027年までに侵攻の準備を整えるよう指示したとの情報を把握していると明らかにしました。...
別窓で開く

偵察気球、米中の新たな火種に=核ミサイル基地の情報収集か
 【ワシントン時事】米国防総省は2日、中国の偵察気球が米本土上空を飛行しており、これを監視・追跡していると発表した。ブリンケン米国務長官が5日から訪中する見通しの中、両国の新たな火種となる可能性がある。 米政府高官によると、偵察気球は数日前に米領空に入り、2日時点で西部モンタナ州の上空に到達。...
別窓で開く

米との協定「近く延長」=日本の処理水放出、改めて支持—ミクロネシア大統領
 来日しているミクロネシア連邦のパニュエロ大統領は3日、東京都内の日本記者クラブで会見し、米国との経済、安全保障に関する協定「自由連合協定(コンパクト)」が近く更新され、さらに20年間延長されるとの見通しを示した。 パニュエロ氏は来日前に訪れたワシントンでコンパクトの更新について米国側と協議したこと...
別窓で開く

■岸田首相は始終ニコニコ顔だったが…日本と米国が、「日・米宇宙協力に関する枠組協定」を結んだ。協定には、米国が主導する有人月探査「アルテミス計画」など、日本と米国の宇宙協力をスムーズに進めるためのさまざまな取り決めが盛り込まれた。宇宙での覇権を目指す中国への牽制になるとの期待が込められているが、これ...
別窓で開く

ニューヨーク市議会、「“旧正月の連邦公休日”を求める決議案」を採択
「旧正月を米国の連邦公休日に定める」ことを求める決議案が2日(現地時間)、ニューヨーク市議会で採択された。サンドラ・ファン市議会議員が発議したこの決議案は、グレース・メン連邦下院議員が先月20日に下院で発議した「旧正月を連邦公休日に定める法案」を支持する内容である。...
別窓で開く

中国の台湾侵攻準備に警鐘=ウクライナ戦況、あと半年が重要—米CIA長官
 【ワシントン時事】米中央情報局(CIA)のバーンズ長官は2日、ワシントンのジョージタウン大で講演し、中国の習近平国家主席が台湾侵攻の準備を指示したとして、「習氏の台湾に対する真剣さと野心を裏付けている」と警鐘を鳴らした。また、ウクライナに侵攻したロシア軍の攻撃が最近激化していることを踏まえ、「今後...
別窓で開く

IOCのロシア選手容認、米国が条件つける…「国家を代表せず」「国旗や国歌は禁止」
 【ワシントン=淵上隆悠】米国のカリーヌ・ジャンピエール大統領報道官は2日の記者会見で、国際オリンピック委員会(IOC)がロシアとベラルーシの選手について「中立選手」として国際大会への参加を容認する方針を示したことを巡り、「参加を認めるならば、選手たちが国家を代表していないことを絶対的に明らかにすべ...
別窓で開く


[ ワシントン ] の関連キーワード

ミクロネシア ニューヨーク ウクライナ アメリカ ioc
cia ロシア