本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『ワンパンマン』新章で原作ルートに復帰!?「ガロウ編」との矛盾に心配の声も…
『ワンパンマン』26巻(原作:ONE、漫画:村田雄介/集英社)『となりのヤングジャンプ』で連載中の村田雄介版『ワンパンマン』。9月22日に更新された第216話では、ついに新章がスタートした。今回のエピソードは原作にあたるONE版を忠実になぞっており、ファンからは歓喜の声が続出しているようだ。...
別窓で開く

日本アニメの「最強師匠ランキング」、なぜあのキャラが入っていないのか—香港メディア
日本で行われたアニメに関するネットアンケートについて、香港メディアの香港01は23日付の記事で「なぜあのキャラが入っていないのか」と不満を示した。...
別窓で開く

アニメ『ワンパンマン』第3期は爆死確定? 原作ファンたちが不安を抱く2つの爆弾
『ワンパンマン』26巻(原作:ONE、漫画:村田雄介/集英社)『となりのヤングジャンプ』にて連載されている人気漫画『ワンパンマン』が、ふたたびアニメ化されることに決定。ファンにとっては喜ばしいニュースだったはずだが、なぜか不安を吐露する声が数多く上がっている。...
別窓で開く

『ワンパンマン』アニメ第3期制作開始 サイタマ&ガロウが並び立つビジュアル公開
アニメ『ワンパンマン』第3期制作の始動が決まり、サイタマとガロウが背中合わせに立つ新ティザービジュアルも公開された。 原作は、ONE(原作)と村田雄介(漫画)による、あらゆる敵を一撃で倒す“平熱系最強ヒーロー”サイタマの活躍を描いた漫画作品。現在はWEBコミックサイト「となりのヤングジャンプ」(集英...
別窓で開く

ガロウ編エピローグに賛否!『ワンパンマン』215話に違和感を抱く原作ファン
『ワンパンマン』26巻(原作:ONE、漫画:村田雄介/集英社)『となりのヤングジャンプ』で連載中の村田雄介版『ワンパンマン』。8月18日に更新された第215話は、「ガロウ編」のエピローグが描かれた。すべてが丸く収まった大団円に多くのファンは満足する一方で、ガロウの“キャラクター崩壊”を指摘する声も上...
別窓で開く

『ワンパンマン』214話ガロウ編ついに完結へ! 7年を費やした大団円に賛否…
『ワンパンマン』26巻(原作:ONE、漫画:村田雄介/集英社)『となりのヤングジャンプ』で連載中の村田雄介版『ワンパンマン』。8月4日に更新された第214話では、サイタマとガロウの戦いがようやく決着することとなった。あまりに壮大なスケールで描かれた物語だったが、最後まで原作改変の是非をめぐる議論が飛...
別窓で開く

サイタマが時間を逆光!『ワンパンマン』213話のトンデモSF展開に評価真っ二つ
『ワンパンマン』26巻(原作:ONE、漫画:村田雄介/集英社)『となりのヤングジャンプ』で連載中の村田雄介版『ワンパンマン』。7月21日に更新された第213話では、これまでの戦いを覆すような衝撃展開が描かれた。完全に原作の面影すらなくなってしまったことで、ファンからは賛否両論の声が上がっているようだ...
別窓で開く

アニメ「ワンパンマン」1期と2期が7月23日からABEMAにて配信開始
 「ABEMA」にて、人気のTVアニメ「ワンパンマン」第1期と第2期の配信が決定。第1期、第2期ともに、7月23日午前0時より配信が開始されます。 アニメ「ワンパンマン」は、集英社「となりのヤングジャンプ」で連載中の、原作・ONE、漫画・村田雄介による同名の漫画作品が原作です。...
別窓で開く

漫画家・村田雄介の“政治的ツイート”が炎上! アメコミファンからもバッシング
漫画家・村田雄介の“政治的ツイート”が炎上! アメコミファンからもバッシング (C)PIXTA『アイシールド21』や『ワンパンマン』の作画担当として知られる人気漫画家の村田雄介が、思わぬ理由によって批判を浴びている。そのきっかけは、ツイッター上で語った本人の“政治スタンス”にあるようだが、なぜ人々の...
別窓で開く

なぜ『ONE PIECE』の戦闘描写はダサくなったのか…『ドラゴンボール』に勝てないワケ
『ONE PIECE』102巻(尾田栄一郎/集英社)壮大な世界観とド迫力のバトルシーンによって、少年たちを夢中にしてきた漫画『ONE PIECE』。しかし物語の大きな区切りとなった「新世界編」突入以来、“名バトル”がほとんど存在しないという意見も多い。なぜ読者に不満が溜まっているのだろうか。...
別窓で開く


<前へ12次へ>