本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『世界一受けたい授業』のアニメランキングにオタク激怒「“浅い”よな」
(C)Krakenimages.com / Shutterstock11月19日放送の『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)は、日本が世界に誇るアニメ文化について特集。しかし、アニメに関するランキングなどが杜撰だったようで、アニメオタクから怒りの声が続出してしまったようだ。...
別窓で開く

BLEACH新アニメで護廷十三隊の無能感が希薄に…今週の漫画・アニメニュースランキング
『BLEACH -ブリーチ-』74巻(久保帯人/集英社)漫画・アニメ界隈は、今週もさまざまなトピックで世間を賑わせました。旬の話題をお届けする『まいじつエンタ』で、今週もっとも話題となった漫画・アニメニュースをご紹介します(11/10配信まで)。...
別窓で開く

「シャンクス2人いる説」ガセ確定!?『ONE PIECE』104巻で問題のシーンを修正
『ONE PIECE』104巻(尾田栄一郎/集英社)無数の伏線が張り巡らされていることでお馴染み、人気漫画『ONE PIECE』。11月4日に同作のコミックス104巻が発売されたのだが、そこで連載版からとある部分への修正が加えられていた。結果として、シャンクスにまつわる考察に大きな影響が…。...
別窓で開く

『東京卍リベンジャーズ』はギャグ漫画だった? 最終回目前でまさかのトンデモ展開
『東京卍リベンジャーズ』はギャグ漫画だった? 最終回目前でまさかのトンデモ展開 (C)PIXTAかつて一世を風靡したタイムリープもの漫画『東京卍リベンジャーズ』が、次号でいよいよ完結。しかし11月9日発売の『週刊少年マガジン』50号に掲載された第277話『At last』で、まるで打ち切りのようなト...
別窓で開く

ジャンプ+『ホロライブ』漫画が人気急落!?「内輪ネタ」に厳しい目線も…
ジャンプ+『ホロライブ』漫画が人気急落!?「内輪ネタ」に厳しい目線も… (C)PIXTA『少年ジャンプ+』で連載が始まり、賛否が大きく分かれているVTuberグループ『ホロライブ』の漫画作品。11月8日に公開された第2話では、それが数字に反映されてしまったようだ。VTuber界隈の“覇権”でも、漫画...
別窓で開く

「ゴムゴムのロケット」は伏線!? ルフィに刻まれた900年前の記憶
『ONE PIECE』104巻(尾田栄一郎/集英社)『ONE PIECE』の世界観が、ここにきてひっくり返るかもしれない。11月7日発売の『週刊少年ジャンプ』49号に掲載された第1065話『6人のベガパンク』では、「血統因子」をめぐる新情報が明かされ、考察が新たなフェイズに突入した。...
別窓で開く

ジャンプ『ONE PIECE』巻頭カラーで致命的ミス? ベン・ベックマンが別人に…
『ONE PIECE』104巻(尾田栄一郎/集英社)長期連載の過程で、数多くのキャラクターを生み出してきた漫画『ONE PIECE』。その中には読者が存在を忘れかけている登場人物も少なくないが、どうやら作者・尾田栄一郎にも同じ現象が起きたらしい。11月7日発売の『週刊少年ジャンプ』49号で、悲劇が起...
別窓で開く

『SLAM DUNK』『チェンソーマン』でCGに拒絶反応!? アニメファンの手描き信仰
『SLAM DUNK』『チェンソーマン』でCGに拒絶反応!? アニメファンの手描き信仰 (C)PIXTAアニメの表現手法を、かなり大まかに分けると「手描き」と「CG」の2種類が存在する。ところがアニメファンの間ではいまだ手描き信仰が根付いており、CGが“邪道”扱いされる風潮も。...
別窓で開く

『ヒロアカ』372話で最大最後の曇らせ? 救いのない展開に「もう見てられない」
『僕のヒーローアカデミア』36巻(堀越耕平/集英社)11月7日発売の『週刊少年ジャンプ』49号に、『僕のヒーローアカデミア』の最新話が掲載された。「ヴィラン連合」の1人として登場するスピナーに脚光が当たるエピソードとなったが、あまりに悲惨すぎる扱いに同情が集まっている。...
別窓で開く

マキマ声優が男性声優と急接近…嫉妬の悪魔と化すファン「チェンソーマン嫌いになりました」
マキマ声優が男性声優と急接近…嫉妬の悪魔と化すファン「チェンソーマン嫌いになりました」 (C)PIXTA女性声優はオタクコンテンツの華とも言える存在だが、その代償として“純潔”を求めるファンは未だに多い。現在大ブレイク中の楠木ともりは、アニメ『チェンソーマン』での共演をきっかけとして、若手男性声優・...
別窓で開く


<前へ12次へ>