本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【消えた逸材】パリSGの最年少ゴール記録を持ち、17歳で日韓W杯に出場した早熟の天才。37歳の現在はインドでレジェンドに!
バーソロミュー・オグベチェ(FW/元ナイジェリア代表)■生年月日/1984年10月1日■身長・体重/177センチ・78キロ  ヨーロッパの表舞台からは消えてしまったかもしれない。しかし、サッカーの世界から消えたわけではない。インドでは歴史に名を残すレジェンドだ。...
別窓で開く

30歳で早すぎる引退…ウィルシャーという素晴らしい逸材の記憶をここに【英国人記者コラム】
 少し前になるが、ジャック・ウィルシャーが現役を引退した。30歳。早すぎる終わりだった。  ウィルシャーという素晴らしいプレーヤーの記憶を、ここに残しておきたい。  1992年生まれのウィルシャーは、次代を担うタレントとして大きな注目と期待を集めた逸材だった。同時期に頭角を現わした同い年の...
別窓で開く

「ポリシー違反」イタリア人のサッカー代表監督が性的いやがらせの疑いで職務停止に
 MFA(マルタサッカー協会)は27日、マルタ代表を率いるデビス・マンジャ監督の一時的な職務停止処分を発表した。同日夜に行なわれたイスラエルとの親善試合ではアシスタントコーチのダビデ・マッツォッタ氏が代行監督を務め、2−1の逆転勝利を飾っている。...
別窓で開く

「PSGは失敗を続けている」「中村俊輔を獲得してほしいと頼んだのは私なんだ」パリを離れたポチェティーノが本音や真相を激白!【直撃インタビュー】
 7月にパリ・サンジェルマンの監督を退任したマウリシオ・ポチェティーノのインタビューだ。  旧知の記者が引き出したのは、難易度の高い任務に当たってきた指揮官の本音。フランスの名門を率いる苦悩や葛藤、リオネル・メッシを指導できた喜び、レアル・マドリーに逆転負けを喫した試合のジャッジへの不満な...
別窓で開く

アグエロとも交際したモデル兼インフルエンサー!プロサッカー選手を父に持つ、マハレズの妻テイラーさんとは——【“WAGs”pedia】
 フットボーラーの気になるパートナーの素性を紹介するのが『ワールドサッカーダイジェスト』誌で好評連載中の「“WAGs”pedia」だ。38回目は、リャド・マハレズ(マンチェスター・シティ/アルジェリア代表)の妻、テイラー・ウォードさんを紹介。...
別窓で開く

「今までになかった形を見せてくれた」元日本代表の巻誠一郎がアメリカ戦で印象に残った選手は? W杯で期待するアタッカーにも言及!「若くてエネルギッシュなFWが必要」
 日本代表は9月23日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで行なわれたキリンチャレンジカップ2022でアメリカ代表と対戦。鎌田大地と三笘薫の得点で、2−0の勝利を収めた。 この日、日本代表ファンのために日本サッカー協会(JFA)とサッカー日本代表パートナー各社が連携したイベント「新しい景色を2022...
別窓で開く

バルベルデ、ペレグリーニ、エメリ…「ビッグ2至上主義」を覆す有能な指揮官たちが、今シーズンのラ・リーガを盛り上げる!
 バルセロナやレアル・マドリーで成功を収めてこそ一流——。スペインには、監督を評価する際にも「ビッグ2至上主義」的な傾向が、少なからずある。 今夏、アスレティック・ビルバオの監督に就任したエルネスト・バルベルデは、2017年夏にバルサの監督に招聘され、リオネル・メッシをはじめとした主力がベテランと言...
別窓で開く

注目の強豪国対決はラスパドーリの強烈ミドルでイタリアが完勝。イングランドはW杯に向けて不満が残る内容に【UEFAネーションズリーグ】
 現地時間9月23日、UEFAネーションズリーグのリーグA・グループ3の第5節イタリア対イングランドのビッグマッチが、ミラノのサン・シーロで行なわれた。 4節終了時点でイタリアは首位ハンガリーと勝点2差の3位、イングランドは勝点2の4位といまひとつ波に乗れない両国。グループ最下位はリーグB降格となる...
別窓で開く

火種から戦力へ。巻き返しを見せるマドリーFWの活躍の裏には、名将アンチェロッティの絶妙な“アシスト”が
 マルコ・アセンシオはレアル・マドリーにおいて、ひとつの火種だった。今夏に、コンスタントに出場機会を得られるクラブへの移籍を画策していたことは、スペインの多くのメディアが報じている。 結果として希望に見合ったオファーが届かず残留したが、チーム内でどこか浮いた存在になってしまい、開幕からベンチを温める...
別窓で開く

代表落選のアンス・ファティ、決定力不足のスペインには貴重な人材だが、バルサではいまだ“試運転”状態が続く
 9月16日に発表されたUEFAネーションズリーグに臨むスペイン代表メンバーで、もっとも驚きを持って伝えられたニュースのひとつが、アンス・ファティの落選だ。 アンス・ファティの現在のバルセロナでの立ち位置は、左ウイングの2、3番手。しかしルイス・エンリケ監督は6月の代表戦で、出場機会を与えない中でも...
別窓で開く