本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロハスJr.、月間打率.063の再スランプ。韓国メディアは“電撃復帰”の可能性を分析「起用法も彼に不利な点があった」
激しい争いが繰り広げられたペナントレースも終盤に入ったNPB。リーグ優勝はもちろん、クライマックスシリーズ進出、さらにタイトルレースと話題が尽きないなかで、にわかに話題が出始めているのが、来シーズンに向けた動きだ。 各球団が水面下で様々な動きを見せるなかで、小さくない注目を集めているのが、阪神の助っ...
別窓で開く

巨人戦、審判の判定に投手が両手を広げ猛抗議!「そんな怒るほどか?」異例の態度に疑問の声、当日は重い試合展開
14日に行われ、巨人が「0-3」で敗れた阪神戦。先発登板した巨人助っ人・シューメーカーの態度がネット上で物議を醸している。 「0-3」と巨人3点ビハインドの7回裏無死。打席の阪神・梅野隆太郎に対し、シューメーカーはカウント「3-1」から外角にスプリットを投じる。この球はコース、高さ共に際どかったが、...
別窓で開く

1148日の苦闘を乗り越えた才木浩人を同僚たちはどう見たか? 虎の正妻・梅野隆太郎が明かした“忘れられない言葉”とは
この3年間、こんなにも自由に、力強く腕を振ることなんてできなかった。初球から6球連続で投じた渾身のストレートはほとんどが150キロ超え。8球目には今季最速の153キロも計測した。 阪神タイガースの才木浩人は、苦難の末にようやくたどり着いた“小高い丘”から喜びの咆哮をあげている...
別窓で開く

チームが苦しむなかで2軍で送るもどかしい日々。阪神・藤浪晋太郎は“現状”に何を想うのか?「1軍に呼ばれるまで——」
もどかしい日々を送っていることは間違いない。勝負……いや、キャリアの行く末をも左右しかねない1年は消化不良と言わざるを得ない発進だ。阪神タイガースの藤浪晋太郎は今、ファームの本拠地・鳴尾浜球場で黙々と汗を流している。【動画】二軍で際立つ剛速球! 藤浪晋太郎の奪三振シーンを...
別窓で開く

日本一のヤクルトは堅実な補強。大田泰示を獲得したDeNAの評価が低い理由は?【セ6球団補強採点】
春季キャンプも目前となり、各球団の陣容もおおむね固まってきた。ここでは、各球団のこのオフの選手の入退団状況を見ながら、戦力アップにつながる補強ができたかどうかを、A〜Eの5段階評価で振り返る。...
別窓で開く

【2021主力選手通信簿|阪神】中野と伊藤将の新人コンビは納得の最高評価!最も話題をさらったサトテルは?<SLUGGER>
全12球団の主力選手の2021年シーズンを5段階の通信簿形式で振り返っていく同企画。各選手のこれまでの実績や期待値も踏まえて査定し、評価していく。今回は、前半戦は快進撃を見せながら惜しくもリーグ優勝を逃した阪神だ。...
別窓で開く

【セ6球団・開幕スタメン予想】阪神の新人大砲・佐藤は何番を打つ?中日・根尾も初の開幕スタメン出場が濃厚
いよいよ3月26日に開幕を迎える2021年のプロ野球。各球団の開幕オーダーはどのような陣容になるのか。セ・リーグ6球団の最新事情を確認しておこう。●巨人1(右) 梶谷隆幸 2(左) 若林晃弘 3(遊) 坂本勇人 4(三) 岡本和真5(中) 丸佳浩     6(捕) 大城...
別窓で開く


<前へ1次へ>