本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



プロ野球「日韓移籍市場」に変化? 日本球団が関心低下、特に「失敗」続きの阪神は...韓国メディア指摘
プロ野球の「日韓移籍市場」に変化の兆しがあると韓国スポーツメディア「スポーツ朝鮮」(WEB版)が2022年12月14日に報じた。同メディアは日本球界と韓国球界における関係性を独自に分析した特集記事を組み、韓国プロ野球のKBOリーグで成功を収めた外国人選手の移籍先がここ最近、変化し始めてきたことを指摘...
別窓で開く

阪神退団濃厚の助っ人に韓国メディアが熱視線! 「日本で凄まじい失敗を経験した」ロハスJr.は古巣からも辛辣見解!?
10月14日に行なわれたセ・リーグのクライマックスシリーズのファイナルステージ第3戦で、ヤクルトに3対6と逆転負けを喫した阪神。開幕9連敗から始まった2022年シーズンが終わりを迎えるとともに、4年に及んだ矢野燿大政権も終幕した。 惜しくもタイトルを手にできなかった阪神は、15日に岡田彰布新監督就任...
別窓で開く

「自分のために、家族のためにやろう」——阪神が泥沼から立ち直った主因は“発想の転換”を施したブルペン改革にあり
約4か月前、悪夢の幕開けから長く暗いトンネルを彷徨い続けた猛虎が、美しいまでの上昇曲線を描いてその「強さ」を取り戻した。 前半戦のラストゲームとなった7月24日の横浜DeNAベイスターズ戦。最終回を迎えて1-0とリードはわずか1点。それでも甲子園球場に同点、逆転を憂う空気は微塵も感じられなかった。...
別窓で開く

【2021主力選手通信簿|阪神】中野と伊藤将の新人コンビは納得の最高評価!最も話題をさらったサトテルは?<SLUGGER>
全12球団の主力選手の2021年シーズンを5段階の通信簿形式で振り返っていく同企画。各選手のこれまでの実績や期待値も踏まえて査定し、評価していく。今回は、前半戦は快進撃を見せながら惜しくもリーグ優勝を逃した阪神だ。...
別窓で開く

いよいよベールを脱ぐプロ野球の新助っ人たちを一挙紹介!韓国で“神”と呼ばれた巨人のテームズ、捲土重来を期すDeNAの元“不良債権男”…<SLUGGER>
コロナ禍で来日が遅れていた新外国人選手たちが、ここに来て続々とチームに合流している。その中でも、とりわけ注目に値する選手を紹介していこう。■スモーク(巨人) メジャー通算11年で196本塁打を放ったスイッチヒッター。2007年に日米大学野球で来日し、08年ドラフトでは全体11位指名を受けるなど、早く...
別窓で開く

「尋常ではないペースで打ちまくる」絶好調の阪神を牽引するサンズに韓国紙も熱視線!「リーグ優勝の呪いを解けるか…」
猛虎の勢いが“セ界”を席巻している。 矢野燿大体制で3年目を迎えた今シーズンの阪神タイガースは開幕から好調を維持。4月10日に開催された横浜DeNAベイスターズ戦で12球団最速の10勝に到達し、翌日にはスイープ(3タテ)に成功したチームはロケットスタートを切った。...
別窓で開く

「日本では新入りに過ぎない」期待高まる阪神“強力新助っ人コンビ”の来日に韓国メディアも注目!「激しい競争ができる」
猛虎の勢いを後押しする存在になるかもしれない。 去る4月5日、プロ野球の阪神タイガースは、昨年のオフに獲得していたメル・ロハスJr.とラウル・アルカンタラの両助っ人外国籍選手が、前日4日に入国したことを発表した。球団によれば、両選手ともに出国前と入国後にそれぞれ新型コロナウイルス検査を受け、ともに「...
別窓で開く

【山﨑武司のセ・リーグ順位予想】戦力でいえば阪神が最も上。だが、ペナントレースを戦う上で巨人の勝負強さは侮れない
3月26日に、いよいよプロ野球のシーズンが幕を開ける。コロナ禍の影響もいまだ色濃く残るなか、いったいどのチームがリーグ優勝を果たすのか。現役時代は中日、オリックス、楽天で主砲としてプレーし、現在は解説者としても活躍する山撝武司氏に、今季のセ・リーグ順位を予想してもらった。...
別窓で開く

阪神新助っ人アルカンタラは“ビシエド級”の人格者!? 成功のカギは「家族のような接し方」にあり
タイガースにまたも“大物助っ人”が加わった。阪神は23日、今季韓国プロ野球(KBO)で20勝2敗、防御率2.54、198.2回、182奪三振を記録して最多勝に輝いたラウル・アルカンタラと契約合意したことを発表した。 ドミニカ共和国出身の右腕は2016年にオークランド・アスレテ...
別窓で開く

ロハスJr.はなぜ同額オファーでも巨人ではなく阪神を選んだのか。決定的な違いは…
このオフ、阪神が期待の大砲として韓国プロ野球(KBO)から獲得したのがメル・ロハスJr.だ。今季KBOで47本塁打&135打点の二冠、打率.349はリーグ3位と衝撃的な成績を残してMVPを受賞した両打ち外野手を巡っては、日米韓で大争奪戦が展開された。 そして7日に「巨人と大筋合意」との報道が...
別窓で開く


<前へ12次へ>