本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「世界で最も無名なスーパースター」大谷翔平の“ドジャース移籍劇”を欧州紙が独自見解! 巨額契約に言及も「メッシやC・ロナウドでさえ太刀打ちできない」
野球以外のスポーツ界からも衝撃を与えた球界スーパースターのメガ契約。その反響は、いまだ収まらないようだ。 去る12月14日、大谷翔平がロサンゼルス・ドジャースと10年総額7億ドル(約1015億円)の超大型契約を結び、入団会見を開いた。日米メディアを中心に本拠地ドジャー・スタジアムには報道陣約300人...
別窓で開く

大谷翔平の“影響力”は『今年の顔』テイラー・スウィフトと同じ!? 米敏腕代理人は破格金額に絶句「オオタニは成層圏に突入した」
世界のスポーツ史にその名を刻み込んだ。 現地12月9日、フリーエージェント(FA)で去就が注目されていた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が、ロサンゼルス・ドジャースと契約合意に達したと発表した。 注目の契約額は10年総額7億ドル(約1014億円)。...
別窓で開く

【山本萩子のMLBプレーオフ至上主義!│後編】10月の大舞台で輝いてこそ真のスーパースター。今年の注目選手は?<SLUGGER>
いよいよ現地10月3日(日本時間4日)からMLBのプレーオフがスタートする。ワールドチャンピオンの座を賭けたシーズン総決算の戦い。『ワースポxMLB』のキャスターを務め、その豊富な知識で業界内をどよめかせている(?)山本萩子さんが「MLBのプレーオフならではの魅力」を語ってくれた(聞き手:久保田市郎...
別窓で開く

大谷翔平の“価値”は「スポーツ界で見たこともないものに」。英紙がC・ロナウドも凌駕する大型契約を予測「12年618億円は最低基準」
メジャーリーグ屈指の偉才が持つ“価値”が話題となっている。ロサンゼルス・エンジェルスに所属する大谷翔平のそれだ。 異能ぶりは多士済々の米球界にあっても稀有なものがある。メジャー5年目の迎えた昨季には、投手として自己最多の15勝をあげながら、防御率2.33、奪三振率11.87(...
別窓で開く

「ワンマンショーだ!」15連敗を阻止した大谷翔平の12号2ランに米記者も熱狂! 二刀流での活躍を「当たり前だと思ってはいけない」【Playback“ショウタイム”2022】
昨シーズンに続き2022年のMLBでも二刀流で話題が尽きなかった大谷翔平。今季も投打で圧巻のパフォーマンスを披露し、様々な金字塔を打ち立ててみせた。本稿では、そんな天才の活躍ぶりを『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る。 今回は自らのバットで豪快アーチを放ち、4勝目を掴み取ったボストン・レッ...
別窓で開く

「非常に印象的だった」大谷翔平の挽回劇。それでも「もっと楽に勝ちたい」という本人には二刀流の課題と向き合う時が【Playback“ショウタイム”2022】
昨シーズンに続き2022年のMLBでも二刀流で話題をさらった大谷翔平。今季も投打で圧巻のパフォーマンスを繰り広げ、様々な金字塔を打ち立ててみせた。本稿では、そんな偉才の活躍ぶりを『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る。 今回は怒涛の20連戦の真っ只中に、2勝目を挙げたクリーブランド・ガーディ...
別窓で開く

「毎日本当に楽しかった」大谷翔平の元同僚が日ハム時代を回顧! 「経済面の安定が大きい」と日本行きの理由を告白
日本ハム時代に大谷翔平(現ロサンゼルス・エンジェルス)と共闘した36歳のベテラン投手が“二刀流スター”との思い出を回想した。 現地時間10月11日、ロサンゼルス・ドジャースの救援投手クリス・マーティンは、本拠地で開催されたサンティエゴ・パドレスとのナショナル・リーグ地区シリー...
別窓で開く

ダルビッシュ有、“誤審”に懐の深さを示す! 痛恨の被弾シーンに「残酷な判定」と擁護の声も「勝てたので気にしてない」
現地10月12日に行なわれたロサンゼルス・ドジャース対サンディエゴ・パドレスの一戦で、ボール判定を巡り波紋を広げる場面があった。 ナショナル・リーグ地区シリーズ第2戦となったこの日、パドレスの先発ダルビッシュ有は古巣ドジャースに6回0/3を投げ、被安打7、3失点、7奪三振をマーク。味方の援護もあり、...
別窓で開く

3球三振のはずが。ダルビッシュ、“誤審”に泣いて勝ち越し弾を浴びる。「ストライクだったのに」と地元記者ら憤慨
  一球の判定が試合の流れを変える。まさにそんなシーンが、大舞台で登板中の右腕を襲った。 パドレスのダルビッシュ有は現地時間10月12日、敵地で行われているドジャースとの地区シリーズ第2戦に先発。1回表にマニー・マチャドがクレイトン・カーショウから先制弾を放った直後、自らもフレディ・フリー...
別窓で開く


<前へ1次へ>