本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アフリカから3大会ぶり=4チームが優勝経験—W杯サッカー準々決勝
 【ドーハ時事】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は9日(日本時間10日未明)から、準々決勝に入る。8強の顔ぶれは欧州5、南米2チームと、アフリカ勢で3大会ぶり進出の伏兵モロッコ。1次リーグで欧州の強豪を破る波乱を起こしたアジアの日本、韓国、オーストラリアは16強の壁に阻まれた。...
別窓で開く

吉田麻也にクリロナ…古風で力強い髪型「バーバースタイル」はW杯の舞台でも人気
 サイドを刈り上げ、前髪はポマードなどで固めて七三分けにしたり、立ち上げて流したり。理容室(バーバー)で手がけたような一見、古風な髪形が「バーバースタイル」と呼ばれ、20、30代の男性を中心に流行している。開催中のサッカーFIFAワールドカップ(W杯)でも、ポルトガル代表のクリスティアノ・ロナルド選...
別窓で開く

エムバペ、初の得点王へ順調=2点差で追うメッシ—W杯サッカー
 【ドーハ時事】8強が出そろい、注目の得点王争いも熱を帯びてきた。他を引き離してトップに立つのは、5ゴールのエムバペ(フランス)。2ゴール差でメッシ(アルゼンチン)、リシャルリソン(ブラジル)らが追う。 エムバペは1次リーグで3ゴールを挙げ、ポーランドとの決勝トーナメント1回戦でも2得点。...
別窓で開く

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級元王者の矢吹正道(緑)が、来年1月28日に名古屋国際会議場で国際ボクシング連盟(IBF)同級王座の挑戦者決定戦に臨むことが決まり、8日に所属ジムが発表した。同級7位のロナルド・チャコン(ベネズエラ)と対戦する。 矢吹は3月、初防衛戦で寺地拳四朗(BMB)...
別窓で開く

心温まるエピソードも=ゴール後パフォーマンスさまざま—W杯サッカー
 サッカーでは「セレブレーション」と呼ばれるゴール後のパフォーマンスも見せ場の一つだ。W杯カタール大会でも、さまざまな思いを込めたセレブレーションが生まれている。 イラン戦で得点したイングランドのグリーリッシュは、両手を広げてゆらゆらと揺らした。このダンスを発案したのは脳性まひを患うファンの少年で、...
別窓で開く

最優秀若手の称号は誰に=有力はベリンガム、ラモスも浮上—W杯サッカー
 【ドーハ時事】ワールドカップ(W杯)で最も活躍した21歳以下(2001年1月1日生まれ以降)の選手を表彰する最優秀若手賞。06年大会のポドルスキ(ドイツ)以降、ミュラー(同)、ポグバ(フランス)、エムバペ(同)が輝いてきた。...
別窓で開く

ポルトガルのぺぺ、決勝トーナメント史上、最年長ゴール…ロナルドに代わりキャプテンマークも
 サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会は6日、決勝トーナメント1回戦でポルトガルが6—1でスイスに大勝し、ベスト4に入った2006年ドイツ大会以来16年ぶりに8強進出を決めた。 ポルトガルのぺぺが、ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント史上、最年長となるゴールを決めた。...
別窓で開く

ポルトガルの新星、21歳・ラモスが今大会ハットトリック第1号…ロナルドの代役が大活躍
 サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会は6日、決勝トーナメント1回戦でポルトガル(世界ランキング9位)が6—1でスイス(15位)に大勝し、ベスト4に入った2006年ドイツ大会以来16年ぶりに8強進出を決めた。スイスは68年ぶりのベスト8入りはならなかった。 ポルトガルに新星が現れた。...
別窓で開く

ペペ、決勝T最年長ゴール=W杯サッカー・ポルトガル
 ポルトガルのペペが39歳283日で得点を挙げ、W杯の決勝トーナメントでは史上最年長ゴールとなった。前半33分のCKで、相手DFの間にすっと入り込み、豪快にヘディングシュートを決めた。 1次リーグを含めても、1994年大会の42歳ミラ(カメルーン)に次ぐ、歴代2位の記録。ベンチから飛び出して来た先発...
別窓で開く

ポルトガル、大胆起用ズバリ=ロナルド外し21歳初先発—W杯サッカー
 サントス監督の大胆な決断が攻撃陣に火を付けた。ポルトガルは絶対的エースのロナルドに代えて、21歳ラモスを国際大会で初の先発起用。8年以上にわたって率いる指揮官だからこそなせるサプライズだった。 前半17分、ラモスが強烈なシュートをたたき込み、いきなり期待に応えた。同33分はCKから39歳のペペが力...
別窓で開く


[ ロナルド ] の関連キーワード

ポルトガル アフリカ ibf ラモス