本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」 と心理学者のアドラーが考えたように、ほぼ全ての人が人間関係で悩んだ経験があるはず。「人から嫌われたくない」「飲み会のような場を避けたい」「面白いことを言わないといけない」。そんな悩みを一度でも感じたことのある方にオススメなのが「笑いの力」を利用すること。...
別窓で開く

「この人が言っていることは正しいけど、なんか鼻につく」などと思ったことはないだろうか。最近では“ロジハラ”という言葉もあるように、話の内容は正しいのに、なぜかカチンとくる言い方をしてしまう人は少なくない。「そういう論理的には正しくても相手に受け入れてもらえない人は、ロジックの使い方を間違っていること...
別窓で開く

激務なのに「仕事した気になってるだけ」と上司に言われてメンタルが限界に達した男性
画像はイメージ部下には鬼のように厳しく自分には激甘……そんな上司のもとで働くのは、苦痛でしかないだろう。大阪府に住む50代前半の男性(企画・マーケティング・経営・管理職/年収600万円)は、「実務にタッチしない部長からの、ロジハラの毎日」を綴っている。(文:KZ)男性の職場におけるポジションは「全く...
別窓で開く

景時(中村獅童)の「嫉妬心ジワリ」 VS義経の軍議シーン演技に注目 【鎌倉殿の13人】
御家人たちをまとめ上げた源頼朝(大泉洋)は、弟・範頼(迫田孝也)を総大将、梶原景時(中村獅童)を軍奉行とした本軍を京都に向けて派兵。北条義時(小栗旬)も従軍し、先発した義経(菅田将暉)と合流する。■グッと何かを飲み込むように...上総ショックが強くて頼朝と義経を嫌う視聴者も増えている様子のなか、物語...
別窓で開く

職場の困ったモンスター新人「電話を取らないのでやんわり注意したら、“ロジハラです”と返されました」(30代男性)
世の先輩ビジネスパーソンは、職場の新人についてどう感じているのだろうか。キャリコネニュース読者からは、目を疑うような新人の態度や行為に「ちょっと考えられない」と早くも匙を投げたくなる人もいるようだ。「5分後に同じ質問をしてくる新人」(20代女性/営業職)「『了解です』ばっか言う新人。...
別窓で開く

若手社員の逆ロジハラにウンザリ「エビデンスという言葉を使えば、“頭が良いと思ってもらえる”と考えている人が多すぎ」
セクハラやパワハラをはじめ、ハラスメントにはさまざまな種類がある。最近では、正論をぶつけることにより相手の気持ちを追いつめるハラスメント、いわゆる"ロジハラ"被害に遭う人が増えているようだ。都内の20代男性(その他/正社員/年収500万円)は「正論が常に正しいとは思いません」と切り出し、前職でのロジ...
別窓で開く


<前へ1次へ>