本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



出場停止処分が軽減されるもドジャース解雇は確実。“革命児”バウアーは事実上の永久追放処分となってしまうのか<SLUGGER>
「久しぶりに彼の名前を聞いた」と思ったMLBファンも多かったのではないだろうか。 現地12月22日、MLB機構は性的暴行問題で今年4月に324試合の出場停止が言い渡されたトレバー・バウアーの処分を194試合に軽減したと発表した。これで彼は2023年シーズン最初の50試合(5月23日まで)を経過した後...
別窓で開く

不正投球を“エンタメ”に昇華させたゲイロード・ペリー。殿堂入りも果たした名投手と薬物疑惑に揺れ続けるバリー・ボンズの「違い」<SLUGGER>
12月1日(現地)、殿堂入りの名投手ゲイロード・ペリーが84歳で死去した。 メジャー22年間で通算314勝を挙げ、1972年にア・リーグ、78年にはナ・リーグでサイ・ヤング賞を受賞。素晴らしい実績の持ち主であるのは間違いないが、彼にはもう一つの顔があった。...
別窓で開く

今オフのジャッジか来オフの大谷、どっちを選ぶ?ナ・リーグ最強軍団ドジャースに迫られる“究極の選択”<SLUGGER>
2022年、アーロン・ジャッジ(ヤンキース)と大谷翔平(エンジェルス)は、MLB史上でも稀に見るハイレベルなMVPレースを展開した。 そして今、ある強豪チームがこの2人の獲得をめぐって難しい決断を迫られているようだ。 MLB.comのジョン・モロシ記者によると、ドジャースがこのオフFAとなったジャッ...
別窓で開く

ジャッジの62号記念球は3億円?所有権をめぐって法廷闘争、コレクターが“球質交渉”を展開——MLB本塁打ボール狂騒曲<SLUGGER>
現地9月23日、今季限りでの引退を表明しているカーディナルスのレジェンド、アルバート・プーホルスがドジャース戦で史上4人目となる通算700号本塁打を放った。敵地ドジャー・スタジアムのレフトスタンドに高々と弧を描いて打球が飛び込んだ瞬間、敵も味方も関係なく、誰もが快挙を祝福した。 だが、その記念ボール...
別窓で開く

“ベースボールの吟遊詩人”ロジャー・エンジェルとの「終の別れ」。データではなく野球人生の機微を描き続けた不世出のコラムニストの生涯<SLUGGER>
史上最も愛された野球ライターの一人で、老舗雑誌『The New Yorker』で長年健筆を振るったロジャー・エンジェルが亡くなった。101歳の大往生で、同誌のデビッド・レムニック編集長は「人は誰も永遠に生き続けることはできない。しかし、彼ならばできるのではないかとすら思わせた」と追悼している。...
別窓で開く

2021年の大谷翔平はベーブ・ルースを超えてMLB史上最高の選手になったのか?<SLUGGER>
「史上最高の選手」はベーブ・ルースで決まりでも、「史上最高のシーズンを送った選手」となれば話は違う。そして2021年の大谷翔平は、“史上最高論争”に入るだけの輝きを見せていたとの評価は少なくない。果たして大谷は“野球の神様”を超えたのか。歴史的価値とい...
別窓で開く

ボンズ、クレメンスにも光!? 「ゴールドグラブ16度」のカットと「50%ジンクス」のホッジズが殿堂入りした意義<SLUGGER>
アメリカ野球殿堂は現地時間12月5日、時代委員会選出による2022年の殿堂入り選手を発表され、バド・ファウラー、バック・オニール、ジム・カット、ギル・ホッジズ、ミニー・ミノーソ、トニー・オリバの6名が選ばれた。今回はこのうち、通算283勝のカットと、球宴選出8度の強打の一塁手で、監督としてもメッツで...
別窓で開く

「スポーツ界最大のスキャンダル!?」MLBにおける“不正投球”の蔓延を米有力スポーツ誌が告発<2021百選>
2021年のスポーツ界における印象的なシーンを『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回は、MLBにおける“不正投球問題”をピックアップ。...
別窓で開く

ステロイド問題の過ちが再び繰り返されるのか——MLBを揺るがす“不正投球”問題の本質【後編】<SLUGGER>
メジャーリーグの歴史を振り返ると、違反投球は古くから繰り返されてきた。その代表が、指に唾をつけて変化を生み出すスピットボールで、これは1919年まで合法とされていた。他にもヤスリなどで傷をつけるエメリーボール、グリースを塗るグリースボールなど、投手たちはさまざまな工夫をこらした。 これらの投球が禁止...
別窓で開く

「スポーツ界最大のスキャンダル!?」MLBにおける“不正投球”の蔓延を米有力スポーツ誌が告発<SLUGGER>
かつての「ステロイド時代」のような“黒歴史”が、MLBに再び生まれようとしているかもしれない。 現地時間6月4日、米誌『スポーツ・イラストレイテッド』電子版は、「スポーツ界で最大のスキャンダルになるはずの問題」と銘打った特集記事で、投手がボールに異物を着ける“不正...
別窓で開く


<前へ12次へ>