本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



薬剤師が教える、湿布の効果的な使い方。打撲や腰痛にはどれ?かぶれを防ぐには?
痛みや炎症を抑えるために病院などで処方されるのが湿布です。温湿布や冷湿布、パップ剤やテープ剤など、種類がたくさんあります。それぞれ、使用感や症状などによって使い分けるのですが、一体なにが違うのでしょうか。今回は、湿布の種類や使い方、内服との違い、副作用などについて紹介します。<この記事を書いた人> ...
別窓で開く

「アバター」店員が接客 ローソンが近未来型店舗オープン 〜ハンデや場所にとらわれない新しい働き方とは〜
「いらっしゃいませ。何かご用件をお申し付け下さい。」コンビニ大手のローソンが近未来型店舗「グリーンローソン」を11月28日にオープン。店内には複数のモニターが設置され、「アバター」店員が接客する新しいサービスが導入されています。アバターを操作するのは「人」。ハンディキャップや場所、時間にとらわれない...
別窓で開く

イランに快勝も「お粗末だった」アメリカ戦…イングランド指揮官に英メディアも辛辣「大あくびをした」[現地発]【W杯】
「ワールドカップのようなビッグトーナメントでは、全ての試合が綺麗なバラ色に染まることはない。厳しい試合も当然出てくる。イングランドはグループステージを勝ち上がれると思っているが、アメリカ戦は……お粗末だった。 私も落胆している。正直もっと良い内容の試合を期待していた。だが...
別窓で開く

ダイアナ妃は過食症、リンカーンはうつ病!? 華やかさの裏にあった生きづらさとは。
 マリリン・モンローは「境界性パーソナリティー障害」、アンディ・ウォーホルは「ためこみ症」、ダイアナ妃は「過食症」で、リンカーンは「うつ病」だった!? 華やかな偉人が抱えていた生きづらさとは。 歴史上の人物を、現代医学で解析する。 2022年11月21日、『不安なモンロー、捨てられないウォーホル 「...
別窓で開く

「オーラルフレイル」(口腔機能の衰え)は、食べ物を噛んだり飲み込んだりする機能が低下するだけでなく、全身の健康状態に大きな影響を与えることがわかってきている。産業医の池井佑丞さんは「歯の健康が、糖尿病や心臓病、脳卒中、認知症の引き金になったり悪化させる要因になったりすることがわかっている。『歯医者は...
別窓で開く

今オフのジャッジか来オフの大谷、どっちを選ぶ?ナ・リーグ最強軍団ドジャースに迫られる“究極の選択”<SLUGGER>
2022年、アーロン・ジャッジ(ヤンキース)と大谷翔平(エンジェルス)は、MLB史上でも稀に見るハイレベルなMVPレースを展開した。 そして今、ある強豪チームがこの2人の獲得をめぐって難しい決断を迫られているようだ。 MLB.comのジョン・モロシ記者によると、ドジャースがこのオフFAとなったジャッ...
別窓で開く

コロナ第8波とインフル拡大なら発熱外来はパンク…低リスクの人の自宅療養「虎の巻」
(自宅療養中も薬の服用は薬剤師に相談してから(写真はイメージ)/(C)PIXTA) 気温の低下とともに、全国的にコロナ感染者数が増えていて、第8波がひたひたと押し寄せている。今シーズンはインフルエンザ感染も拡大が予想される。そこで厚労省は、発熱外来の逼迫を避けようと、低リスクの人を対象に市販薬を用い...
別窓で開く

デビュー1年の注目グラドル・ダリちゅーる「愛溢れる1年でした」
グラビアアイドルのダリちゅーるが、2作目となる最新イメージDVD『#俺のダリちゅーる』(イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを27日、秋葉原・書泉ブックタワーにて行った。 沖縄で撮影された2作目は、彼氏とのデートをイメージしたストーリー性のある作品。...
別窓で開く

血管ケアの未来を提案!レイデルジャパン「キューバ産ポリコサノール」学術座談会
コレステロール管理に適した機能性表示食品「レイデル ポリコサノール10」を販売している「レイデルジャパン」韓国大邱市のホテルインター ブルゴ 大邱のカンファレンスルームにて、日本、韓国、キューバの科学者たちが集まり、血管ケアの未来を提案する学術座談会が開催されました。...
別窓で開く

「これがW杯の真の王者だ!」日本人サポーターの清掃活動に英メディアも熱視線!「中東でも称賛を受けている」【W杯】
日本人の真面目さに世界のメディアが注目している。 カタール・ワールドカップ(W杯)で開幕以来、連日のように海外メディアを賑わせる日本人サポーター。開幕戦後に、自らの席だけでなく周囲のゴミを拾う勤勉さに海外のインフルエンサーがスポットを当てると、SNSを介してみるみるうちに世界中へと広まった。...
別窓で開く