本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 【エルマウ時事】日本を含む先進7カ国(G7)が、ロシア産の金の輸入を停止する見通しとなった。ロイター通信が25日報じた。ロシアのウクライナ侵攻に対する追加制裁として、26日にドイツ南部エルマウで開幕するG7首脳会議で合意するとみられる。 ロシアは世界の金生産の約1割を占める。...
別窓で開く

世界の飢餓人口、ウクライナ侵攻で「4千万人増加」…米国務長官が黒海封鎖のロシア批判
 【ロンドン=工藤彩香】先進7か国(G7)を含む世界40か国の閣僚などが、食料安全保障について話し合う会合が24日、ドイツのベルリンで開かれた。米国のブリンケン国務長官は、ロシアのウクライナ侵攻によって「世界の飢餓人口が少なくとも4000万人増える」とし、人道支援...
別窓で開く

食料危機終結に総力を=独で閣僚級会合
 【ロンドン時事】ロシアの侵攻を受けるウクライナからの穀物輸出が滞り、アフリカ諸国などで食料危機が深刻化している問題で、先進7カ国(G7)などの閣僚級が参加する会合が24日、ベルリンで開かれた。ドイツのショルツ首相はビデオ演説で「この問題を終わらせるため、世界中のあらゆる力を結集する」と強調した。...
別窓で開く

ウクライナ大統領、G7出席へ=対面かなわず、オンラインで
 【ロンドン時事】ウクライナのゼレンスキー大統領は、26日にドイツ南部エルマウで開幕する先進7カ国首脳会議(G7サミット)にオンラインで出席する予定だ。2月24日のロシアの侵攻開始から4カ月になるが、兵士を鼓舞するために前線に赴くことはあっても、出国はできていない。 サミットではウクライナ情勢に関す...
別窓で開く

■韓国の苦境は日本にとってひとごとではない韓国経済の先行き懸念が高まっている。その要因は複数ある。その中でも、中国での“ゼロコロナ政策”と“脱グローバル化”の加速によって世界のサプライチェーンが寸断され、韓国経済に大きな支障が出ている。特に、韓国の貿易収支が赤字に転落する月が増えたことは見逃せない。...
別窓で開く

織田裕二&中井美穂が届ける最後の大会『世界陸上オレゴン』7月16日より10日間連続生中継
7月16日に開幕する陸上競技世界一決定戦『世界陸上オレゴン』のメインキャスターを、織田裕二と中井美穂が務めることが決まった。TBSでは開幕から10日間連日生中継する。 新型コロナウイルスの影響で1年延期の開催となった18回目の『世界陸上』の舞台は、陸上王国アメリカ合衆国。“陸上の聖地”と言われるオレ...
別窓で開く

織田裕二&中井美穂、TBS『世界陸上』13大会連続メインキャスターに決定 今回が“最後の世界陸上”
俳優・歌手の織田裕二とフリーアナウンサー・中井美穂が、7月16日に開幕するTBS系『世界陸上オレゴン』のメインキャスターを務めることが16日、発表された。1997年のアテネ大会以来、13大会連続のコンビが実現し、これが2人がメインキャスターを務める“最後の世界陸上”となる。番組テーマには「届け、スポ...
別窓で開く

ウクライナ戦争はこれからどうなるのか。ビジネス・ブレークスルー大学学長の大前研一さんは「戦争が長期化して困るのは、ウクライナではなくロシアだ。経済制裁でロシア国民は疲弊しており、このままなら『側近によるプーチン暗殺』というシナリオも見えてくる」という——。※本稿は、大前研一『大前研一 世界の潮流20...
別窓で開く

米国で発売直後から大きな話題を呼び、中国・ドイツ・韓国・ブラジル・ロシア・ベトナム・ロシアなど世界各国にも広がった「学び直し本」の圧倒的ロングセラーシリーズ「Big Fat Notebook」の日本版が刊行された。本村凌二氏(東京大学名誉教授)「人間が経験できるのはせいぜい100年ぐらい。でも、人類...
別窓で開く

破壊工作の工作員候補としてKGBがリクルートしたい人材とは?
ロシアによるウクライナ侵攻のニュースで、改めて注目されたのがプーチン大統領が元KGBの諜報員だったという経歴だ。現在、ロシアとNATO諸国が衝突する危険性もあるが、20世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」から、評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、ソ連時代のKGBが立てていた破壊...
別窓で開く


[ ロンドン ドイツ ウクライナ ] の関連キーワード

ウクライナ オレゴン ロシア kgb ヒトラ

<前へ1234次へ>