本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ジョコビッチが準決勝へ=青山組、4強ならず—ウィンブルドンテニス
 【ウィンブルドン(英国)時事】テニスのウィンブルドン選手権第9日は5日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準々決勝で4連覇を目指すノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、ヤニク・シナー(イタリア)をフルセットの末に下した。キャメロン・ノリー(英国)も4強入り。...
別窓で開く

ロシアに「爆撃目標から市民を外す」という発想はない
防衛研究所・防衛政策研究室長の高橋杉雄が6月28日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。オンラインでG7サミットに参加したゼレンスキー大統領の発言について解説した。...
別窓で開く

■世界中で“石炭の争奪戦”が激化している6月に入り、中国では猛暑によって河南省などで電力の需要が急増し、電力の供給不安が高まっている。昨年9月、中国では石炭の不足などによって電力の供給が落ち込み、経済に大きな制約が生じた。習近平政権は脱炭素に対応するために削減した石炭生産を再開し、輸入も増やした。そ...
別窓で開く

織田裕二&中井美穂が届ける最後の大会『世界陸上オレゴン』7月16日より10日間連続生中継
7月16日に開幕する陸上競技世界一決定戦『世界陸上オレゴン』のメインキャスターを、織田裕二と中井美穂が務めることが決まった。TBSでは開幕から10日間連日生中継する。 新型コロナウイルスの影響で1年延期の開催となった18回目の『世界陸上』の舞台は、陸上王国アメリカ合衆国。“陸上の聖地”と言われるオレ...
別窓で開く

織田裕二&中井美穂、TBS『世界陸上』13大会連続メインキャスターに決定 今回が“最後の世界陸上”
俳優・歌手の織田裕二とフリーアナウンサー・中井美穂が、7月16日に開幕するTBS系『世界陸上オレゴン』のメインキャスターを務めることが16日、発表された。1997年のアテネ大会以来、13大会連続のコンビが実現し、これが2人がメインキャスターを務める“最後の世界陸上”となる。番組テーマには「届け、スポ...
別窓で開く

米国で発売直後から大きな話題を呼び、中国・ドイツ・韓国・ブラジル・ロシア・ベトナム・ロシアなど世界各国にも広がった「学び直し本」の圧倒的ロングセラーシリーズ「Big Fat Notebook」の日本版が刊行された。本村凌二氏(東京大学名誉教授)「人間が経験できるのはせいぜい100年ぐらい。でも、人類...
別窓で開く

破壊工作の工作員候補としてKGBがリクルートしたい人材とは?
ロシアによるウクライナ侵攻のニュースで、改めて注目されたのがプーチン大統領が元KGBの諜報員だったという経歴だ。現在、ロシアとNATO諸国が衝突する危険性もあるが、20世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」から、評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、ソ連時代のKGBが立てていた破壊...
別窓で開く

ロシアとウクライナの戦いは「2〜3年続く」その理由
地政学・戦略学者の奥山真司が5月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢の今後について解説した。対ドイツ戦勝記念日の式典に出席したロシアのプーチン大統領(中央)=2022年5月9日、モスクワ(タス=共同) 写真提供:共同通信社ロシアの外相がプーチン大統領の病気...
別窓で開く

放射性物質を摂取させられ死亡…プーチン大統領の暴挙の始まりは2006年た?った
 開戦から2カ月半、苛烈さを増す「プーチンの戦争」。侵攻開始のはるか前から何度も連載コラムで取り上げてきた池上氏が語った注目すべき点。そして、意外な面々が名指しされた「ロシア入国禁止リスト」の裏側とは——。「週刊文春」連載をまとめた「独裁者プーチンはなぜ暴挙に走ったか」(書籍、電子版とも発売中)を緊...
別窓で開く

核ミサイルを発射すれば「ベルリンまで106秒」 ロシアの“脅し”…核が使用される条件とは?
「核ミサイルを発射すれば、ベルリンまで106秒」。ロシアのテレビでは女性キャスターが平然とそんな“脅し”を口にしているというから不気味である。戦況が膠着(こうちゃく)する中で対独戦勝記念日を迎えたプーチン大統領。追い詰められた独裁者は、核使用に踏み切るのか。※この記事にはショッキングな描写が含まれて...
別窓で開く


[ ロンドン ドイツ ロンドン ウクライナ ] の関連キーワード

ウィンブルドン ウクライナ オレゴン ベルリン ヒトラ
ロシア kgb

<前へ1234次へ>